93師咖啡 延續泰北孤軍的故事

:::

2017 / 8月

文‧龍珮寧 圖‧林旻萱 翻譯‧Robert Green


台灣作家柏楊創作的戰爭小說,在1990年改編成同名電影《異域》與李立劭導演的紀錄片《那山人 這山事》,正都訴說著這群近凋零、漸被遺忘「泰北孤軍」故事。

5月18日的午後,正逢台北市萬安演習,警報聲響起前,一群咖啡愛好者早已齊聚在一起,參與「泰北咖啡分享會」,一邊喝著來自泰北「93師莊園」有機種植的手沖咖啡,一邊聽著主辦人、孤軍第三代沈培詩分享土地認同的故事。

 


 

沈培詩,來自泰國北部清萊省帕黨村(Phatang),她是泰北孤軍第三代。

現年27歲的她,總是穿著象徵軍人的綠色上衣,配戴的手飾則是能為她帶來「幸運」的藍色大眼睛圖騰。身形嬌小、及肩髮型、說著流利中文的她,在台灣求學期間,曾毛遂自薦在學校附近的「老柴咖啡館」工讀,從最基本的服務、認識咖啡及沖泡技術開始學習,返泰後,在曼谷市以家鄉生產的咖啡豆品牌開設「93Army Coffee」(93師咖啡店),用咖啡香延續這段泰北孤軍的故事。

泰北種咖啡 孤軍蛻變的故事

「93Army Coffee」位於曼谷大學、地鐵站(BTS)「Ekkamai」附近,遊客循著咖啡馨香推門而入,充滿軍事風及工業風設計的環境映入眼簾,店內的軍事文物佈置,宛如走進泰北孤軍的歷史長廊。

點杯手沖溫熱咖啡,店內文宣品及佈置正帶領每位遊客從感官到知覺,從每口流入味蕾的咖啡重新閱讀這段漸逝的國共內戰與泰北孤軍史。

「93師」對現今大多數人而言是陌生的名詞,即便是外國遊客看到店名時,也常會好奇並提高音量的詢問「93Army? What?!」

「93師」咖啡的商標是國民政府革命軍第93師指揮官「沈加恩」的肖像,1949年國共內戰期間,部分國民政府軍輾轉從雲南翻山越嶺,一路顛沛流離撤守到泰緬邊境,今常以「泰北孤軍」稱之。直至1970年,93師軍隊協助泰軍討伐泰共(泰國的共產黨)以保護泰北地區,於此獲得泰國身分得以安心居留於泰北。止戰後,他們從拿槍打仗的軍人,轉變為改拿鋤頭耕地的農人。

泰北素有「金三角」之稱,曾是提煉鴉片原料的罌粟花種植地,然而,罌粟花不僅重創泰國國際形象,也影響當地環境的水土保持。1969年前泰皇蒲美蓬陛下來到泰北地區視察,成立「泰國皇家計畫基金會」(Thailand Royal Project Foundation)。

蒲美蓬陛下啟動「皇家計畫」(Royal Project)並與「中華民國國軍退除役官兵輔導委員會」(退輔會)、「財團法人國際合作發展基金會」(國合會)農業技術團合作至今,提供泰北當地居民農業技術協助,藉由種植高經濟價值的農作物取代罌粟花。如今只要是「皇家計畫」的農產品都深受泰國人民及國際旅客好評。

沈培詩的父親、泰北孤軍第二代「沈慶復」曾來台灣接受中學及大學教育,畢業後回到泰北家鄉種植高經濟價值的農作物,直到2009年引進咖啡苗並以沈加恩之名成立「93師咖啡莊園」,開啟與咖啡的不解之緣。

看似高經濟價值的咖啡豆,在收成後透過中盤商低價收購,賣到市場,沈慶復當時只知種植技術,連一杯都沒有喝過,對於「咖啡」是什麼更是一竅不通,而這也是許多咖啡農的情況——喝不起一杯咖啡。

第三代沈培詩在父親鼓勵下,也到台灣讀書。沈培詩的興趣是服裝設計,並以此為第一志願,身為長女的她經過反覆思考,也希望將來運用所學為家鄉努力,進而選讀企業管理。也因為泰北家鄉種植咖啡,沈培詩主動到台北大學附近的老柴咖啡館打工,從實做中認識咖啡,畢業後,在家鄉規劃開設咖啡店。

