見證時代的林業變遷

挑戰木構建築極限──德豐木業
:::

2018 / 8月

文‧李珊瑋 圖‧莊坤儒


傳承三代的傳統產業,見證百年來的林業變遷。曾站上顯耀的巔峰,也苦守過沒落的低潮。德豐用木材溫潤的毛細孔,迎擊冰冷的鋼鐵水泥。以友善大地的環保意識,打造無毒家園,讓建築自然呼吸,林業永續興旺。

2018台灣住宅建築獎,德豐木業以「半半齋」抱回首獎。耗時一年的工期,首次挑戰設計與施作合一。從使用者的角度,讓建築融入地景。用現代工法,突顯木構獨特的風韻。細膩的邏輯,創造靈動的語彙。風在牆間穿梭,雨在窗外奏鳴,朝露夕霞,各有不同風情。


 

融入生活的傳統產業

一樹為木,二木成林。位於南投竹山的德豐木業,從祖父到孫兒,三代都以林木為生。祖父販售木炭、木屐起家,發展到承租林班,伐木造林;父輩研發乾燥、防蟲、防腐、防燃等木材加工技術,扭轉夕陽產業命運;孫輩傳承基業,創新木構建築工法,矢志要讓木業再起,為環保投注心力。

「木頭和我們的生活,幾千年來都分不開。」南投縣永隆林業生產合作社理事主席,也是德豐木業第二代傳人李成宗,在寬厚的原木桌上,悠然地泡著自己栽種的烏龍茶,回憶起父親創業的艱辛。

1941年,德豐木業創始人李有德看出木材和食衣住行密不可分,就從日常用品的木炭、木屐生意做起。「父親經歷過舊台幣換新台幣的年代。」當時物價飆漲,為了壓低成本,李有德上山批發原料。從下游商轉為上游商,承租林班營運,1945年創立德豐木業股份有限公司。

「父親那一代比較容易看到好木材。」台灣豐富的原始森林資源,得天獨厚。那個年代,木業蓬勃到讓人欣羨,但是風光的表象下,卻隱藏著極大的風險。李成宗記得在他7歲那年,父親趕著在過年前,要把林木銷售出去。

他出動大批人力,好不容易把林木運送下山,堆放在河邊,等待船期。沒想到一場連續大雨,把集中的林木沖散,全數漂流殆盡。血本無歸不算,還要支付收購金、開路、砍伐、運送等龐大費用。講究誠信的李有德遭此巨變,賣地賣屋,償還所有債務後,領著妻小返鄉種田。

「屋漏偏逢連夜雨」李成宗無奈地笑著說。「那一年史無前例,連稻穗收成都是空殼」,原本想用務農轉變生計的李有德,再一次遭受重創。好在他秉性仁厚,信用良好,同業們同意再給他一次機會,先墊付伐木的所有費用,讓他東山再起。「父親總是對我們說,誠信是無形的資本。」李成宗時刻記得父親的家訓,也這麼督促著兒孫。

物性調整,夕陽產業重生

李成宗繼承家業後,好光景維持不到幾年。「我這一代,林木由鼎盛逐漸走下坡。」回憶起1981年左右,鋼鐵產業興起,建築用材普遍由鋼筋取代。「那段期間,竹山100間的木材行,淘汰只剩10家。」李成宗咬牙苦撐,「不能讓爸爸的德豐,在我手裡結束啊!」只能想盡辦法求生。「我剛退伍時,全公司連我只有5個人。」慘澹的經營,讓熱愛藝術的第三代傳人李文雄,根本不想承接家業。

「很感謝屏科大和台大的幫忙。」李成宗無心插柳,沒想到卻讓沒落的傳統產業,覓得一線生機。當時屏東科技大學到竹山工業區開班講習,推廣竹材乾燥技術,李成宗好奇去聽看看,立即聯想到木材能不能運用這套乾燥技術呢?於是和屏科大建教合作,連太太也全力投入。「吳學旦教授是我們的貴人」,引導德豐木業的加工技術,一日千里。

「木材必須要先乾燥才能加工,但是烘乾過程,時間很長。」在屏科大吳教授的研發下,乾燥時間由30天縮短到3天。這項木材高溫乾燥保存處理技術,不但時間短,而且品質高。「真的是喜出望外。」李成宗難忘當年久旱望雲霓的激動,皇天不負苦心人,德豐木業終於等到重生的轉機。

