高鐵駐足

捕捉光影瞬間
:::

2017 / 4月

文‧龍珮寧 圖‧林格立 翻譯‧Phil Newell


高速鐵路的出現縮短南北距離,熙來攘往的旅客在此空間內片刻駐足,為稍縱即逝的瞬間留下美好的記憶、印象。

啟程出發、停留抵達,高鐵載著人們駛往目的地,在車站和車站間,人們轉換了空間、改變了心情,駛往不同目的地與生活模式,下一站,未知,卻充滿千變萬化。


2007年,台灣高鐵正式開通,縱貫西部縣市的線路,為人們大幅縮短行車時間。便捷的乘車享受、新式車站建築,開啟民眾對大眾運輸的新想像。繼台北、桃園、新竹、台中、嘉義、台南、高雄等站後,2015年12月1日啟用的高鐵苗栗站、彰化站及雲林站,不僅節省旅行時間,站體建築也一改過去僅僅強調速度與車站的功能性,打造永續環境的綠建築並結合地方特色,翻轉在地新視野,更拉近人們與自然環境的距離,一如高鐵想傳達的理念:「真實接觸(Be There)」。

開啟感官 盡覽「縮時台灣」

曾任法國巴黎公共運輸局工程師、中華民國駐法國代表、新竹市副市長,亦身兼作家的現任文化部政務次長楊子葆對高鐵的景致最有體會。平日公務往返,當其他旅客打盹、忙碌,抑或是滑著手機時,高鐵上的楊子葆卻絲毫不偷閒,每每高鐵一啟動,他便滿懷興奮期待,展開一場「有意義的觀賞之旅」。

即使和兒子搭高鐵時,楊子葆也會要求他關閉平版電腦,並透過解說讓孩子認真欣賞沿途不斷變化的景致。高鐵台北段仍在地底下,駛過板橋站後開始出現景色變化,桃園到新竹段可見許多大小不一的埤塘,漸漸駛入科技重鎮新竹時,也有城鄉邊陲與中心的地緣差異,過山洞便知進入山區,接著目光所及皆是青碧萬頃的水稻田,台中站後迎來的平野綠疇、藍天白雲等景致舒緩都市生活的忙碌緊張。穿越嘉南平原、北迴歸線後就是南台灣,接待每位旅客的是熱情陽光。

搭乘高鐵讓人短時間盡覽台地、埤塘、農田風景,楊子葆形容一路視野變化萬千,各地天氣也大不同,從陰雨的北台灣到燠熱的南台灣。接待國外訪賓時,楊子葆總愛向行程緊湊的他們推薦搭乘高鐵,「不到2小時的車程,就能飽覽『濃縮』的台灣美景。」

玩心十足的楊子葆有時還會刻意忽視車內站名廣播,反而是從車窗外地貌景色與房舍聚落的改變,「猜猜」自己究竟到那兒。

不過,忙碌的現代人對於撥出時間「無聊」就覺得奢侈,他覺得,生命中總是要有點沒有明確目的性的餘暇時光,搭乘高鐵時的片刻空白,就是為忙碌現代人創造出難得的「私人空間」。他建議應好好享受「無聊」的趣味性。

不僅窗外景色豐富,帶有法國浪漫氣質的楊子葆分享即使在車站內也有不同感受。車站裡整片牆面、柱面及鋼架與玻璃帷幕的現代建築技法,在他眼裡都饒富趣味。

新增三站的建築可看到建築師的巧思設計,利用在站內短暫駐足時間觀看一下空間內的光影變化,素雅到只穿上一層薄光外衣的牆與柱,透明的玻璃帷幕牆就是要讓旅客睜開眼睛、放遠視野觀看窗外景色,盡可能地欣賞,開啟感官美學。

綠能車站會呼吸 深度展現客家精神

2015年底新增的苗栗、彰化與雲林三站,分別由華業建築師事務所主持建築師薛昭信與大元建築工場創始人姚仁喜各自操刀,除了都是綠建築外,也分別展現在地獨有特色。

繼高鐵台中烏日站後,薛昭信再為苗栗站承接設計。接下設計案後,他不斷思考「苗栗是客家庄,何謂客家精神,該如何詮釋?」。同為客家人的薛昭信攤開許多設計草圖,包括延用台中站概念,以紡織機內「梭子」的具象展現高鐵速度感和串聯南北的車站功能。