創業緣起 農民喝不起咖啡 

多數遠赴國外留學者,畢業後往往會留在當地找工作,沈培詩一心一意想要回到家鄉,運用在台灣所學的專業來就業,她認為從既有的資源(咖啡豆)去做,盡力就會有好成果。

家鄉帕黨的咖啡豆都種植在海拔1,200-1,600公尺的高山上,由於種植面積不大,產量有限而無法與量產的商業豆競爭。

加上收購價和烘焙過後成品的售價差距數倍以上。例如,收購價是20元,經過中盤商轉手,烘焙後的市場價是100元,咖啡店內販售的百元咖啡對咖啡農而言,卻是喝不起的奢侈飲品。

在泰國皇家計畫下生產的泰北農產品具有一定的品質,也深受泰國人支持,甚至外國遊客也常搶購成為伴手禮,遠近馳名的皇家牛乳片、皇家蜂蜜等是台灣訪泰遊客的必買清單。

沈培詩深感泰北咖啡知名度僅限於泰國境內,而在東南亞的咖啡產地,又以印尼和越南最為聞名,她在受訪時,流露些許落寞,但也更加深她推廣泰北咖啡的使命,讓世界循著「好咖啡」走進泰北的咖啡莊園。

「農民對於種植具有專業技術,不過,收入扣除生產成本後所剩無幾,利潤全由中盤商及國際食品企業掌控。」有心提升家鄉農民生活品質的沈培詩,願景是讓更多人認識泰北地區及泰北的精品咖啡。

「Good coffee can be bad coffee, but bad coffee is still bad coffee.」(譯:好咖啡有可能成為劣咖啡,然而劣咖啡仍是劣咖啡。)她說。

從種植到成為一杯香醇的咖啡,每個過程都是專業,咖啡農擁有種植技術,從採收到販售的過程,藉由技術可增加咖啡價值,而這些技術就是她在台灣所學的企業管理、行銷學、咖啡豆處理及辨識等專業,要成為好咖啡則每一階段都需重視。

這是創業最初的想法。

萬事起頭難,獲得家人支持的沈培詩決定在高度國際化的曼谷市創業。二十多歲的她在沒有任何規劃下就開店了,她回憶起當時的這股衝動還是覺得「太冒險」,沒有任何經驗的她不諱言曾經想要放棄,當店門一開面對的是能否服務周全,遞給客人咖啡時不知味道符合嗎?當每到晚上打烊時,集結一日的壓力與疲勞都顯現在倦容上。

「會喝咖啡不代表能開咖啡店,學習企管不代表就能經營。」吃足苦頭的她仍堅持做下去,邊做邊學並調整步伐,從2014年10月創業至今,93師咖啡店不僅能喝到泰北有機栽種的純阿拉比卡豆咖啡,也能吃到有台灣味道的刈包漢堡。

勤學不倦的沈培詩不斷的自我精進,專注於咖啡領域的她也獲得美國咖啡師執照、烘焙師執照,現今常獲邀擔任咖啡比賽評審或是顧問。她是創業家也是教育家,常有慕名前來93師咖啡店的海內外遊客,向她學習咖啡技術及如何成為一名咖啡師。

永續經營 合理交易

沈培詩一直不忘創業初衷就是打響家鄉咖啡品牌,提升農民收入,以便專注於提高咖啡豆的品質。

收成時是農忙季,採摘的工人經常供不應求,結實累累的咖啡豆需要分批細心摘下已成熟的紅色果實,其他半熟或未熟的應該等成熟後再採摘。對比微薄的日薪,分批採收是耗費時間且沒有效率的事。

採收的咖啡豆成熟程度若不一致,會影響烘培時咖啡的品質,因此講究的沈培詩不僅教育農民如何採收,也藉由社群媒體號召國際志工一同上山,從實作帶領咖啡愛好者體會,一杯好咖啡的誕生是需要歷經一段辛苦過程才能實至名歸,同時也注入「永續經營、合理交易」的理念。

沈培詩是「泰國精品咖啡協會」(Specialty Coffee Association of Thailand, SCATH)的一員,定期與精品咖啡協會成員及志工一同到泰北山區協助當地咖啡農。

