海外教育園丁

異土上的百年樹人大計
:::

2019 / 8月

文‧蘇俐穎 圖‧遠山呼喚


為了旅行、為了體驗,還是為了拓寬眼界?無論出於哪一種原因,終究踏上了一趟不一樣的旅程。

只是,當生活在他方的夢想被滿足,卻目睹了因天災、人禍造成的貧困,迥異於你我的生活,在道別以後,仍舊歷歷在目。

這才開始意識到,短期、一次性的援助並不足夠,如何才能給予更長遠有效的幫助?

這是海外志工的下一步。


 

第一次聽聞「遠山呼喚」,因為名字極度的詩意,讓人一度以為是隸屬於某個集團底下的文教基金會。

直到進一步了解後才發現,這個短短成立不過四年、從事孩童教育的國際NGO,成員出乎意料地年輕,他們在大學時代創業,年紀最大的不過25歲。

他們的成立緣由,就是來自於國際志工服務的經驗。

得到的多,給予的少?

為了追尋自我,探索世界,年輕人勇於跨出舒適圈,前往不熟悉的環境,這樣的風潮,在每個時代從來沒退燒過。

交換學生、打工度假以外,近年搭上志工的熱潮,前往南亞、東南亞、中南美洲等地服務,也成了出走的熱門選項之一。

遠山呼喚的背景即源於此。畢業台大經濟系的林子鈞、蔡宛庭,因著大二時參加了短期志工服務,開啟了與尼泊爾的這段不解之緣。

就和許多參與過志工服務的人一樣,他們懷抱著躍躍欲試的心情前往到異國,一切新鮮不已,才正要開始熟悉環境,又已經得離開。道別以後,留下一連串無解的疑問與遺憾。

「很多志工都有個很深的感覺,」蔡宛庭分享著,出於想拯救世界的熱情也好,或者想求一次不一樣的體驗,「但是到後來,不論跟當地家庭有多深的互動,或者跟小朋友多麼合得來,卻總是得到的比給予的還多。」

正當他們把反省放在心裡,2015年2月一行人從尼泊爾回來,未久,同年4月便發生芮氏7.8級的尼泊爾大地震。為了替尼泊爾賑災,他們著手成立非營利組織,對外公開募資,也走上了這條意外的創業之路。

洞察援外工作盲點

廓爾喀(Gorkha),這個歷史遺跡處處,曾輝煌一時,又趨近於沒落的山中古城,是遠山呼喚開展的第一個基地。

在募資結束後,他們帶著從350位學生所募得的款項,每個人多背了五公斤的英文書回到曾經擔任志工的公立小學,「但是,當我們打開學校的雜物間,卻發現一箱又一箱嶄新的英文書堆在那,心裡真是一陣錯愕。」蔡宛庭回憶著。

他們向校長提出疑問,校長卻說,這是因為害怕學生把書弄壞,要是贈予物資的NGO發現,也許就不會再提供資源。

此時團隊才開始意識到,對於在災後如紅十字會、聯合國國際組織紛紛進駐的廓爾喀來說,即時的賑災行動,或許可以協助度過一時的難關,卻無法釜底抽薪解決問題。

因此,遠山呼喚的宗旨雖與多數國際NGO無太大不同,同樣希望藉由教育讓貧困的下一世代脫離世代貧窮,但因著洞察到既有的不足,讓運作方式大為不同。

從「幫助者」到「培力者」

遠山呼喚的核心,在於提供一套有系統的教育服務模式。

在台大就讀的他們,透過台大經濟系系主任林明仁、政大國發所教授蘇昱璇等幾位老師的協助,遠山呼喚將這一套涵蓋四大面向的服務模式命名為「教育種植計劃」,包含有:「募集教育資金」,提供獎學金,可供孩子求學無虞;「建置學習資源」,協助校方打造鼓勵閱讀的環境;「鼓勵親職參與」,舉辦家長日、親子講座,讓家長了解孩童上學的重要;「增加學習動機」,邀請在首都工作,同樣出身偏鄉的成功人士來演講。

過去參與志工服務的經驗,此時也有了回饋。由於了解到短期志工的侷限,「只是因著好奇、想去不同的地方看看,這樣的心態很難站在當地人的角度去工作,」蔡宛庭直截了當地說:「因此,志工的人力模式並不是最適合我們的。」