團隊經多次腦力激盪,速度感在高鐵十年的今日不再是稀奇,過去的建築主要強調功能性在面對氣候變遷的今日應有另一種思維。薛昭信認為,建築應和大自然和諧共生。

擁有逾十年綠建築經驗的團隊跳脫「車站」框架,首度運用大樹建築,或稱為「智慧皮層(Smart Skin)」,設計可自然調節,冬暖夏涼減少耗能的「呼吸」車站。

團隊運用數據分析苗栗縣後龍鎮的日照角度後,發現獲得屋頂和南面受日照強度最強,而在屋頂設置太陽能板,不僅主動供電外,還兼具遮陽效果。

車站前的景觀公園具有雨水回收、利用的功能,也是生態公園,植栽皆以在地植物為主,如台灣欒樹、油桐、大花紫薇等。公園也能調節風的溫度,例如夏天時,熱風經後龍溪、北勢溪、滯洪池、景觀公園的冷卻調節後,能使建築物迅速降溫,讓車站節能效果十分明顯。

戶外人行通道上的玻璃採光罩更匠心獨具地將桐花和綠葉點狀化設計成四款圖案後,再排列組合。當陽光穿透時,宛如走在桐花樹蔭下;抬頭仰望時,桐花意象間藍天清晰透見,苗栗在地的符碼隱藏於這方寸採光罩中,意境深遂幽遠。

車站大廳動線一目了然,入口便能明顯看到手扶梯及電梯,通往月台的手扶梯是全台12個車站中最長,並以「光」引導讓乘客不需仰賴指標便能自動辨識乘車方向,雲彩玻璃可防女性裙底曝光。薛昭信表示,公共建築不需太多標誌系統,車站應以簡潔的自明性(Self-Identification)空間提供旅客在舒適的旅程中欣賞空間與建築特色,留下美好記憶。

高鐵苗栗站完成後,迎來當地民眾好評,設計展現勤儉客家精神,為其贏得鑽石級綠建築的殊榮。

光影透視幻覺 超現實感宛如電影場景

負責設計高鐵新竹站的姚仁喜承接雲林站與彰化站設計。曾赴美國學習電影,喜歡以分鏡畫面想像建築空間的姚仁喜,看見了旅客在車站移動時的陌生與不安定,希望設計的車站是一個能讓旅客心靈有所依託或感觸的「場景」。

「場景」會影響人或喚起人對空間的覺知,讓當地人產生認同感,也讓停留旅客有依託,他認為建築是回顧歷史文化並展開具有前瞻性任務,讓新設立的高鐵車站成為當地門戶或象徵,創造對未來的期望或憧憬。

高鐵彰化站以花為柱,綠色植栽環繞室內並延伸到戶外農田,燈光點綴下看似超現實,宛如電影場景。在2016年,由美國建築(Architizer)主辦的「A+建築獎」車站類中獲得了「觀眾票選獎」。

彰化身為台灣花卉集散中心,姚仁喜團隊運用白色弧柱呈現花的意象,延伸至屋頂是花朵的上端,用三角形呈現開花且方向朝北,除可避免陽光直射外,當自然光引入室內照射到花柱上時,依日照角度不同,讓車站內也時時充滿變化。

姚仁喜認為,柱子迷人之處在於其形成的空間感,既能遮蔽視線,也有別於對圓柱、方柱的刻板印象。因此,充滿藝術家氣息的姚仁喜別出心裁設計純白上寬下窄、中間剖面的「花瓣造型弧形牆柱」,以解決柱子遮蔽的視線問題,不僅讓視覺空間增加,更讓川流旅客感受場景的變化。