他們在野外搭著簡易帳篷,白天到咖啡莊園內分送並協助種植咖啡苗,不過,每個山區的氣候、緯度條件不一,適合的咖啡品種也不一,有時需要種植後才能評估是否合適合此處,然而這些都需要長時間等待。

與當地農民形成的互動並非建立在買賣雙方的利益價值上,沈培詩穿著雨鞋,蹲下身,一手拿著咖啡苗,一手拿鏟挖土,將每株代表未來希望的咖啡苗親手種下,她形容自己是個「農夫」。

每到晚上,蛙嗚蟲叫聲與夥伴們的笑聲攙和著,來自世界或全國各地有志一同的咖啡愛好者,一同喝咖啡、聊咖啡直到半夜。沈培詩還說,在山上煮的咖啡特別香醇美味。

沈培詩讓泰北的咖啡莊園走向精品咖啡,掛著93咖啡莊園招牌的咖啡豆都是兼顧品質及環境永續的理念,每一杯咖啡的生產覆歷都是誠實揭露,包括來自那一山區、處理流程及時間。對於農民也提供合理交易價格,當農民生活改善,便會用心照顧咖啡豆,消費者也能喝到好品質的咖啡,這是正向的回饋,也是對農民的鼓勵。

93師咖啡在沈培詩一步一腳印的經營下,落實「永續經營、合理交易」用家鄉的咖啡豆創業,掌握原料品質及通路,讓喝下的每一杯都是被認可的好味道。

沈培詩定期往來台灣與泰國,除了參加咖啡展覽外,日前還曾在台北舉辦「咖啡分享會」,並宣布93師咖啡正式引進台灣販售。未來也希望能在台灣開設分店,93師咖啡帶來的不僅是泰北孤軍生命故事的延續,更多的是台灣與泰國深化的農業技術合作,以及永續經營、合理交易的農業消費模式。

相關文章

近期文章

EN 日本語

93Army Coffee Granddaughter of a Forgotten Army

Lung Pei-ning /photos courtesy of Lin Min-hsuan /tr. by Robert Green

The Alien Realm, a war novel by Taiwan-based author Bo Yang, its 1990 film adaptation A Home Too Far, and the documentary Stranger in the Mountains by Taiwanese director Lee Li-shao, all tell the story of Nationalist soldiers stranded in northern Thailand at the end of the Chinese Civil War, a generation that is nearly extinct and slowly fading from memory.

On the afternoon of May 18th, a group of coffee lovers gather at a venue in Tai­pei to sample coffee from northern Thailand. They sip organic pour-over coffee from the 93Army Coffee Plantation while listening to Liz Shen, founder of a coffee shop in Bangkok, talk about her sense of local identity. She is the granddaughter of one of the soldiers from that stranded Chinese army.

 


 

Liz Shen (Thai name Cha­mai­porn Cha­roen­­tang­som­but) hails from the village of Pha Tang in northern Thailand’s ­Chiang Rai Province.

Twenty-seven-year-old Shen is fond of wearing army-green shirts and eyeball finger rings that she believes bring her good luck. Petite with shoulder­-length hair, she speaks Chinese fluently. While studying in Taiwan, she worked part-time at the Lao Chai Café House near her university. She learned the basics of serving coffee, from the beans to brewing techniques. After returning to Thailand, she opened 93Army Coffee, which serves coffee made from beans grown in her hometown, allowing her to keep alive the story of the lost Chinese army through the aroma of coffee.

Hometown coffee and a community’s evolving story

Visitors to 93Army Coffee, located near Bangkok University, are drawn in by the aroma of brewing coffee. A martial atmosphere permeates the industrial-style space. It is decorated with military memorabilia, making visitors feel like they have entered an exhibit on the history of the abandoned Nationalist soldiers.

The name often piques the curiosity of foreign visitors, who pipe up and ask, “93Army? What?!”

The logo for 93Army Coffee is an image of Shen Jia’en, a commander of the 93rd Division of the National Revolutionary Army of the Republic of China. In 1949, at the end of the Chinese Civil War, remnants of the NRA made an arduous journey through the mountains in China’s Yunnan Province and crossed into Thailand and Burma, after which they became known as the “lost army.” Up to 1970 the 93rd Division helped Thai forces suppress a communist insurgency and protect northern Thailand. In return the Nationalist soldiers were granted Thai citizenship and were able to peacefully settle in the north. After the conflict, they put down their arms and settled down to farm in the area.