一味抱持著給予的態度,最後只會強化彼此依賴的關係,對當地來說絕非好事。

這也是許多NGO工作者都有的隱憂,「對於當地人,當他們習慣有大部分的收入是來自於國際援助,甚至在習慣跟外國人接觸以後,開始明示、暗示他們需要些什麼。這種以為資源會永遠源源不絕、再要就有的心態,正反映出了他們對自己、對國家的信心與認同的不足。」資助人關係經營總監洪于倫說。

「遠山呼喚最終的目標是離開。」在採訪過程裡,蔡宛庭不斷提到這句話。

衡量過既有的資源,讓他們決定不追求曇花一現的速成,寧願單點深耕。

他們揀選出少數的在地青年。因受到援助而完成大學學業的他們,由於擁有外語、尋找資源的能力,成為可能翻轉劣勢的關鍵少數。

好比在廓爾喀當地的工作夥伴Sang Doma Sherpa,從初始因為擔任翻譯志工,到後來歷經不同時期的專案,成為組織與校方溝通的窗口,藉由一步步的培力,熟稔運作的方法。

如今,傳承了台灣團隊精神的他,已向尼泊爾政府登記立案,成立遠山呼喚尼泊爾的在地NGO,方法、架構沿襲自台灣,但人力、資源均來自當地。

從「志工」到「家人」

高舉著「愛心」、「服務」的名義,但國際志工服務,到底能為在地帶來多少幫助?

無可諱言地,正如150年前的馬偕博士,由遙遠的加拿大來到台灣,台灣的醫療服務有了啟蒙,隨著志工所攜帶來的異文化刺激,極可能是促使當地蛻變的關鍵。

每年差派約1,000名志工前往海外、微客海外國際志工交流站創辦人朱永祥分享了志工行前應有的正確觀念:「志工是社區改造過程的橋梁、催化劑,而不是主角,主角應該是社區裡的人。」

為了杜絕志工進入社區後造成「服務汙染」,他甚至立下了「八不」的規矩,有些乍看不近人情的限制,好比禁止志工贈與個人性的禮物給特定對象──除非人人皆有。

秉信「每個孩子都應該享有食物、遊戲、受教育以及被愛權利」的他進一步解釋:「有些孩子就是格外的討喜,有些則是永遠的在角落,即便志工一批換過一批。」雖然出發點不是壞事,但缺乏智慧的饋贈,卻可能為當地帶來更多的問題。

至於,在2008年遠赴巴拿馬兒童城(巴拿馬當地的私人兒童福利機構)擔任國際志工的江珮甄,一待就是一年兩個月的她,也參加過國內短期志工服務,談起兩種工作模式,不論是個人體驗,或對當地的幫助,「非常的不同。」她說。

回台灣以後,每隔一至兩年,都會不辭千里,排開十天半個月休假重遊巴拿馬,甚至憑一己之力向親友募集物資,或者發起公益代購,再將所得的款項捐給兒童城,如候鳥一般的行徑,對她來說理所當然,「就像回家看看家人。」她自我註解。

畢業於資管系的她,過去是巴拿馬兒童城的電腦老師,回去熟門熟路,因著停留時間短,不再被指派任務,但她總會自發性地回到辦公室、電腦教室「巡田水」,協助維護系統,「就像是有時候我們回家,媽媽也會跟你說,家裡電腦怪怪的,要你幫忙看一下一樣。」她比喻。

功成不必在我

雖然當初創辦源自於短期志工的服務體驗,但為了確保經驗的傳承與延續性,現今的遠山呼喚並不招募國際志工前往尼泊爾。

唯一的例外,是在特定的計劃底下,有著明確、大量的人力需求的時候。好比當年,他們與林明仁教授合作,以廓爾喀的服務經驗作為發展經濟學的研究基礎,動用90位學生志工前往當地,跟隨著每一位學童深入家庭現場,藉此了解在教育現場之外的結構性問題,並從這份調查結果,發展出教育種植計劃的四大面向。

「有很多我們所找來的志工,也會以為他們是不是一定得要有服務的背景,或者必須要到當地待上一段很長的時間,」洪于倫侃談:「但我們也會給他們一個觀念,有些影響力不一定非得要在當地才能發生,在台灣倡議或者招募資助人,這些都可以幫助到當地。」