北上下車旅客看到屋頂三角形意象正百思不解時,隨手扶梯走到地面層,眼前所見,即刻解惑:三角形花朵延伸到柱子,透過倒映在光亮如鏡地板上的花柱,原來這就是一朵「花」。

旅客如抬頭仰望,一見冷藍色系的天花板,自然頓覺涼快,而不急躁。視線再拉到透亮的窗,環繞著綠色植物,令觀賞者心情放鬆,已分不清是室內還是戶外。

走出車站,遼闊田園帶領視覺延伸至戶外景觀的「田」字意象,宛如彰化八景之「雲去雲來風片片,鳥飛鳥落水田田」。黃昏時分,襯托淡紫色夢幻,一入夜,燈光點綴下,則猶如置身「超現實世界的植栽暖房」,好像進入奇幻電影場景,盡可探索未來。這一幕幕場景全無重複,正是姚仁喜最愛的戲劇感。

雲林光影 柱子和傾斜角度譜出律動樂章

對比彰化站運用花的造型,雲林站則使用簡單、相同的柱子創造較具抽象且無重複的場景。姚仁喜形容當時想法是以重複性元素,藉由「傾斜」創造連續性及規律性的感覺,經排列後形成視覺上的流線型,就像排列後的音符,可以譜出動人樂章。

屋頂板片層層疊疊下降,光透過空隙進入形成「影」,光與影隨時辰不同而異,讓重複的建築元素產生不同場景變化。

姚仁喜說,「建築是固定的,藉用陽光變化讓視覺及建築產生律動,這不就是將自然環境改變濃縮在這個空間嗎?」更深層次的體悟是,沒有所謂的招數,就能讓自然變化在自我約束秩序內呈現出來。用具體、建築元素呈現虛的光與影,用空間敘說場景。車站文宣品中以「雲光林影」形容雲林站,姚仁喜認為形容得非常貼切。

高鐵縮短南北距離,濃縮台灣景色,讓人在移動中淨化思緒,在一幕幕的窗景中獨享光影,彩繪人生暫停的風景。                                            

相關文章

近期文章

EN 日本語

Flashes of Taiwan —Riding the High-Speed Railway

Lung Pei-ning /photos courtesy of Jimmy Lin /tr. by Phil Newell

The completion of the Taiwan High-Speed Railway has shortened distances north to south in western Taiwan. Travelers buzzing this way and that get brief but beautiful memories and impressions.

In the spaces from one station to the next, people see the scenes around them transform, and they feel their moods modulate, as they hurtle past varied ways of life and toward different destinations. Who knows what the next station will bring? Only one thing is constant: change.


The Taiwan High-Speed Railway (THSR), which began operations in 2007, threads its way between all the main cities of western Taiwan. The service has sharply reduced travel times, and the architecture of the stations has changed the way people think about mass transportation. Three new stations—­Miaoli, Chang­hua, and Yun­lin—were opened on December 1 of 2015.

These new stations have altered the previous focus purely on speed and functionality. They offer “green” architecture with an emphasis on environmental sustainability, integrated with special features of the localities and their ways of life. These stations narrow the gap between people and the natural environment. The feeling is just like the concept that the THSR wants to convey: “Be there!”

A “concentrated” view of Taiwan

Deputy Minister of Culture Pierre T.P. Yang, an engineer and author who has variously been an employee of the Parisian public transportation system operator RATP  and the ROC representative in France, probably has as fine an appreciation as anyone of the scenic qualities of the THSR. Many people who travel often on the THSR just sleep, get some work done, or get stuck into their smartphones, but when Yang takes the high-speed train he doesn’t waste his time with distractions. Each time he feels the train depart, he is filled with excitement and expectation, and gets ready to “deliberately and carefully observe.”

For the Tai­pei City stretch of the THSR, the rails are underground so as not to interfere with urban traffic. It is only after you leave Ban­qiao Station, in Tai­pei’s southern suburbs, that the changing scenery first appears. When you enter Hsin­chu, a center of high-tech industry, you see the landscapes of an area right at the margin between country and city. Pass through a tunnel and you are in a mountainous area, followed by rice paddies. After Tai­chung Station you come face to face with a broad expanse of green fields on a flat plain, and blue skies with scattered white clouds, providing relief from the stress and intensity of urban life. Then you pass through the Jia­nan Plain and cross the Tropic of Cancer, and you are in southern Taiwan, where a hot and intense sun greets every visitor.