Northern Thailand has long been known as part of the Golden Triangle, once used to cultivate poppies for opium production. However, the opium trade harmed Thailand’s image and caused environmental degradation in the area. In 1969 Thailand’s late king, Bhumibol Adulyadej, visited northern Thailand and initiated the Royal Project Foundation.

The Royal Project founded by King Bhumibol, the ROC’s Vocational Assistance Commission for Retired Servicemen (now the Veterans Affairs Council), and agricultural assistance teams from the International Cooperation and Development Fund have since been working together to improve farming methods in northern Thailand and to replace opium poppies with other high-value cash crops.

After completing studies in Taiwan, Liz Shen’s father, Shen Qingfu, returned to northern Thailand and began to cultivate cash crops. In 2009 he established the 93Army Coffee Plantation, beginning what would become a lasting involvement in the coffee business.

At the time Shen Qingfu was familiar only with coffee cultivation techniques. He had never had a cup of coffee, which was a completely foreign thing to him. It was not an uncommon phenomenon for the planters to be unable to afford a cup of coffee.

Her father’s encouragement convinced Liz Shen to study in Taiwan. She wanted to put her academic studies to good use when she returned home and chose to focus on business management. She eagerly took up part-time work at Lao Chai Café House near the National Taipei University branch campus in Sanxia, and learned about coffee firsthand. She planned to open a coffee shop of her own in her hometown after graduation. 

An entrepreneur’s precious brew

While many students studying abroad end up staying in the host country and seeking jobs after graduation, Shen was intent on returning home to Thailand and starting a career that would put her studies to practical use. She worked hard to develop a business around the local coffee crop. 

Pha Tang’s coffee is cultivated in highlands between 1,200 and 1,600 meters above sea level. Production is limited by the paucity of arable land, and competition with large-scale producers is not possible.

Moreover, the retail price of roasted coffee beans is many times the wholesale cost of the raw beans. The coffee sold in the shop, which costs 100 baht and up per serving, is far too pricey for the farmers who grow it.

It is one of the high-quality products that have resulted from support by the Royal Project. They are popular among Thai customers and foreign tourists who often buy them as gifts.

Shen is well aware that the coffee grown in northern Thailand is widely known only in Thailand and that among the coffee-growing regions of Southeast Asia, coffee produced in Indonesia and Vietnam is more famous. During our interview this seems to pain her, yet it only increases her determination to promote northern Thai coffee and ensure that the world learns that good coffee is also to be found in the plantations of northern Thailand.

“Good coffee can be bad coffee, but bad coffee is still bad coffee,” she says.

Each step in the process of making a rich cup of coffee, from planting to pouring, takes specialized professional skills. Cultivating coffee requires specialist knowledge through each step from harvesting to ­selling. The skillful application of professional knowledge can increase the value of the coffee. These were the skills she had learned in Taiwan—business management, marketing, how to process coffee beans and how to assess their quality. Each step must be given its proper attention to produce good coffee.

Such was her thinking when she started her business.

But looking back at how she opened her shop in her twenties without much of a plan, she thinks that her impulsiveness was really risky. She admits that the inexperienced entrepreneur that she was back then had thoughts about giving up on the business. 

“Being a coffee drinker doesn’t mean you’ll be successful at opening a coffee shop, and studying management doesn’t mean you’ll know how to run it,” she says.

She has persevered through all her hardships, learning through experience. Since the shop opened in October 2014, 93Army Coffee’s customers have been able to drink a brew made from pure Arabica coffee beans and nibble on Taiwanese-style guabao sandwiches.    

Interested in all things coffee, she also earned her barista certification in the United States and is often invited to serve as a judge or consultant for coffee competitions. She is both an entrepreneur and an educator and is frequently sought out by visitors from Thailand and abroad who want to study her specialized knowledge or learn how to become baristas. 

Embracing sustainability and fair trade

Shen has never forgotten that her motivation for starting her business was to help raise the incomes of farmers by improving the quality of their coffee beans.