沒有轟轟烈烈「送愛到遠方」的行動,情願退居幕後,讓位給在地,就像蔡宛庭所說:「一直是因為當地人有需要,這個組織才會成立。」

她們談起了在廓爾喀的見聞,由於不乏國際外援,因此學校校舍上,常能看見不同的國旗,象徵著不同國家的資金來源。

然而比起插旗,更許自己融入在地,「我們不需要學校上面有一面國旗,但我們是與他們站在一起解決問題;我們不會強調自己是來自台灣的組織,也不希望當地人覺得我們只是來灑錢做自己想做的事。」這群年輕人這樣說。

不遺餘力的溝通、陪伴,也規劃了組織的退場時間,這份願力的單純一如志工服務的緣起,為需要的地方伸出援手,沒有國界,也沒有目的,「我們想把影響力交給當地人。」她們語氣堅定。      

相關文章

近期文章

EN 日本語

Calls over Ridges

International Service with a Local Focus

Lynn Su /photos courtesy of Calls over Ridges

For the travel, for the experience, to broaden your horizons, or for whatever reason, you took a different kind of trip.

But once your dream of living somewhere else has been satisfied, the poverty caused by both natural and manmade disasters, and the lives so different from our own that you witnessed there, remain vivid in mind after you return home.

It is then that you become aware that short-term, one-off foreign service trips or assistance programs aren’t enough. How can one provide more effective, longer-term help? The answers to that question point to the future of overseas volunteer work.

 


 

The first time I heard someone mention “Calls over Ridges,” the poetic-sounding name made me think that it was a cultural foundation affiliated with a corporate conglomerate.

But as I learned more about the group, I discovered that this international NGO working on children’s education was staffed by people much younger than I had expected. The founders launched the organization just four years ago, while they were still at university, and the oldest staffer is only 25.

The reasons for creating the organization came from the founders’ experiences in overseas volunteer work.

Receiving much, giving little?

To explore the world and to discover themselves, young people have long been boldly leaving the comfort of home for unfamiliar environs. Today, these trips remain as popular as ever.

In addition to study-abroad programs and working vacations, in recent years there has been a rise in volunteering for foreign service trips to destinations such as South Asia, Southeast Asia, and Central and South America. These sorts of trips have become quite popular.

Calls over Ridges has its roots in that trend. National Taiwan University economics majors Rikash Lin and Emily Tsai first bound their fates to Nepal as sophomores when they went there on a short-term service trip.

Like many who have participated in overseas service trips, they went abroad with an eagerness to try their best. At first, everything was new and fresh, but by the time they had begun to familiarize themselves with the en­viron­ment, it was already time to leave. After leaving, they were left with a series of unresolved doubts and regrets.

“Many volunteers have deeply felt intentions about their service,” Tsai notes, whether they stem from a passion to save the world or a desire to experience something new. “But after the trip, no matter how much interaction they have had with local families, or no matter how well they have gotten along with local kids, they always end up receiving more than they give.”

Soon after they had made this realization, and just two months after they had returned from their trip to Nepal in February of 2015, in April the country was hit by a major earthquake of 7.8 magnitude. To provide disaster relief, they set out to establish a non-profit and made a public appeal for funding. Such was their un­expected path to establishing their organization.

Insight into foreign-aid blind spots

Calls over Ridges’ first base of operations was Gorkha in central Nepal, a once-flourishing place full of historical relics that has fallen into decline to become an isolated mountain city.

With contributions collected from 350 students, as well as five kilos of English books each, the founders returned to the public elementary school where they had once performed their service. “But when we opened the school’s storeroom, we discovered box upon box full of unused English books,” Tsai recalls. “It threw us for a loop.”

The school’s principal explained that he worried that the students would damage the books and that NGOs would decline to provide further resources if they found out.

At that point, the team began to realize that however much international organizations like the Red Cross and the United Nations excelled at providing speedy assistance in Gorkha at a time of particular need such as after an earthquake, they wouldn’t be able to resolve the deep-rooted causes of human poverty there.

Consequently, while the ultimate goals of Calls over Ridges aren’t far from those of most international NGOs—both hope to curtail intergenerational poverty through education—Calls over Ridges, aware of the insufficiencies in the traditional aid approaches, has adopted distinctly different operating methods.

From “helper” to “cultivator”

At the core of Calls over Ridges is a comprehensive and systematic model of educational service that includes the following: “educational fundraising,” to offer scholarships so that children can pursue education without financial anxieties; “building educational resources,” thus helping schools to create supportive environments; “encouraging parental participation,” by holding parent days and parent‡child seminars, which impress upon parents the importance of their children’s attendance at school; and “increasing motivation to learn,” by inviting successful people who moved from remote areas to work in the capital to come and give talks.