Yang describes the varied views along the whole route as “intoxicating.” When hosting foreign visitors, Yang always recommends that they take the THSR, especially given their tight schedules. “In a journey of less than two hours, you can enjoy the beautiful scenery of Taiwan in concentrated form.”

Not only is there a richness of scenery outside the windows, even in the stations the sensations vary. Yang shares the following observation: If you look at the three new stations, you can see that the architects have all used light and shade to powerful effect within the spaces, while glass curtain walls draw travelers’ eyes to the outdoor views. Set your perspective to “distant” and enjoy as much as you can, and you will provoke an awakening of your sensory aesthetic.

Stations that breathe

Two architects—Charles ­Hsueh, lead architect at HOY Architects & Associates, and Kris Yao, founder of Kris Yao Artech—had a hand in the design of the three new stations. Both are not only masters of “green architecture,” they are noted for their unique “localized” style, with their works expressing defining characteristics of the surrounding locality.

After completing the THSR’s Tai­chung Station, Charles ­Hsueh took on the task of designing ­Miaoli Station. After accepting the project, he continually pondered the question: “­Miaoli is heavily populated by Hakka people, so how can I express the Hakka spirit?” Himself a Hakka, ­Hsueh for a time considered extending the core concept of the Tai­chung Station—the shuttle of a textile weaving loom—to express the sense of speed of the THSR and also the station’s function of threading together northern and southern Taiwan.

However, he later reconsidered. For one thing, people have stopped finding the “sense of speed” remarkable or extraordinary. Also, he thought that in the face of global warming, contemporary architecture should have a sense of harmonious co-existence with nature. He decided that his design team should shed the staid framework of a “train station” and, for the first time, use a “smart skin” to design a station that can “breathe.” In this way the structure can adapt to nature, and reduce energy use in any weather, cold or hot.

The team therefore studied data on the angle of the sunshine in ­Miaoli’s Hou­long Township to calculate where sunlight would be strongest on the southern side of the building, and installed solar panels on the roof, which not only provide electricity but also have the effect of blocking the sun when it is most scorching.

There is a scenic park in front of the station, planted mainly with trees and vegetation characteristic of the surrounding area. The plants in the park can cool off incoming hot winds, thereby lowering the temperature of the station and contributing to the goal of reducing energy use.

The outdoor pedestrian walkway is covered by a glass awning that is decorated with stylized patterns of tung flowers and green leaves. (The tung tree is a well-known symbol of ­Miaoli.) When sunlight penetrates through the awning, these patterns cast shadows on the ground, creating the impression that one is walking in the shade of tung trees. If you raise your head and look upward, you will not be directly struck by sunlight, but will still be able to see clear blue skies between the floral patterns. The very essence of ­Miaoli is ensconced in this design, and its underlying aesthetic conception is profound and far-reaching.

The “line of motion” of the main hall is obvious at a glance. From the entrance you can clearly see the escalators and elevators. The escalators leading to the platform are the longest of any of Taiwan’s 12 high-speed rail stations. Illumination guides passengers automatically to the place where they have to board the trains, without having to depend on direction indicators. Clouded glass ensures that women’s skirts do not become translucent. Charles ­Hsueh says that infrastructure shouldn’t have too many signage systems. Instead, train stations should be “self-identifying” spaces, so that passengers can, in the course of a leisurely and comfortable journey, appreciate the space and the architectural features, and leave with beautiful memories.

Miaoli Station has gotten rave reviews from local residents. The design reflects the Hakka spirit of frugality and hard work, and has earned the station the honor of being named a “diamond-level” green structure.

Like a surrealistic movie set

Kris Yao, who had previously designed the Hsin­chu THSR station, won the contract for designing the Yun­lin and Chang­hua stations. Yao, who studied film in the United States, enjoys envisioning architectural space in terms of “minute-long images.” Seeing in his mind’s eye travelers moving hither and thither, unsettled and alien to their environment, he wanted to create stations that would give visitors “scenes that would touch their hearts while providing some solace and comfort for the soul.”