治木材,猶如烹小鮮,一定要掌握原料個別不同的特性,「每種木頭都有它最適合的用途。」透過精良的木材物性調整、製材技術、接合工法,德豐木業結構用集成材2009年通過ISO-9001品質驗證,2010年防腐製程通過中華木質構造協會認證,結構用集成材不但獲得正字標記,並且是台灣唯一符合國家標準CNS11031。至此德豐木業終於站穩腳跟,並且開啟現代木構建築的命脈。

無名樹,小卒能量大

「取名無名樹,是希望破解大家對名貴木材的迷思。」其實所有的樹木,都很珍貴,即使是無名樹,只要運用得當,都是好木材。「人造林必須定期疏林,樹才會長高長大。」這些看似廢料的小雜木,只要經過加工處理,「強度可以增加2倍以上」,成為棟樑之材。只有供需市場滿足了,原始森林才能成功保育。

「樹木全身都是寶,即使是碎木屑,也有價值。」愛惜木材的李成宗,看到工廠裁切後的邊料,聯想到父親製作的木質生活用品,興起回饋社區的念頭。近二十年前就在國立台灣工藝所的積極輔導下,搭上「社區總體營造」列車、社區工藝家扶植計畫,運用既有的資源,結合地方特色,推動社區發展,形成文化產業,振興地方經濟。「木材可以由大變小,也可以由小變大。」一生沉浸在林木中的李成宗,覺得木材加工就像魔法,樂趣無窮。

創意組合,挑戰木構極限

921地震,我們的家也倒了。」李文雄和弟弟李岳峰銜命肩負起重建家園的重任。「日本很多百年古蹟都是用木頭蓋的」,既然水泥磚塊如此脆弱,那麼用自家現成的材料,回歸老祖宗的房舍,會不會更經得起考驗?「一切從頭學起,蓋了3年才完工」,木構建築深奧的內涵,讓李文雄沉迷探究。走進李家挑高48的迎賓大廳,跨距長達6米的主樑,大氣沉穩地支撐著整個家族。3層樓的仿古木構建築,結合現代工法和材料,展現古樸的氣勢。

「一般人認為木構建築不可靠,現在都有技術克服。」德豐運用無毒或低毒性處理,讓木材耐候保存,抗拒蟲害。環保型硼酸鹽木材耐燃保存處理,品質達到內政部耐燃3級標準。「我們都認為鋼鐵比木材堅固耐火,但是當溫度達到臨界點,鋼鐵會脆弱到瞬間崩毀。」反而是木材燃燒後炭化,會形成天然的絕緣層。「這些都是推動木構建築時,客戶心中的疑慮。」德豐用具有公信力的實驗數據,建立市場信心。

2005年德豐木業開始跨足建築,十多年來,接案50餘件,由中台灣到南、北、東台灣,甚至加拿大、深圳,都留下足跡,也創下無數讓人激賞的建築作品。

「木頭的可塑性很高。」2009年德豐木業和姜樂靜建築師合作的台中大墩國小體育館屋頂,40米跨距的彎曲集成材,是國產結構使用集成材的第一例。

2016年完成的台東池上車站氣勢壯闊的大廳,單支曲樑長度達8.5米,是台灣現今尺度最大的國產結構用彎曲集成材建築。材積數量超過100立方公尺,以內埋鐵板方式組裝,再用金屬摩擦栓嚴密固定。採取特殊工法,保障結構安全。一次又一次,挑戰木構建築的極限。

現代工法,創新木構好宅

直到「半半齋」,德豐突破材料供應商和局部輔佐的角色,獨挑大樑。初試啼聲,就讓人驚豔,抱回2018台灣住宅建築首獎。「半半齋」用高規格訂製扣件,取代傳統榫接的現代工法,讓木構建築與時俱進,更加穩固。整棟建築沒有過多的綴飾,善用木材的本質,傳遞溫潤的禪語,愈是開放,愈是無拘,創造出無限的可能。

「半半齋」因地制宜,運用了六、七種不同的木料,時時飄散著原木的馨香。既具功能性,更流露高雅氣質。「木材是活的,潮濕時,它會吸收水氣,等到天氣乾燥時,它又緩緩釋放。」物理調節的原始特性,讓木構建築更加舒適寧靜。