They also drew from their earlier experiences with foreign service, which taught them about the limitations of short-term stints: “If the decision to go abroad is just based on curiosity and a desire to see some different place, then it’s going be hard to get into the shoes of local people,” says Tsai bluntly. “That’s why volunteering is not the best recruitment mode for us.”

Maintaining that approach would only end up in emphasizing mutual dependency, which is certainly not a good thing for local communities.

“Calls over Ridges’ ultimate goal is to leave.” Tsai mentions that time and time again over the course of our interview.

Consequently, the organization’s approach is to select a small number of local youths to put through higher educa­tion. After these young people graduate from college thanks to Calls over Ridges’ support, they will have foreign language skills and the ability to find resources, and can become key actors for turning around a locale.

A good example is Sang Doma Sherpa, one of the organization’s local partners in Gorkha. He started working for them as a volunteer interpreter. Later, after working on various projects at different times, he became a communication portal between the organization and schools. With his skills being cultivated step by step, he became familiar with the organization’s operating methods.

Today, as the local outfit has taken on the spirit of the Taiwan group, Sang Doma has registered the Nepal branch of Calls over Ridges with the Nepalese government as a local NGO. The methods and structures have been extended from Taiwan, but the personnel and resources are now all local.

From “volunteer” to “family member”

They are dressed up with buzzwords like “philanthropy” and “service,” but how much do international service trips actually help?

Undeniably, just like 150 years ago, when the missionary George Leslie Mackay came to Taiwan from distant Canada, sparking an enlightenment in Taiwan’s medical services, the cross-cultural stimulation sparked by volunteers from abroad can be key to local transformation.

Sean Chu, the founder of the non-profit Waker, which sends about 1000 volunteers overseas every year, shares what he sees as the proper approach for volunteers going abroad: “Volunteers are a bridge and a catalyst for building communities. They don’t play leading roles, which ought to belong to the people of the community.”

Starting in 2008, Jane ­Chiang served as a volunteer for 14 months at Panama’s the City of the Child, a shelter for children. She has also undertaken short-term service stints in Taiwan. She describes two very different working models depending on length of stay. In terms of both personal experiences and benefit to the local community, the situations are “very different,” she says. 

Since returning from her long period of service in Panama, despite the distance Chiang has cleared ten to 14 days every year or two to return. Like a migrating bird, these travels have become just a normal part of her life: “It’s just like going home to see my family.”

She has a degree in information management, and at City of the Child she taught computing. She only makes short trips now, so she is no longer assigned duties, but since she is still familiar with its systems, she always finds herself “patrolling the fields”—returning to the office and the computer classroom and helping with maintaining systems: “It’s like when you go home and Mom says there’s something wrong with the computer and wants your help.”

No “I” in “success”

Although the founders established the organization with only short-term volunteer experience, to ensure continuity and that knowledge is passed down locally, Calls over Ridges now no longer recruits international service volunteers to go to Nepal.

The only exceptions are when special projects or plans create a clear, large-scale demand for personnel—much like when they worked with Professor Lin Ming-jen back in the day. Lin mobilized 90 student volunteers to go to Gorkha, and he leveraged their service there as the basis for research into developmental economics. The college students accompanied each of the children to their homes to understand their family situations, so as to better make sense of structural issues beyond the classroom. With these research results, the organization developed the four main orientations of their plan for sustainable local educational development.

Calls over Ridges eschews making big shows of “bringing love to distant places.” Instead, it retreats behind the scenes, giving the spotlight to locals. “After all,” says Tsai, “this organization was established to meet local needs.”

Sparing no effort at communicating with communities and being there for them, as well as planning their own withdrawal, Calls over Ridges are as sincere in their aims today as when they were first volunteers: They are extending a helping hand wherever there is need, beyond international borders and with no ulterior motive. “We want to transfer our impact and influence to locals,” they say with determination.              

