《光華》持續散播正能量

:::

2020 / 8月

文‧陳亮君 圖‧林旻萱



《光華》今(2020)年6月號的一篇報導〈友善清真全面啟動:歡迎穆斯林來台灣玩〉,獲我國駐中東地區館處推薦引用,並轉譯成阿拉伯文,以社群媒體、官方網站、駐在國傳統媒體及印製抽印本等方式擴大推介,對於穆斯林世界及中東阿拉伯國家進一步了解我國營造「清真友善、穆斯林友好」觀光環境之努力,頗有幫助。

此外,甫於今年年初出版之《台灣意象》專書,亦獲奧地利、紐西蘭、波蘭、貝里斯等駐外館處的推廣運用,有助提升台灣整體的能見度與國際形象。同時,《光華》FB今年上半年中英文貼文觸及率較前一年同期增逾163萬名使用者,粉絲總人數迄今亦已突破萬名。

於國內教科用書引用方面,今年獲選文章有:〈番薯,芋仔配〉、〈編織泰雅夢:尤瑪‧達陸〉、〈大愛非洲行:台灣首位無國界醫師宋睿祥〉、〈青年唱大戲:站上戲臺,看到歌仔戲的未來〉、〈絲絲入扣‧眾生入畫:錦繡妙筆的畫家〉等,分別入選歷史、國文、語文養成習作及收錄於各學會出版的刊物當中,還有長榮大學台灣研究所的研究生,針對《光華》原住民報導內容所作的相關研究……,台灣正能量的傳播,正透過《光華》,持續不斷地廣傳出去。

緊接者下半年開始,《光華》將陸續舉辦系列講座,主題涵蓋「東南亞」、「原住民」、「翻譯」、「海外採訪」等豐富有趣的活動內容,等著您來親身體驗。而要一窺台灣年輕人的活力,本期報導必不能錯過,有來自高中青年社的學生用「青春」編纂刊物,刻畫出生命的印記。還有酷點校園大學市集的大學生,用「創意」來實踐創業夢想,以及台灣社會各界對於年輕人獎學金的支持,更有青年海外志工的無私奉獻與成長,一篇篇充滿生命力的故事,串起了台灣青春世代的活力。

延續「青春」話題,本期還有博幼基金會輔導的畢業生追蹤報導、電競現場的直擊、為下一代說故事的搖滾爺奶社會企業,還有賴咏華為「母語」傳承所作的努力,以及台灣之米達人、藍祖蔚話影視時光等深度報導。讓《光華》的話題,成為您深入探索台灣的起點,也成為世界了解台灣的一扇窗。

相關文章

近期文章

EN 日本語

Taiwan Panorama

A Continuing Source of Positive Energy

Ivan Chen /photos courtesy of Lin Min-hsuan /tr. by Phil Newell


An article from our June 2020 domestic edition entitled “A Welcoming Land for Muslim Tourists—Building a Muslim-­Friendly Environment” was quickly picked up on by Taiwan’s representative offices in the Middle East. They had it translated and reprinted in Arabic, and publicized it widely on social media, on their official websites, and through traditional media in their host countries. It is proving very useful for raising awareness in Arab nations and the wider Muslim world of Taiwan’s efforts to create a Muslim-friendly tourism environment.

Our book Taiwan in the Mind’s Eye, published early this year, has also been used by representative offices in many countries, including Austria, New Zealand, Poland, and Belize, to help boost Taiwan’s overall visibility and international image. Meanwhile, the reach of the bilingual posts on Taiwan Pan­orama’s Facebook page for the first half of 2020 showed an increase of over 1.63 million users compared to the same period in 2019, and the number of followers has surpassed 10,000.

Taiwan Panorama articles selected this year for use in school textbooks include “I Yam What I Yam,” “Dream Weaver—Yuma Taru’s Weaving Renaissance,” “Compassion in Africa: Raymond Soong, Taiwan’s First Doctor Without Borders,” “Youth Take on Big Roles in Taiwanese Opera,” and “Ko Hung-tu: Painting Life.” They will be studied in history, Chinese, and foreign language classes. There is even a graduate student at Chang Jung Christian ­University who is researching Taiwan Panorama articles about indigenous peoples. Taiwan Panorama continues to send out positive energy from Taiwan.