由抗拒到接納,由生疏到嫻熟,李家第三代的李文雄和李岳峰走出守成,用創新開展傳統產業寬廣的未來。「木材的含碳量很高,如果把碳保存在木材裡,阻斷碳足跡,就是節能減碳。」減少鋼鐵的用量,就可以杜絕提煉的污染。德豐守護大地的願景,吸引三十多位年輕人用熱忱和專業,齊心投注。

「台灣有很好的實力,只是沒有整合。」千年傳承的優良工法,搭配現代的精密元件,競爭力無庸置疑。客製化的商品,高品質的精密焊接技術,與國外產品相比,絲毫不遜色。而今老師傅猶在,卻欠缺搭配工班。「我希望建置出系統化的工法」,當一切元件和流程都上了軌道,就可以克服現今木構建築施作費用高,施工時間長的種種阻礙。這是德豐木業的宏願,也是品味木構好宅的契機。

相關文章

近期文章

英文 日文

Exploring Wood’s Potential

Lee Shan Wei /photos courtesy of Chuang Kung-ju /tr. by Scott Williams

Owned by the same family for three generations, Te Feng Lumber Company has survived nearly 80 years of ups and downs in the lumber industry, reveling in the peaks and suffering through the lows. In recent years, the company has pioneered the industry’s sustainable revival by offering “warm” woods as an alternative to “cold” concrete and steel, and creating environmentally friendly homes that “breathe.”

Te Feng’s “Half-Half House,” a year-long project that represented the company’s first attempt at integrating design with practice and structure with landscape, earned top honors at the 2018 Taiwan Residential Architecture Awards.


 

Making it relevant

Te Feng is a family-owned business located in Zhu­shan Township, Nan­tou County. Company founder Li ­Youde, grandfather of the current general manager, started the business selling charcoal and clogs, then expanded it by renting a section of forest, cutting trees, and planting saplings. His son, Li Cheng­zong, kept the business going in the face of an industry-wide decline by developing new processes for drying lumber, and for making his products resistant to pests, rot, and fire. Li ­Youde’s grandsons have vowed to revive the lumber business and focus on environmental sustainability. Under their leadership, the company has developed innovative methods for constructing wooden buildings.

“Our way of life has been inextricably bound to wood for thousands of years,” avers Li Cheng­zong, who now chairs the Nan­tou County Yong­long Lumber Industry Association.

Li Youde went into business in 1941 selling everyday products made from wood. When inflation ate into his profits, the elder Li sought to cut his costs by sourcing raw materials from wholesalers in the mountains. He then rented a plot of forest land, and transformed his retailing enterprise into a raw materials supplier. Li formally established Te Feng Lumber Company, Ltd., in 1945.

In those days, Taiwan possessed abundant forestry resources and a booming timber industry. But timber businesses faced risks even in those heady times.

Li Cheng­zong shares a boyhood memory of his father hustling to sell the company’s lumber in the period before the Chinese New Year. The elder Li’s hard work had seemingly paid off: he had managed to get the logs out of the mountains, and had them stacked by the river awaiting transport by ship. But then a series of major storms washed away every one of them. It was bad enough that he’d wasted so much effort, but he also had to pay for logging rights, cutting the trees, building roads to get the trees out of the forest, and transporting the logs. The scrupulously honest Li sold his land and home to settle his debts, then returned to his hometown with his wife and child to farm.

“It never rains but it pours,” says Li Cheng­zong with a wry smile. “The rice plants failed to produce any grain that year. No one had seen anything like it.” It was another blow to the elder Li, who had expected to support his family by farming. Fortunately, he had a good reputation and outstanding credit, which encouraged some lumber industry peers to lend a hand: they advanced him enough money to cut some trees, which enabled him to rebuild his business. “Father always told us that honesty was a valuable intangible asset.” Li Cheng­zong has instilled the same principles in his own children.

Revitalizing a sunset industry

The good times didn’t last long after Li Cheng­zong took over the company. “My generation saw the lumber industry peak and then go into gradual decline.” When the steel industry began to take off around 1981, steel rebar gradually became a ubiquitous replacement for wood as a construction material. “Around that time the number of lumber companies in Zhu­shan plummeted from about 100 to only ten,” says Li.

Li says that he’s very grateful to National Ping­tung University of Science and Technology and National Taiwan University for the help they provided in guiding the rapid advancement of Te Feng’s processing technology.