He set out to create visuals that would impact people, and would trigger their spatial intuition and perceptivity. He also wanted to create stations that local people would identify with—that is, local residents would feel that the stations are representative entryways for, and symbols of, their own communities. Finally, he wanted stations that would generate a sense of expectation and aspiration going forward, a feeling that the future will be a better place.

The Chang­hua THSR station, which captured the 2016 “Architizer A+ Popular Choice Award” (decided by an online vote among design enthusiasts after nomination by an expert jury), is built around pillars inspired by flowers. Green plants circle the interior, and there is a natural contiguity from them to the cultivated fields outside. There is a certain sense of the surreal under the decorative lighting, as if you were on a film set.

The pillars evoke the fact that Chang­hua County is a major center of Taiwan’s flourishing floriculture industry. The most fascinating thing about them is the way they generate a sense of space, while at the same time blocking one’s line of vision. Kris Yao, who has very much the aura of an artist, invested a great deal of creative energy into designing these “arching wall-like pillars in the form of blossoms,” and they really manifest the mental imagery of a bouquet. They not only increase the visual space, they also give the stream of travelers passing under them a sense of ever-changing scenery.

The tops of the faux-flower pillars emerge through the roof in triangular shapes. They are angled to create north-facing exposure, and they allow natural light to shine onto the pillars below. The interior light is therefore also undergoing constant change depending on the angle of the sunlight.

Actually, northbound passengers just alighting may find the triangular roof features inexplicable. But when they proceed on the staircase toward ground level, what greets the eye brings instant understanding. As soon as they see a pillar below each triangular shape on the roof, and see the light reflected mirror-like from the floor, they realize: “I get it. It’s a flower!”

Travelers who raise their heads and look upward will see a ceiling of cool blue, and will naturally feel “chill” and that “there’s no rush.” One’s line of sight is then pulled toward the translucent greenhouse paneling that makes up the windows, and the encircling green plants, putting the observer in a relaxed frame of mind as these elements blur the distinction between interior and exterior.

Stepping outside the station proper, there is no sharp break in the visual line from inside to outside. Rather, there is an uninterrupted transition to the fields that surround the station. The station is located in a Chang­hua township called Tian­zhong, meaning “among the fields,” and it was lauded in olden times as one of the Eight Scenic Views of Chang­hua, a place where clouds drift in the breeze and birds flit among the paddies. Dusk brings a kind of dreamlike hallucination in purple hues, while at night you find yourself in an arboretum or conservatory from some surreal world, as if entering a scene from a science fiction movie, exploring the future.

The scenes never repeat, creating precisely the dramatic and cinematic effect that Kris Yao so loves.

Clouds, forest, light, shade

In comparison to the Chang­hua THSR station, the one in Yun­lin is relatively abstract. In several places, inside and out, Yao uses proportionately equal pillars and beams, which, when systematically aligned, create sloping curves. The creative concept is to use a repeated motif, and through the sloping curves to create a sense of continuity and flow. This is similar to pleasing music, a physical version of the flowing notes of a repeated motif on a score.

The Yun­lin THSR station utilizes very few elements. The core is composed of the flowing visual lines creating by the sloping curves and inclines. The roof, meanwhile, which consists of layered segments cascading downward, brings in a great deal of natural light, and gives the sensation of a very elevated interior space. The passage of sunlight inside and out generates areas of light and shadow, changing constantly as time passes, so that the repeated architectural motifs also appear to the eye to be evolving.

Kris Yao says, “The physical structure of a building is fixed, so I used the modulating sunlight to set the architecture in motion, creating a kind of melodic movement. You might say this is a microcosm of the changes of the natural environment, in an interior space.” Without any tricks or gambits, this design allows nature’s transformations to be manifested within a self-restrained and constricted sequence or order. The place-name Yun­lin is made up of the characters yun, meaning “cloud,” and lin, meaning “forest,” and the station’s introductory pamphlet describes it with the poetic term “cloud light, forest shade,” which Yao feels is a very apt and incisive description.

The high-speed railway has shortened distances north to south in western Taiwan, and condensed the island’s scenery. The beautiful new stations along the way help relax the minds of people on the move, each offering display window after display window of views, with a unique mix of light and shade, adding scenic and decorative colors to these brief stops in the journey of life.     

