多元化的教學場域

:::

2019 / 8月

文‧陳亮君



是什麼樣的理念,讓「均一教育平台」的董事長兼執行長呂冠緯棄醫從教,一心投入讓教育普及化的事業;是什麼樣的方法,不論是在菁英學校還是在偏鄉教室,都能雨露均霑,靈活運用。讓我們跟著《光華》的腳步,一探這結合AI、大數據的教學技術,如何讓教室的黑板不會因下課後而消失。

另有一群年輕人,透過「為台灣而教教育基金會」,結合各自的專長,將青春投入偏鄉教育。讓他們分享如何以孩子為出發點,將生活情境融入教學,引發學習動機,進而培養孩子自學的能力;還有針對海外教育志工的專訪,聽NGO教育團體「遠山呼喚」分享從「幫助者」到「培力者」的服務歷程,並發展出深根地方的「教育種植計劃」。

此外,《光華》還專訪了兩位獲得「師鐸獎」的教師,從他們自身的人生經歷,到一次次刻骨銘心的教學實例,這「教室外」的課程,值得你我來細細探究。

*       *       *

本期「騎行台灣」來到東海岸台11線,以都蘭為起點,沿途伴隨迷人海景,一路聆聽在地人的故事;而每年四月中旬,台灣各地縣市政府,為了旅居台灣的泰國移工朋友,貼心舉辦潑水節活動,這項原本不屬於台灣的傳統節慶,隨著越來越多東南亞新住民移入,規模越加盛大,本次《光華》編採團隊特地前往新北市政府市民廣場,記錄下這獨特的人文風景。

另一件值得慶祝的,則是我國總統府在今(2019)年迎來百歲生日。這場域原是日治時代的總督府,也曾為台灣博覽會的會場,1998年被賦予國定古蹟身分,2006年更名為總統府,屹立百年不墜,不但有它獨特的價值與定位,隨著民主進程的推展,也賦予了嶄新的風貌。

*       *       *

2018年獲頒國家工藝成就獎的孫超,一輩子用生命為結晶釉做註解,年逾90已不太接受採訪的他,這次特地為《光華》破例,留下這精采的訪談記錄,不容錯過。

而由國合會所推動的「加勒比海地區資通訊技術合作計畫」,將台灣發展成熟的資通訊科技,無私分享給聖露西亞、聖文森、貝里斯等國家。還有針對國內減塑環保議題等多元內容,期盼帶給讀者的,不只是台灣的發展現況,而是時時刻刻堅持不懈的台灣精神。

相關文章

近期文章

EN 日本語

Diversifying Education

Ivan Chen /tr. by Phil Newell


What ideals prompted Ray Lu, chairman and CEO of the Junyi Academy, to quit medical practice and dedicate himself to making education available to all? What are the methods that find favor in both elite schools and rural backwaters? In this month’s cover story, we explore the educa­tion tech­nolo­gies that combine artificial intelligence and big data to extend teaching and learning beyond the classroom and beyond school hours.

Through the “Teach for Taiwan” foundation, a group of young people are working to provide education in disadvantaged areas. They share with us their child-centered approach, which integrates students’ life circumstances into education, motivating children to study and developing their ability to learn on their own. We also report on the overseas education NGO “Calls over Ridges,” and its transformation of former volunteers from mere “helpers” into “cultivators of talent.”

In addition, we visit two winners of the “Excellent Teacher Award,” who share their personal life journeys and many un­forget­table experiences from their teaching careers. These “extracurricular” lessons deserve our close attention.

Our ongoing series on cycling in Taiwan takes us this time to the East Coast, setting out on Provincial Highway 11 from Du­lan in Tai­tung and enjoying the beautiful ocean scenery as we listen to the stories of people along the way.

With growing numbers of Thais and other Southeast Asians living in Taiwan, in mid-April each year local governments islandwide hold Songkran events to celebrate the Thai New Year. We go to Tai­pei City Plaza in Ban­qiao to observe this unique cultural activity.