NPUST professor Wu Xue­dan’s research into high-temperature drying and preservation enabled Te Feng to cut the time required to dry its lumber from 30 days to just three, while also producing high-quality lumber. It was a turning point for the company.

Different woods have different characteristics, with each having applications for which it is best suited. In 2009, Te Feng earned ISO 9001 quality management certification for its structural glued-laminated timber (glulam), which uses a variety of woods and manufacturing technologies. Te Feng’s glulam has since received Taiwan’s CNS Mark, making it the only domestic product to have gained certification under the CNS 11031 national standard. The company has also earned certification from the Chinese Wood Construction Buildings Association for its rot-proofing processes.

The power of anonymity

“We call our glulam product ‘the nameless tree’ to distance it from the myths people associate with woods from well known tree species.” In fact, all trees are precious, and even wood from “nameless” trees is useful in the right applications.

“Every part of a tree should be treasured. Even wood shavings have value.” When Li Cheng­zong looked at the trimmings scattered around the factory, he recalled the everyday products his father made, and began thinking about giving back to the community. Nearly 20 years ago, those thoughts led him to climb aboard the community development bandwagon and get involved in the effort to promote community crafts, under the guidance of what is now called the National Taiwan Craft Research and Development Institute. This institute’s community development program draws on extant resources and the character of individual communities to establish cultural industries, promote community development, and revitalize local economies.

Exploring wood’s capabilities

When the Li family home was among those knocked down by the Jiji Earthquake in 1999, Cheng­zong’s sons Richard and Jason Lee took on the task of rebuilding it. “It took us three years to complete. We had to learn everything from scratch.” Along the way, Richard fell in love with the art of building wooden structures.

“Technological workarounds now exist for all of the problems we traditionally associate with building in wood.” For example, Te Feng uses non-toxic or low-toxicity processes to make its woods durable and pest-resistant. The company has earned the market’s trust through its use of experimental data to back up its claims, and has developed an environmentally friendly borate preservation treatment that also meets the Ministry of the Interior’s Tier-3 standard for flame resistance.

Te Feng expanded into construction in 2005. It has worked on more than 50 projects in the years since, racking up admirable firsts all over Taiwan, and as far afield as Canada and Shen­zhen.

“Wood has a high degree of plasticity.” In 2009, Te Feng and architect ­Chiang Le-­ching created a roof for the gym at Tai­chung’s Da Dun Elementary School that required curved glulam to span 40 meters. It was the first use of domestically produced glulam.

In 2016, the company used 8.5-meter-long arched glulam beams to construct the concourse of Chi­shang Train Station in Tai­tung, the longest structural glulam produced in Taiwan to date. The structural members, comprising more than 100 cubic meters of material, were assembled using steel connector plates and friction bolts to ensure the structure’s stability. With this project and others, Te Feng has continued to push the boundaries of what can be built with wood.

Modern methods

The “Half-Half House” project extended Te Feng’s business model, successfully modernized and further stabilized wooden construction through its use of high-grade custom fasteners instead of traditional joinery, and earned the company a 2018 Taiwan Residential Archi­tecture Award.

The “Half-Half House” fits well into its surroundings. Built from six or seven varieties of timber, it smells pleasantly of wood, and is elegant looking as well as functional.

Building on the accomplishments of their elders, Richard and Jason Lee are using innovation to open up new vistas for an old industry.

“Taiwan has outstanding capabilities, but they aren’t very well integrated.” Taiwan’s customized parts and high-quality precision welding are a match for anything produced abroad, and Te Feng’s efforts to combine thousand-year-old methods with modern precision parts have yielded very competitive results. The Lees believe that getting all Te Feng’s products and processes on track will enable the company to overcome wood construction’s high costs and relatively slow build times. Doing so will not only mean achieving a corporate ambition, but will also provide the public with the opportunity to appreciate the pleasures of wooden homes.