異郷で教育の種をまく

現地に寄り添い人材を育てる NGOの教育支援

文・蘇俐穎 写真・遠山呼喚提供 翻訳・山口 雪菜

旅がしたい、経験を積みたい、視野を広げたい。どんな理由にせよ、初めの一歩を踏み出したことに違いはない。

ただ、外国で暮らす夢を実現した後に目にするのは、天災や人災による貧困、そして私たちとはまったく異なる暮らしで、帰国後もその光景が頭から離れない。

そこで気づくのは、一度だけの短期の援助では足りないことだ。どうすればもっと長期にわたる有効な支援ができるのだろうか。

——こうして海外ボランティアの次の一歩が始まる。


「遠山呼喚(山の呼び声)」という詩情に満ちた名称を聞くと、企業グループ傘下の文教基金会かと思うだろう。

設立からわずか4年、児童教育を行なうこの国際NGOのメンバーは思いのほか若い。彼らは学生時代に事業を開始し、25歳が最年長だ。

彼らがこの団体を結成したきっかけは、海外ボランティアに参加したことだった。

得るものは多く、あたえるものは少ない?

自分を見つめ、世界を知るために、多くの若者が住み慣れた地を離れて海外へと出ていく。いつの時代も変わらないことだ。

交換留学やワーキングホリデイの他に、近年は海外ボランティアが大きな流れとなり、南アジアや東南アジア、中南米などでのボランティア活動が盛んになっている。

「遠山呼喚(Calls over Ridges)」はこうした流れの中で結成された。台湾大学経済学科を出た林子鈞と蔡宛庭は、大学2年の時に短期ボランティアに参加したことがきっかけで、ネパールと途切れることのない縁を結んだ。

多くの海外ボランティアと同様、二人は意欲満々で旅立ったが、新鮮な環境にようやく慣れたころには帰国しなければならず、多くの疑問や無念を抱いたまま彼の地を去ることとなる。

多くのボランティアが同じような感覚を抱いていると蔡宛庭は言う。世界の役に立ちたいという情熱や海外経験への期待を胸に出ていくが、「現地の人や子供たちとどれだけ親しくなっても、与えられるものより自分が得るものの方が多かったと感じるのです」と言う。

彼らはこうした感覚を抱きつつ、2015年2月にネパールから帰国したが、それから間もない4月にネパールをマグニチュード7.8の大地震が襲った。災害救助・救援のために、彼らはNPOを立ち上げ、資金を募って思いがけない事業を始めることとなったのである。

海外援助の盲点

ネパールの山の中、いたるところに遺跡がある古都ゴルカが遠山呼喚の最初の基地となった。

350人の学生から資金を集めると、彼らは一人5キロずつ英語の本を持ち、かつてボランティアで行った公立小学校へ赴いた。「ところが、学校の倉庫の扉を開くと、真新しい英語の書籍が入った箱が山と積まれていて、びっくりしてしまいました」と蔡宛庭は言う。

校長に聞くと、生徒たちが本を壊してしまうのが心配で保管してあるが、提供してくれたNGOに知られると、もう提供してくれないかもしれない、と心配していた。

ここで彼らは考えた。赤十字や国連の国際組織などがゴルカに駆けつけ、救援活動を行なっているが、急場をしのぐことはできても真の問題は解決されないのではないか、と。

遠山呼喚の設立趣旨は、他の多くの国際NGOと同様、教育を通して若い世代を貧困から抜け出させるというものだが、彼らは現地に不足しているものを考え、異なる方法を選んだ。

「支援者」から「育成者」へ

遠山呼喚の活動は、系統だった教育サービスモデルを提供するというものだ。

台湾大学経済学科の林明仁主任や政治大学の蘇昱璇教授らの協力を得て、彼らはこのモデルを四つの重点から成る「教育種植計画」と名付けた。第一は、資金を募って奨学金を提供し、子供たちが安心して進学できるようにすること。第二は、読書を奨励する環境を整えること。第三は、保護者デーや親子講座を開催し、親に学校へ通うことの重要性を理解してもらうこと。第四は、同じく僻地出身で首都で成功している人を招いて講演してもらうことである。

以前のボランティアの経験も役に立った。短期ボランティアには限界があることを知っていたからだ。「好奇心とか、余所の土地で暮らしてみたいという態度で来たら、現地の人の立場から考えることはできません。ですから、ボランティアという形は、私たちの仕事にはふさわしくありません」と蔡宛庭は言い切る。

何かを与えるという態度では、互いの依存関係を強めてしまい、現地にとっては決して良いこととは言えないのである。

これは多くのNGOが抱える課題でもある。「地元の人々の大部分が収入を国際援助から得るようになり、また頻繁に外国人と接触していると、暗に明に必要なものを求めてくるようになります。求めれば得られるという態度は、自分や自国に対する信頼とアイデンティティの不足を反映しています」とディレクターの洪于倫は言う。