台湾の風景を凝縮し 光と影を感じさせる ——高速鉄道の旅

文・龍珮寧 写真・林格立 翻訳・山口 雪菜

高速鉄道(台湾新幹線)の誕生で、台湾の南北の距離は縮まった。さまざまな目的をもった旅客は、車内で過ごすわずかな時間に、美しい記憶と印象を残すこととなる。

出発し、留まり、到着する。高速鉄道は人々を目的地へと運び、駅から駅へ、乗客のいる空間は移り行き、気持ちも変わっていく。次の駅では何が待っているのだろう。変わらないのは、変化し続けることだけである。


2007年、台湾高速鉄道(台湾新幹線)が正式に開通した。台湾西岸の各都市を南北に結ぶルートで、国内の移動時間が大幅に短縮された。速くて便利で快適な旅、それにモダンな駅舎などが、それまでの公共交通機関のイメージを塗り替えた。従来の停車駅は台北、桃園、新竹、台中、嘉義、台南、高雄だけだったが、2015年12月1日からは苗栗駅と彰化駅、雲林駅も開設された。在来線の駅舎は駅としての機能性を強調するものだが、高速鉄道の駅は持続可能な発展を目指したグリーンビルディングに各地の特色を融合させたもので、人々に新たな視点をもたらしている。人と自然環境との距離が縮まり、まさに高速鉄道の理念である「真実の接触(Be There)」を体現するものとなっている。

感覚を開き、凝縮された台湾を見る

かつてパリの公共運輸局で技術者として働き、中華民国駐仏代表、新竹市副市長などを歴任し、現在は文化部政務次官を務める楊子葆は作家でもあり、台湾高速鉄道から見る景観を熟知している。公務で高速鉄道を利用し、南北を行き来することが多いが、他の乗客が居眠りをしたり仕事をしたり、スマホをいじったりしている時、楊子٨٦は期待に胸を膨らませ「意義ある観賞の旅」を始めるのである。

息子と一緒に高速鉄道を利用する際も、楊子葆は息子にタブレットをしまわせ、車窓を流れていく景色の変化を説明する。高速鉄道は台北駅を出た後しばらく地下を走り、板橋駅を過ぎると地上に出て景色を楽しめる。桃園から新竹にかけては大小さまざまな溜池があり、ハイテク産業の要地である新竹に入ると、地方と都市の違いやその境界などを見ることができる。そうしてトンネルを抜けると山地に入ったことが分かり、見渡す限りの水田が美しい。台中駅を過ぎると平野が広がり、青い空と白い雲が大地の緑を輝かせ、その心地よさが都会の喧騒を忘れさせてくれる。嘉南平野を駆け抜け、北回帰線を過ぎると南国の太陽が迎えてくれる。

高速鉄道に乗れば、短い時間で台湾の台地や溜池、農地など、さまざまな地形や景観を目の当たりにできる。地域によって天気も違い、北台湾では小雨が降っていても、南台湾の日差しは強い。外国からの来賓がある時は、緊密なスケジュールの中で台湾を知ってもらうために、高速鉄道に乗ることを勧めている。「2時間に満たないわずかな時間で、『濃縮された』台湾の景観が楽しめるのですから」

楊子葆は、時にはわざと社内のアナウンスを聞かないようにする。地形の変化や町の景観から、どのへんまで来たのか推測するようにしているのだと言う。

忙しい現代人にとって、「ぼんやりする」というのは贅沢な時間であり、楊子葆は、人生には明確な目的のない、何もしない時間が必要だと考えている。高速鉄道に乗る空白のひとときは、忙しい現代人にとって貴重な「プライベート空間」となる。その「何もしない」時間を存分に楽しむべきだと楊子葆は言う。

車窓の風景を楽しむだけではない。フランス駐在の長かったロマンチストの彼は、駅でも同じように楽しみがあると言う。高速鉄道駅の壁面や柱、スチールのフレームやカーテンウォールといった現代建築の技法も、じっくりと鑑賞する価値があるという。