木材産業の変遷を経て

文・李珊瑋 写真・莊坤儒 翻訳・久保 恵子

三代続く徳豊木業は、この百年の林業の変遷を見続けてきた。最盛期から没落に瀕した時期まで、徳豊木業は木材の潤いで、冷たいスチールとコンクリートを迎え撃つ。環境にやさしい無害な建築を旨に、自然に呼吸する住宅をもって木材産業の持続可能な発展を期す。

2018年台湾住宅建築賞で、徳豊木業は「半半斎」により1位を受賞した。工期一年をかけ、設計から施工まで手掛けた作品で、ユーザーの立場から、建築を風景に融合させた。現代工法を用い、木造建築の独特な味わいを生み出す。風が吹き抜け、雨が窓を打ち、朝霧夕靄とそれぞれの趣きを見せている。


生活に根差した在来産業

南投県竹山に位置する徳豊木業は、祖父から孫までの三世代、木材に携わってきた。祖父は木炭や下駄の販売から身を起し、林班(ある程度ひとまとまりとなった森林)を借り受けて伐採と造林を行うようになった。父の代では乾燥、防虫、防腐、耐火などの加工技術を開発し、斜陽産業から運命を切り開こうとした。孫の代になって、木造構造の建築工法を開発し、木材産業の再興と環境保全に力を注ぐようになった。

「木と私たちの生活は、数千年来切り離せないものでした」と、南投県永隆林業生産合作社の主席理事で、徳豊木業二代目の李成宗は、分厚い原木のテーブルに悠然と自分で栽培した茶を立てながら、父の創業の苦労を思い起す。

1941年、徳豊木業の創業者李有徳は、木材は一般の人の衣食住と切り離せないと考え、日用品の木炭や下駄の商いを始めた。「父は旧台湾ドルが新台湾ドルに切り替わるインフレを経験しました」と、物価高騰の当時、原価を圧縮するため、李有徳は山から直接原料を買い付けた。さらに川下から川上業者に転換し、林班を借り受けて運営に乗り出し、1945年に徳豊木業股٪ڤ有限公司を設立した。

父の時代にはよい木材が簡単に手に入ったという通り、台湾は原生の森林資源が豊かという、他にない強味があり、その時代の林業の発展は人も羨むものだった。しかし、発展の影に大きなリスクを抱えていた。

李宗成が七歳の年、父は旧正月前に木材すべて売りさばこうと、多くの人手を雇って、木材を山から下して川べりの集積場に集め、船を待っていた。それが何日も大雨が続き、集めた木材は全て流されてしまったのである。元手は帰らず、さらに買付代金、輸送などの巨額の費用が残った。信用を重んじる李有徳は、家や土地を売って債務を返済し、妻子を連れて故郷に戻り、田を耕すことにした。

李成宗はやるせない笑顔で「悪いことは続くもので、その年は前例のない凶作でした」と、農業で生計をと考えた李有徳にまたも不運が続いた。しかし、温厚で信用のある李有徳に対し、同業者がもう一度機会を与えようと、木材伐採の費用を立替えてくれた。「父はいつも信用こそ無形の資本と言っていました」と、李成宗は父の家訓を子孫に伝えている。

性質の調整で斜陽産業を再生

李成宗が家業を継ぐと、好景気は何年も続かなかった。1981年前後は鉄鋼産業が盛んとなり、建材は木材から鉄筋に替わっていった。「竹山に百軒くらいあった材木問屋は、十軒しか残りませんでした」と言うが、李成宗は父の徳豊木業を自分の手でつぶしてはならないと、歯を食いしばって、家業を守ろうとした。「兵役を終えた時、会社には私を含めて5人しかいませんでした」と、当時の状況を語る三代目の李文雄には、家業を継ぐ気がなかった。

それが今では「屏東科技術大学と台湾大学には感謝しています」と李成宗は言うが、偶然の機縁が木材産業を助けることになる。当時、屏東科技大学は、竹山工業区で竹材の乾燥技術を紹介する講座を開設した。たまたま講座に参加した李成宗は、これを木材乾燥に応用できないかと考えた。そこで大学との産学協力が始まり、徳豊木業の木材加工技術は飛躍的に進歩する。

木材は伐採してから乾燥させないと加工できないが、この乾燥に時間がかかった。それが屏東科技大学の呉学旦教授が開発した技術で、乾燥期間は30日から3日に短縮された。しかも木材の品質は却ってよくなったのである。李成宗はその時の天にも昇る喜びを今も忘れない。徳豊木業は再生のための転機を迎えたのである。

無名樹、小兵の大きなエネルギー

木材は種類ごとに最適な用途がある。精密な木材の性質調整と、優れた製材技術と接合技法を用いて徳豊木業が製造した構造用集成材は、2009年にISO-9001の品質認証を、2010年に防腐製造工程が中華木質構造協会の認証を受け、さらに構造用集成材は中華民国の品質保証である正字標記を取得し、台湾では唯一の国家標準CNS11031も受けている。