At harvest time, pickers are often in short supply. The ripe red beans must be painstakingly plucked one by one from the clusters, leaving semi-ripe and unripe beans for harvesting at a later date. It is very tempting for farmers to try to reduce their wage costs by harvesting all the beans at the same time.

But if the maturity of the harvested beans is not consistent, roasting and quality will be affected. Shen therefore uses her considerable understanding of coffee to advise farmers on harvesting. She also leads people involved in the coffee trade to experience coffee farming themselves, helping them to understand that a good cup of coffee earns its name only through an arduous process.     

To this end Shen, a member of the Specialty Coffee Association of Thailand, regularly accompanies other association ­members and volunteers on visits to assist the coffee farmers in the highlands of northern Thailand. 

They pitch simple tents in the countryside and spend their days at the coffee plantations distributing and planting seedlings.

Wearing rubber boots, Shen squats down and with a trowel in one hand digs a hole for the seedling that she holds in the other. Each seedling that she plants with her own hands represents hope for the future, and no matter what else she does in life, she likes to describe herself as a simple farmer.

Each night, the enthusiastic coffee lovers sip coffee together and talk about coffee late into the night. Shen says that mountain-brewed coffee is especially delicious.

Shen has turned the coffee from the northern Thai plantations into a boutique product. Coffee beans sold under the 93Army brand reflect her embrace of superior quality and sustainable growing methods, and each step of production is transparent. She also pays fair prices to the farmers, believing that as their quality of life improves they will also more meticulously care for the coffee plants, so that superior-quality coffee is produced for the enjoyment of consumers. This results in positive feedback and further encourages the farmers.

Shen has developed 93Army Coffee one step at a time, from implementing sustainable development and fair trade practices to building a business based on local coffee beans and on understanding and accessing the highest-quality resources, in the hope that each cup of coffee will win the approval of coffee drinkers.    

Shen also travels regularly between Thailand and Taiwan, where she attends coffee exhibitions and recently held a coffee tasting event at which she launched the sale of 93Army Coffee in Taiwan. She also hopes to open a branch of her coffee shop in Taiwan. While the company helps keep alive the story of the stranded Nationalist soldiers, it also represents the increased sharing between Taiwan and Thailand of agricultural techniques, including environmentally sustainable methods and fair trade practices.

タイ北部残留軍の物語を伝える「93師珈琲」

文・龍珮寧 写真・林旻萱 翻訳・山口 雪菜

台湾の作家・柏楊の戦争小説で1990年に同じタイトルで映画化もされた『異域』、それに李立劭監督のドキュメンタリーフィルム『那山人 這山事(Stranger in The Mountains)』は、いずれも国共内戦で雲南省からタイ国境地帯へ逃れた国民党軍の残留部隊の物語である。

5月18日の午後、台北市で万安演習(防空演習)が行なわれた日、演習開始のサイレンが鳴る前にコーヒー愛好家が集まっていた。「タイ北部コーヒー・シェアの会」と銘打つ会で、タイ北部国境地帯の「93師荘園」のオーガニックコーヒーを味わいながら、主催者でありタイ北部残留国民党軍三代目の沈培詩のアイデンティティの物語に耳を傾けた。


沈培詩はタイ北部山岳地帯のチェンライ県Phatang村出身の残留国民党軍の3世である。

27歳の彼女は、いつも軍人の象徴であるモスグリーンの上着を着て、幸運をもたらすと言われる青い目のアクセサリーをつけている。小柄で髪は肩まで、中国語を流暢に話す彼女は、台湾の大学に通っていた時に学校近くの「老柴珈琲店」でアルバイトをしていた。そこで顧客サービスやコーヒーの知識、淹れ方などを学び、タイへもどってから、故郷で生産されるコーヒー豆を使ってバンコク市内に「93Army Coffee(93師珈琲店)」を開いた。コーヒーの香りとともに、タイ北部の国民党孤軍の物語を伝えている。

タイ北部山岳地帯産のコーヒー豆

93Army Coffeeはバンコク大学、地下鉄エカマイ駅近くにある。コーヒーの香りにひかれて店内に入ると、ミリタリー調でインダストリアルな内装の店内に軍関係の文物が展示され、コーヒーを味わいながら、国共内戦とタイ国境地帯へ撤退した孤軍の歴史に触れることとなる。