For a glimpse of the energy and vitality of young people in Taiwan, don’t miss the articles in this month’s cover story. High schoolers are portraying their own lives through school publications that they write and produce themselves. University students have worked with consultancy Kooidea to found the sales channel “UnivProd,” using creativity to achieve their entrepreneurial dreams. Taiwanese society is supporting young people’s education through a kaleidoscope of scholarships. And by volunteering overseas, young people are finding personal growth while making selfless contributions to others’ wellbeing. These stories reveal the immense vitality of Taiwan’s younger generation.

Extending the subject of youth, we also bring you in-depth reports on former students of the after-school centers of the Boyo Foundation, the rise of esports, the social enterprise Rock YeNai, Lua Ing-hua’s efforts to keep Taiwanese Hokkien alive, and the challenges overcome by some youthful rice farmers, as well as an interview with Lan Tsu-wei, chairman of the Taiwan Film and Audiovisual Institute. Taiwan Panorama can be your starting point for an in-depth exploration of Taiwan, and a window for the world to understand Taiwan.

《光華》がもたらす ポジティブなエネルギー

ポジティブなエネルギー

文・陳亮君 翻訳・山口 雪菜


『光華』は2020年6月号(日本語版は7月号)に「ようこそ!ムスリムフレンドリーな台湾へ」という記事を掲載した。この記事は、中東地域にある我が国の在外公館の推薦を受け、アラビア語に翻訳されて駐在国の印刷媒体やSNSやオフィシャルサイトで紹介されたほか、この記事を小冊子にするなどして大いに活用された。世界のイスラム圏やアラブ諸国で、「ムスリムフレンドリー」な観光環境を目指す我が国の努力が知られることとなった。

また、今年初に発行した書籍『台湾意象』は、オーストリア、ニュージーランド、ポーランド、ベリーズなどの在外公館が広く活用し、台湾全体の可視性とイメージの向上に役立っている。さらに2020年上半期、『光華』のフェイスブックページ中・英語版のアクセス数は前年同期比で163万人増え、フォロワーは1万人を超えた。

そして今年は、『光華』の過去の記事「サツマイモとサトイモ」「タイヤルの夢を織る——ユマ・タル」「アフリカ大陸の洗礼を受けた台湾初の『国境なき医師団』医師——宋睿祥」「舞台に立てば、歌仔戯の未来が見える」「生命を描く——画家 柯鴻図」などが、それぞれ歴史、国文、言語練習の教科書や学会の刊行物などに採用された。また、長栄大学台湾研究所の大学院生は、『光華』の先住民に関する報道内容を研究している。こうした台湾のポジティブなエネルギーを、『光華』は常に伝え続けてきたのである。

今年下半期も『光華』は引き続きシリーズ講座を催す。テーマは「東南アジア」「先住民族」「翻訳」「海外取材」など。豊富でおもしろい内容の講座にぜひ足をお運びいただきたい。

今月号では、台湾の若者の活力に触れていただく。高校生が部活で発行する、若者のエネルギーがつまった校内誌。学生の起業の夢を後押しする酷点校園大学市集。台湾の各界が学生の学業をサポートするために出している奨学金。さらに、海外ボランティアを通して人のために奉仕し、自らも成長する若者などだ。生命力に満ちた物語の数々が、台湾の青春のエネルギーを示している。

「青春」からつながる他のテーマの記事もぜひお読みいただきたい。博幼基金会が指導した生徒たちのその後、eスポーツで世界に挑む若者たち。次の世代のために物語を語るシニア層の社会的企業、「母語」を守るためにあらゆる努力を惜しまない頼咏華、そして台湾の稲作の達人、藍祖蔚が語る台湾の映画・放送史などである。『光華』の扱うテーマは、台湾をより深く知るきっかけとなり、世界に台湾を知ってもらうショーウィンドーの役割を果たしている。

 

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!