無名樹と名付けたのは、高価な材木に対する盲信を打ち破るためで、どんな木でも、名もない木でも、使い方が適切ならよい材木となることを意味している。「人工林は定期的に間伐しないと、よい材木となりません」と言う通り、間伐した小さな木でも、加工処理を加えると強度は2倍以上になり、柱や梁に使える。市場の需要を満たせなければ、原生林の保護は難しくなる。

「樹木は全て宝、木屑でも価値があります」と語る李成宗は、切断した端切れを見ると、父が作った木製の生活用品を思い起し、地域貢献を考えるようになった。20年ほど前、国立台湾工芸所の指導により、地域活性化のための工芸家育成計画に乗り、既存の資源を運用して、地域の特色を具えた文化産業を興し、地方経済を振興するために協力している。

 独創的な組合せで

木造の限界に挑む

1999年の台湾大地震で家が倒壊した李文雄と弟の李岳峰は、家の再建の重責を負った。日本の多くの建築は木造で何百年も堪えるし、コンクリート建築がこんなに脆弱であるなら、自分の材木を使って建てられないかと考えた。一から木造建築を学び、三年かけて家を完成させたのだが、木造建築の奥深さに李文雄は魅せられた。

木造建築にはこれまでいいイメージがなかったが、現在は技術的に克服できると言う。徳豊木業では、無害あるいは毒性の低い処理を行い、虫害に遭わず、気候の変化にも強い材木加工を行っている。環境にやさしいタイプの硼酸塩で処理した耐火性の木材は、内政部の難燃三級基準を満たしている。信頼性の高い徳豊木業の実験の結果から、市場からも信頼を寄せられている。

2005年に建設業に足を踏み入れ、請け負った50件余りの工事は、台湾全土からカナダ、深&`にまで及び、各方面から高い評価を受けた。

2009年には、建築家の姜楽静と台中の大<[小学校の体育館を請け負い、40メートルのアーチの屋根を湾曲した集成材で作り上げ、国産の構造用湾曲集成材を使用した最初の例となった。

2016年には、長さ8.5メートルの梁を使用した台東県池上駅ホールを完成させ、これは現在のところ、台湾では最大の国産構造用湾曲集成材の建築となった。この梁は体積100立方メートルを超え、内部に鉄板を埋め込んで組み立て、金属摩擦のボルトで固定している。特殊な工法を採用し、構造の安全性を確保しながら、木造建築の限界に挑戦を続けているのである。

現代的工法でイノベーション

「半半斎」の施工では、それまでのサプライヤーであり、補助的であった役割から踏み出し、独自に建築を試みた。その結果は驚くべきもので、2018年台湾住宅建築最優秀賞を受賞した。この「半半斎」工事では、伝統的なほぞや継ぎ手に代え、厳しい規格の特注部品を用い、木造建築をより安全で強固なものにした。

「半半斎」は地産地消を考え、数種の地元の材木を組み合せて、時に原木の香りが漂い、機能性に優れながら、清雅な趣きを醸す。「木は生きていて、湿気が多いと吸収し、乾燥すると水分を放出します」と説明する通り、自然の調節機能が木造建築をより快適なものとしてくれる。

当初は敬遠された木造建築が次第に受け入れられ、李文雄と李岳峰は新しいイノベーションで伝統産業に広い未来を切り開いた。木材は炭素を多く含むが、これを木材に閉じ込めて置き、カーボンフットプリントを断ち切れれば、省エネと低炭素に結びつき、また鉄鋼の使用量を減らせれば、それだけ汚染も防げる。大地を守るという徳豊木業のビジョンに惹きつけられ、30人余りの若者が木材産業と木造建築の世界に入ってきた。

台湾には資源と実力があるのに、うまく統合されてこなかった。千年受け継いできた優れた工法に、現代の精密な部品を組み合せれば、その競争力は疑いない。カスタマイズした商品に高いレベルの精密な溶接技術を見ると、海外の製品にも引けを取らない。すべての部品とプロセスがシステム化されれば、現在の木造建築の施工費用の高さや、施工期間の長さなどの問題も解決できるだろう。これが徳豊木業のビジョンであり、質の高い木造住宅の建設の鍵となるのである。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!