「第93師団」は今では多くの人にとってなじみのない言葉となり、店に来た外国人も「93Armyって何?」という反応を示す。

93Army Coffeeの商標は、国民政府革命軍第93師団の指揮官「沈加恩」の肖像である。1949年、国共内戦で国民政府軍の一部は雲南から険しい山々を越えてタイやビルマとの国境地帯に逃れた。これが「タイ北部孤軍」と呼ばれる。後の1970年、第93師団はタイ政府に協力してタイの共産党ゲリラと戦った。その結果、タイ国民としての権利が与えられ、そのまま現地に居住できることとなったのである。停戦後、それまで武装していた軍人や兵士は、現地でそのまま農業に従事することとなった。

タイ北部の国境地帯は「黄金の三角地帯」と呼ばれ、かつてはアヘンの原料となるケシを栽培していた。だが、これはタイのイメージを損なうだけでなく、現地の環境にも悪影響をおよぼす。そこで1969年、タイのプミポン国王が北部を視察した際に、タイ・ロイヤル・プロジェクト基金が設立されたのである。

この国王の下のプロジェクトと、中華民国国軍退除役官兵輔導委員会(退輔会)および財団法人国際合作発展基金会(ICDF)農業技術団の協力により、タイ北部の住民は農業技術支援を受けることとなり、これによってケシ栽培から経済的価値の高い作物の生産に切り替えていった。今ではロイヤル・プロジェクトの農産物はタイ国民や観光客から好評を博している。

沈培詩の父親、残留軍第二世代の沈慶復は、かつて高校・大学教育を台湾で受け、卒業後はタイ北部へ戻って経済価値の高い作物を栽培してきた。2009年にコーヒー栽培を開始し、「沈加恩」の名で「93師団コーヒー荘園」を開いた。

一般にコーヒーの経済的価値は高いと思われるが、農家が収穫した豆は仲卸業者に買いたたかれる。沈慶復は、栽培はできてもコーヒーを飲んだことはなく、コーヒーのことを何も知らなかったのである。コーヒー農家は、コーヒーを飲むお金を持たない――実はこれが多くの農家の現状なのである。

第三世代の沈培詩は、父に勧められて台湾に留学した。当初志望したのは服飾デザインだが、長女である彼女は悩み、学んだことを何とか故郷のために活かそうと考えて、経営学を学ぶことにした。タイ北部の故郷ではコーヒー豆を栽培していることから、台北大学近くの老柴珈琲館でアルバイトをしながらコーヒーのことを学ぶことにして、卒業後、帰国してカフェを開く計画を立てたのである。

農家が飲めないコーヒーで起業

海外留学した人の多くが、留学先で就職するのと違い、沈培詩は帰国して働く決意を固めていた。台湾で学んだ専門と、自分のリソースであるコーヒー豆を活かそうと考えたのである。

故郷Phatang村のコーヒー畑は標高1200~1600メートルにあり、面積が狭く生産量が限られているため、広く流通している量産商品との競争は難しい。

また、現地での生豆の価格と焙煎後の市場価格には数倍の差がある。農家が20元で売った豆は焙煎を経て市場では100元で売られるのだ。カフェで100元で売られるコーヒーは、コーヒー農家の人々には高くて手が出せない。

タイのロイヤル・プロジェクトの下で生産されるタイ北部の農産物は品質が良いので多くのタイ人に支持されおり、外国からの観光客も、そこで生産される蜂蜜などを買っていく。

ところが、コーヒー豆の知名度はタイ国内に限られており、海外ではインドネシアやベトナム産のコーヒーほど知られていない。だからこそ、沈培詩は強い使命感を持ち、タイ北部の素晴らしいコーヒーを知ってもらおうと考えた。

「農家は優れた栽培技術を持っていますが、生産コストを差し引くと利益はほとんどありません。利益はすべて仲卸や国際食品メーカーに持っていかれるのです」と言う。こうした農家の暮らしを改善するために、多くの人にタイ山岳地帯のコーヒーを知ってもらいたいのである。

コーヒー豆の栽培から香り高いコーヒーができるまで、すべてのプロセスに専門性が求められる。農家はコーヒー栽培の専門技術を有しており、収穫された豆の付加価値を高めて販売する過程こそ、彼女が台湾で学んだ経営学やマーケティング、処理技術などを活かす場なのである。