Another thing worth celebrating in 2019 is the centenary of the Presidential Office Building. Originally built as the head­quarters of the Japanese colonial governor-­general, it was also the site of the 1935 Taiwan Exposition, and since 1950 it has housed the Office of the President of the ROC. Designated a national monument in 1998, it has gained a new meaning with Taiwan’s demo­crat­iza­tion over recent decades.

Sun Chao, recipient of a 2018 National Craft Achievement Award, has devoted his life to ceramic art using crystalline glaze. Now aged over 90, he rarely gives interviews, but he made an exception for Taiwan Panorama. This fascinating report is not to be missed.

Through its information and communications technology program for the Caribbean, Taiwan’s International Cooperation and Develop­ment Fund is selflessly sharing Taiwan’s mature ICT with countries such as St. Lucia, St. Vincent, and Belize.

Other articles this month include one on reducing plastic use in Taiwan. We hope to bring readers stories not just of Taiwan’s development, but of the perseverance that is part of the Taiwan spirit.

多様化する教育現場

文・陳亮君 翻訳・山口 雪菜


均一教育プラットフォーム」董事長兼CEOの呂冠緯は、なぜ医師の道を手放して教育という事業を選んだのだろう。進学校でも僻地の学校でも、均等かつ臨機応変に活用できる教育ツールとはどのようなものなのだろう。今月は「光華」とともに、AIとビッグデータを活用した教育テクノロジーが、どのように教室を変えつつあるかを探ってみたい。

また別の若者のグループは「Teach for Taiwan基金会」を通して僻地教育に青春をかけている。常に子供たちのためを考え、暮らしの情景を教育に取り入れて子供たちのモチベーションを高め、自ら学ぶことのできる子供を育てている。海外ボランティアの物語もある。海外で教育支援を行なうNGOの「遠山呼喚」は、「支援者」から「育成者」へと活動の位置づけを転換し、現地に根を下ろした「教育種植計画」を推進している。

このほかに、優れた教育者に贈られる「師鐸賞」を受賞した二人の教師の物語もご紹介する。彼ら自身の経験に根差した教育方法は人々の心にしみるものだ。この「教室の外」のカリキュラムもじっくりお読みいただきたい。

*               *               *

今月号の「自転車で行く台湾」は、東海岸の台11号線を訪ねる。都蘭から出発して美しい海を見ながら地元の人々の物語に耳を傾ける。また、毎年4月中旬に、台湾各地の自治体がタイから働きに来ている人々のために開催する「水かけ祭り」も取材した。台湾伝統の祭典ではないが、東南アジアからの労働者や移住者が増えるにつれ、規模はますます大きくなっている。「光華」は新北市の市民広場を訪ね、このユニークな文化的風景を記録した。

もう一つ、祝福に値するのは我が国の総統府が2019年に100歳を迎えたことだ。日本統治時代には総督府で、台湾博覧会の会場でもあったこの建築物は、1998年に国定古跡に指定され、築100年を迎えた。この建物には独特の価値があり、台湾の民主化の中で新たな表情を持つに至った。

*               *               *

2018年に国家工芸成就賞を受賞した陶芸家の孫超は、生涯をかけて結晶釉を研究し追求し続けてきた。90歳となり、今はほとんど取材を受けていないが、今回は「光華」の取材に応じてくださり、その貴重なお話をうかがうことができた。

国際合作発展基金会(ICDF)による「カリブ海地域ICT協力プログラム」は、セントルシア、セントビンセント及びグレナディーン諸島、ベリーズなどカリブ海の国々に、台湾の強みであるICT(情報通信技術)を惜しみなく提供する活動である。このほかにも、台湾におけるプラスチック削減活動など多様な記事をお届けする。台湾の発展だけでなく、理想を追求する台湾の精神にも触れていただきたい。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!