「遠山呼喚の最終目標はここを去ること」と取材中、蔡宛庭は幾度も口にした。既存の資源を考慮し、彼らは一時的な援助ではなく、的を絞って深耕することにしたのである。

まず、援助を受けて大学を卒業した現地の若者を選考した。彼らは外国語ができ、リソースを探す力もあるため、地域を変える重要な役割を果たせる可能性がある。

例えば、ゴルカで仲間として働くSang Doma Sherpaは、最初はボランティアで通訳を担当していたが、さまざまなプロジェクトを経て学校側と交渉する窓口となり、少しずつ経験を積んで今では運営に習熟している。

彼は台湾から来たチームの精神を受け継ぎ、ネパールで遠山呼喚を登記して現地のNGOを立ち上げている。方法や組織は台湾と同じだが、マンパワーとリソースは現地のものである。

「ボランティア」から「家族」へ

「愛」や「奉仕」を掲げる国際ボランティアだが、実際にはどれほど現地の助けになっているのだろう。

150年前、遥かカナダから台湾へやってきた馬偕(マッカイ)博士が、台湾に医療を広めたことが啓蒙になり、さらに多くのボランティアが異文化の刺激を持ち込んだことが、現地に大きな変化をもたらしたと言えないだろうか。

毎年1000名のボランティアを海外に送り出している微客(Waker)国際ボランティアステーション創設者の朱永祥は、ボランティアが現地へ行く前に持つべき正しい観念をこう語る。「ボランティアは地域社会を変えるプロセスにおける懸け橋、促進剤であって主人公ではありません。主人公はあくまで地域の人々です」

ボランティアによる「奉仕汚染」を防止するために、朱永祥は8つのルールを定めている。例えば、ボランティアは特定の個人に贈り物をしてはならないというルールがある。

「すべての子供は、食事をし、遊び、教育を受け、愛される権利を有する」という大原則に立つ彼はこう説明する。「子供の中には誰からも好かれるタイプの子がいる一方、いつも隅っこにいる子もいます。次々と新しいボランティアが来ても、それは変わりません」と。良かれと思ってプレゼントをしても、そこに知恵がなければ、後に問題を残すこととなるのである。

江珮甄は、2008年にボランティアでパナマの私立児童福祉機構に1年と2ヶ月滞在し、また短期ボランティアに参加したこともあるが、個人の経験としても現地への貢献にしても、長期と短期ではまったく違うという。

彼女は帰国後も1〜2年に一度、10日から半月の休暇を取ってパナマを訪れ、友人たちから物資を募るなどして、かつて働いた児童施設に送り届けている。「家族に会うために帰省するようなもの」と彼女は形容する。

情報管理学科出身の彼女は、パナマの児童施設でコンピュータを教えたことから、今も訪問するたびに、任務ではないものの自発的にシステムのメンテナンスなどをする。「帰省時に母親からパソコンの調子が悪いから見てくれない?と言われるのと同じです」

功労は自分のものではない

かつての短期ボランティアがきっかけとなって設立した遠山呼喚だが、経験を継承し持続していくために、今はネパールへの国際ボランティアは募集していない。

唯一の例外は、特定のプロジェクトで多くの人手が必要な時だけだ。例えば以前、林明仁教授と共同でゴルカでの経験を開発経済学の研究の基礎とするために、90人の学生を現地に派遣した。小学生一人一人についていって各家庭に入り、教育現場以外の構造的問題を理解するためだ。この調査結果から、上記の教育種植計画の四大重点が考案された。

大々的に「愛を送る」といった行動はせず、裏方に回って現地の人々に表に立ってもらう。「この組織は、現地の需要があるからこそ設立したのですから」と蔡宛庭は言う。

ゴルカには海外からの支援が多く届いており、学校にもさまざまな国旗が立てられ、各国から資金が提供されていることがわかる。

しかし遠山呼喚は、国旗を立てるより現地にとけ込むことを目指している。「学校に旗を立てるのではなく、彼らと一緒に問題を解決したいのです。自分たちが台湾から来た団体であることを強調するのではなく、資金を使って自分のやりたいことをしに来たのでもないことを知ってもらいたいと考えています」という。

コミュニケーションに力を注いで現地に寄り添うとともに、彼らは自分たちが引き揚げる時期も計画している。純粋なボランティアから始まった活動は、国境を越えて求められるところに手を差し伸べる。「私たちは影響力を現地の人々に引き継ぎたいのです」と、その言葉は力強い。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!