新たに開設された3つの駅からは、建築家の巧みなデザイン思考が見て取れる。駅で過ごすわずかな時間を利用して、空間の光と影の変化を楽しむことができる。光だけをまとったシンプルな壁や柱、透明なカーテンウォールは旅客の目を開かせるためのもので、視線を外の景色に移していけば、美の感覚が呼び覚まされる。

呼吸するグリーンビルディング

客家の精神を表現する駅舎

2015年末に開設された苗栗、彰化、雲林の3駅は、それぞれ華業建築師事務所を主宰する建築家の薛昭信と、大元建築工場創設者の姚仁喜が設計したもので、いずれもグリーンビルディングであるとともに、地域の特色を反映させたものとなっている。

苗栗駅を設計した薛昭信は、高速鉄道の台中烏日駅も設計している。今回、苗栗駅の設計を請け負うこととなった後、「苗栗は客家の人々が多く暮らす地域だが、客家の精神とは何か、どう解釈すべきか?」と考えた。自らも客家である薛昭信は、当時描いたたくさんの設計図のラフを広げる。その中には台中烏日駅のコンセプトをそのまま用いたものもある。高速鉄道のスピード感と台湾南北をつなぐ駅としての機能を考慮し、織機のシャトルのイメージをコンセプトとしたものである。

薛昭信のチームは幾度もブレーンストーミングを繰り返した。高速鉄道はすでに開通から10年を迎えており、「スピード感」というコンセプトは新しいものではなくなっている。また、気候変動に直面する現在では建築物の機能についても考え方が変わってきた。そこで薛昭信は、建造物は大自然との調和を重視すべきだと考えた。

10年を超えるグリーンビルディング建設の経験を持つ薛昭信のチームは、従来の「駅舎」という概念を取り払い、初めてスマート・スキンを運用し、エネルギーを節約しつつ冬は暖かく夏は涼しい「呼吸する」駅舎とすることにした。

彼らは、駅舎が置かれる苗栗県後龍鎮の、日照の角度を研究したところ、屋上と南面の日差しが最も強いことがわかり、屋上に太陽光パネルを取り付けた。これで駅舎に電力を供給できるだけでなく、日よけの効果もある。

駅前の景観公園には雨水回収再利用の機能が備えられており、オオバナサルスベリやアブラギリやムクロジの仲間といった地元の植物が植えられた生態公園でもある。公園には風の温度を調節する機能もある。例えば、夏の熱い風は後龍渓や北勢渓、景観公園などを通る際に冷却されていき、それが建築物の温度を下げるため、駅舎の省エネ効果も高い。

屋外の歩道の上にはガラスの雨除けがあり、ここにも工夫が凝らされている。客家のシンボルとされるアブラギリの花と葉を四種類にデザイン化し、それを組み合わせてあるのだ。陽が差すと、まるでアブラギリの緑陰を歩いているかのようで、見上げればその花の合間から青空が透けて見える。苗栗らしいイメージが散りばめられ、味わい深い。

駅のホールは動線が非常に分かりやすい。エントランスを入るとすぐにエスカレーターとエレベーターが見え、プラットホームへ向かうエスカレーターは12の駅の中で最も長いものだ。また「光」が案内役となっていて、標識を見なくても乗車方向が自然に分かるようになっている。すりガラスなので、スカートでも下から見られる心配はない。薛昭信は、公共建築には多くの標識は必要ないと考えている。駅にはシンプルな自明性(セルフ・アイデンティフィケーション)があるべきで、それによって旅客はゆったりと空間や建築の特色を楽しめる。

高速鉄道苗栗駅が完成すると、地元住民に好評を博した。建築デザインには客家の「勤倹」の精神が表れており、これが高く評価されてグリーンビルディングの「ダイヤモンド級」の認証も取得した。

映画のシーンのような

光と影の幻想

かつて高速鉄道新竹駅を設計した姚仁喜は、今回は雲林駅と彰化駅の設計を請け負った。かつてアメリカで映画制作を学んだことから、映像のシーンをイメージして建築空間を考えるのを好む姚仁喜は、初めての駅に降り立つ旅客が、見知らぬ空間に不安を覚えることを考慮し、旅客が心を託せるシーンとしての駅を考えた。