こうして起業の構想ができあがった。

何事も最初は難しいものだ。家族の支持を得た沈培詩は国際都市バンコクに店を開くことにした。20代での起業は、いま思い起こせば冒険だったと言う。何の経験もなかったが、あきらめることはできない。サービスは大丈夫か、コーヒーはお客の口に合うか、毎日閉店を迎えると、プレッシャーで疲れ切っていた。

「コーヒーが好きだからといってカフェが経営できるとは限らず、経営学を学んだからといって経営できるとは限りません」と話す彼女は、いろいろな調整をしながら何とか経営を続けてきた。2014年10月に開店した店では、タイ山岳地帯で有機栽培されたアラビカコーヒーと、台湾式ハンバーガーが味わえる。

努力家の彼女は、アメリカのバリスタの資格やパン職人の資格も取り、今ではコーヒー品評会の審査員や顧問も引き受けている。バリスタになるために彼女に教えを請う人も少なくない。

サステナビリティとフェアトレード

故郷のコーヒー豆ブランドの知名度を高めて農家の収入を増やし、そこからさらにコーヒー豆の品質を高めていくといのが彼女の希望である。

コーヒー農園では収穫時は忙しく、臨時に雇う人手も足りなくなる。たわわに実ったコーヒー豆は熟した赤い実だけを選んで収穫し、未熟なものは残さなければならないが、少ない報酬で選びながら収穫するのは時間がかかり、効率も悪い。

収穫した豆の熟成度がまちまちだと、焙煎後の品質にも影響する。そこで沈培詩は、農家の人々に収穫方法を教えつつ、SNSを通してコーヒーを愛する人々に声をかけ、ボランティアを募集する。一杯のコーヒーが出来上がるまでの大変な生産過程に参加してもらおうという考えで、そこにはサステナビリティとフェアトレードの理念も込められている。

沈培詩は、タイ・スペシャルティコーヒー協会(SCATH)の会員で、定期的に協会メンバーやボランティアを率いてタイ北部の山岳地帯へ赴き、コーヒー農家に協力している。

彼らは野外に簡単なテントを張って寝泊まりし、昼間はそれぞれコーヒー畑へコーヒーの苗を届けて一緒に植える。しかし、山岳地帯では気候や緯度などの条件はさまざまで、それぞれの畑にふさわしい品種も異なる。実際に植えてみなければわからないことも多く、土壌にあう品種を見出すのには長い時間がかかる。

現地の農家と良好な関係を築くのは、売買の利益のためではない。沈培詩は長靴を履き、スコップを手に土を掘って苗を植える。未来の希望を象徴する一つひとつの苗を自ら植えながら、彼女は自分も農家なのだと言う。

夜になると、虫やカエルの声が響き渡る中、仲間たちと語り合う。タイ各地、世界各地から集まったコーヒーを愛する人々と一緒にコーヒーを味わいながらコーヒーについて夜中まで語り合うのである。山で淹れるコーヒーは格別においしいと沈培詩は言う。

沈培詩は、タイ北部のコーヒーを高品質のブランドとして打ち立てたいと考えている。第93師団コーヒー荘園ブランドのコーヒー豆は、すべて品質と、環境の持続可能な発展を考慮したもので、どの山で生産され、どのような処理工程を経たか、誠実な生産履歴が公表されている。農家に対しても合理的な取引価格を提示することで農村の生活は改善し、それがさらに良いコーヒー豆の栽培につながり、消費者はより質の高いコーヒーを飲めるということで、好循環が生まれる。

沈培詩は、故郷のコーヒー豆を活かして起業し、「持続可能な発展とフェアトレード」を理念に一歩ずつ歩み、原料の品質と流通ルートを掌握してきた。

沈培詩は定期的に台湾とタイを往復しており、コーヒーフェアなどに参加している。最近は、台北で「コーヒー・シェア会」を開いて93師珈琲を正式に台湾に持ち込んで販売を開始すると宣言した。将来的には台湾に支店を開きたいと考えている。93師珈琲を通して、タイ北部残留軍の生きざまを伝えるとともに、台湾とタイの農業技術協力と持続可能な発展およびフェアトレードをさらに進めていきたいのである。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!