「シーン」は空間に対する人の感覚に影響を及ぼし、またその感覚を喚起する。地元の人々にはアイデンティティを感じさせ、旅行者には拠り所となるものだ。建築には、歴史と文化を回顧しつつ、将来への展望を示すという任務があると考える姚仁喜は、新しい高速鉄道の駅を地元の玄関あるいはシンボルとし、未来への期待と憧憬を生み出すものにしたいと考えた。

高速鉄道の彰化駅は、花を柱とし、屋内の周囲を取り囲む緑の植栽が屋外の田園へとつながっていて、ライティングによってまるで映画のシーンのような効果が生まれる。この建築物は2016年、アメリカの「Architizer A+賞」駅舎部門の一般投票で一位に輝いた。

生花産業が盛んな彰化の特色を出すため、姚仁喜のチームは、弧を描いて天井まで続く白い柱で花のイメージを表現した。屋上に跳び出して咲く三角の花の上端は北を向いており、これが屋内に陽が直接差し込むのを防ぐ働きをする。自然光が屋内の柱に降り注げば、日照の角度によって空間が変化していく。

姚仁喜は、柱というものの魅力はそれが形成する空間の感覚にあると言う。そこで視線を遮るとともに、円柱や四角い柱といったステレオタイプとは違うイメージを持たせようと考えた。芸術家の気質を備えた姚仁喜がデザインした柱は、上は広くて下は狭く、中間をくり抜いた、カーブを描く花びらの形の柱である。これによって柱が視界を遮りすぎないようにするだけでなく、視覚空間が増加し、行き交う旅客にはシーンの変化を感じさせるのである。

南から台北へ向かう高速鉄道を下りた乗客は、最初に屋上の三角形の造形を見て何だろうと不思議に思うが、エスカレーターを下りてきて目の前に広がる空間を見た瞬間、その意味を理解する。屋上の三角形は下へ伸びて柱となり、それが鏡のようなフロアに映っているのが見え、これが花だと気付くのである。

旅客が上を仰ぎ見ると、ブルーの天井が涼しさを感じさせ、気持ちも落ち着く。ガラスの壁の向こうには周囲の緑が広がり、まるで屋外にいるような気分でリラックスできる。

駅舎を出ると、一面に田畑が広がり「田」の字が目に入ってくる。夕暮れ時になると、あたりは淡い紫色につつまれ、陽が暮れればライトが灯り、シュールレアリスムの植栽の家にいるような気分になる。ファンタジー映画の中で、未来を探索しているかのようだ。これら一つ一つのシーンはまったく重複するところがなく、これこそ姚仁喜が好むドラマ性なのである。

雲林の光と影

柱の傾斜が奏でるリズム

彰化駅が花をモチーフとしているのに対し、雲林駅はシンプルで、同じ形の柱を用いて抽象性と重複しないシーンを生み出している。

姚仁喜はデザインに当り、重複するものを「傾けていく」ことによって連続性と規則性を生み出そうと考えた。それを並べてみると視覚的に流線形となり、まるで音符を並べたように魅力的な調べを奏で出す。

一枚一枚、少しずつずらして並べられた屋根板の間から差し込む光が影をつくり、それが時間の流れに連れて変化していけば、重複する要素がシーンに変化をもたらす。

「建築物は動きませんが、陽光の変化が視覚と建物にリズム感を与えます。自然環境の変化をこの空間に凝縮したと言えないでしょうか」と姚仁喜は問いかける。さらに奥深い部分では、奇をてらうことなく、自然の変化を規律ある秩序の中に取り入れるということである。具象の建築要素が生み出す虚の光と影が空間の物語を語り始める。駅のパンフレットは「雲光林影」という言葉で雲林駅を表現しているが、姚仁喜はぴったりの表現だと言う。

高速鉄道は南北の距離を縮めて台湾の風景を凝縮させ、移動の中で人々の思考を浄化する。車窓を流れる光と影を受け止めれば、一時停止した人生の風景に色彩が加わっていく。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!