打工度假行前須知

:::

2013 / 2月

文‧滕淑芬


接受台灣青年前往打工度假的國家越來越多,在推開國境大門,登上飛往澳洲、日本或加拿大的班機前,越了解當地的勞動法令和生活狀況,越能確保未來行程的安全。


打工度假對時下年輕人有多大吸引力?

根據外交部統計,國內年輕人申請出國打工度假的人數由2004~2007年之間的1.2萬人,近5年(2008~2012)累計增加到6.5萬人,成長5倍多;前往人數最多的國家,依序是澳洲、日本和紐西蘭。

澳洲官方統計,2011年赴澳洲打工度假的國外青年約有13萬人,較前一年增加14%;以國家別來看,排名在前的分別是英國、韓國、愛爾蘭、德國和台灣。

澳洲之所以成為台灣青年的首選,原因不難理解。

自2004年11月澳洲開放18~30歲的台灣青年申請打工度假簽證以來,由於申請門檻不高,沒有名額上限,加上說英語的親近性,因此申請人數年年增加,2012年約有1.8萬人。

打工度假遊世界

在澳洲念完國際關係博士課程,回台後,於2008年成立台灣國際打工渡假教育協會的理事長張慶邦說,澳洲的打工度假制度完善,打工者和澳洲人一樣享有同等的工作權益。一般來說,澳洲的工作分為全職、兼職和臨時3種,20歲以上年輕人的最低時薪為15.96澳幣(約合台幣480元),而且即使是打工者,依法澳洲僱主會提撥9%的薪資到個人退休金帳戶,外國人離境後就可申請領回,但在澳洲法定退休年齡65歲之前請領者,必須減扣30%的稅。

幾個月前,國內有媒體指稱,一名國立大學畢業生在澳洲拚命打工兩年,存了台幣一百多萬元,賺了所謂「人生的第一桶金」回來,而被譏為「台勞」。

看到媒體這種扭曲的報導,讓張慶邦憂心地說,很多媒體沒有細究,這名年輕人賺了這麼多錢,但有沒有報稅?「打工度假的精神絕不是賺錢,而是體驗當地文化,如果這個案例誤導其他人以為在澳洲賺錢很容易,很可能讓後來者為了賺錢走捷徑而誤觸法令。」

國內年輕人以這種邊玩邊工作的方式遊走世界,和開放接受台灣青年打工度假的國家已有8個有很大關係。

張慶邦說,台灣的軟實力早就被看見,年輕人的教育程度高,善良守法,才能和這麼多國家建立良好關係;當然,也因國內經濟環境欠佳,起薪過低,不少年輕人因而選擇出國放空一年。

提醒1:白紙黑字的勞動契約看清楚

不過,當澳洲張開雙臂歡迎全球的年輕人,也表示台灣青年必須和其他人一起競爭有限、甚至貧乏的工作。

澳洲的平均失業率為5%,略高於台灣的4.2%,想在城市裡的餐廳、超市找到可以接觸人群的工作,必須具備聽懂澳洲腔英文的能力;在現實考量下,有人就會選擇到時薪較高、工作粗重、每天面對牛羊的偏僻農場或雞肉工廠賺取足夠的生活費與旅費,但能不能屈就這種「有如機器人」般的枯燥工作,最好想清楚。

而不論是透過國內代辦、當地仲介或自己尋覓工作機會,張慶邦表示,工作契約是一門專業又複雜的學問,其中有關休假、加班費等規定都可以訂定清楚,有簽一定比沒簽好,但一簽下去,就要按照合約內容執行。曾有國內年輕人到了澳洲當地發現原來工作場所都是大陸人,和他想和當地人一起工作的期待有落差,感覺被騙,就不太成熟。

他建議,一定要花點時間看清楚契約內容,以免發生糾紛;其次,護照千萬不能輕易交給仲介或雇主,即使對方強烈要求,也只能給影本。

勞委會網站上明載赴8個國家打工度假的勞動法令,以及申請簽證的條件,可供參考。以日本來說,東京的工作時薪為850日圓(約合台幣250元),沖繩只有653日圓。想取得日本打工度假簽證,必須出具20萬日圓(約合台幣7萬)以上的財力證明,澳洲則是台幣15萬元。也就是說,年輕人出國前可不能兩手空空,至少要準備好前三個月的生活費用。

提醒2:保險不可少

出外狀況多,不少人來到比台灣大270倍的澳洲,不免想熱情擁抱藍天大海、寬闊馬路,開車時可能會不自覺地踩緊油門一路奔馳。

2011年,在澳洲有6名台灣青年因交通意外身亡,因此要租車遊玩的人,務必遵守當地交通規則,並留心車輛的維修與檢查;尤其澳洲屬右駕系統,開車必須靠左行駛,和台灣習慣不同。

外交部統計,2011年中華民國駐外館處理與台灣簽有打工度假協議的國家所發生的急難救助事件中,以日本674件最多,其次為澳洲161件、韓國及德國各有133件、英國是126件。

台灣青年請求協助的個案,不外乎交通意外、勞資糾紛、刑事責任等狀況;只要有法律諮詢需求,外館都會給予協助。

而為了保護自己,也為了避免意外發生後造成家人龐大的負擔,出國前務必購買相關的保險。

曾為駐澳洲代表的外交部主任秘書林松煥表示,2011年底他返國前,才去了一趟醫院,當時一名國內青年打工存了些錢,到澳洲著名的雪山度假,他以為澳洲雪山與阿爾卑斯山一樣,有很厚的積雪,卻不知澳洲的雪很薄,底下布滿石頭,跳下去後立刻受傷,造成全身癱瘓,最後經由駐外單位協助,花了台幣四百多萬元搭乘SOS急救專機,才能回台繼續就醫。

林松煥表示,出國旅遊誰也無法預料會遇到何種狀況,必須防範萬一。尤其澳洲和美國一樣,醫療費用高昂,例如最便宜的6人病房,加稅後一天折合台幣3萬元,再加上醫師診療費,沒有保險一般人難以負擔。

提醒3:做個好客人

「有打工度假簽證或免簽並不代表你一定可以進入這個國家,」林松煥說,只要當地移民官懷疑你可能滯留,就有權在入境大門前擋下來,因此不可輕忽。

鑑於越來越多年輕人出國打工度假,狀況頗多,業務分工又牽涉外交部、勞委會、教育部、觀光局等部會;張慶邦建議政府應儘快成立一個整合所有資訊的「打工度假中心」,協助國人了解各國的勞動法令,也應像觀光局一樣,在我們的機場、火車站、國際旅館等地,放置資訊完整的打工度假手冊,協助有意來台灣打工度假的外國青年,融入社會。

打工度假協議是互惠交流的,台灣青年積極走出去,但走進來的國外青年卻成長緩慢。

外交部統計,自2004年至2012年1月,我國核發給外籍人士的打工度假簽證不到一千張,其中以地緣最接近的日本517張最多,其次為韓國175人、澳洲128人;最早和我們簽署打工度假協議的紐西蘭僅有43人。

開啟文化與貿易交流

對台灣文化陌生,分不清台灣和中國大陸的關係是原因之一。

「愛爾蘭青年對台灣不了解,我們希望能打破這層障礙。」愛爾蘭是台灣最新簽下的打工度假協議國,該國國會友台小組主席麥金尼斯一月上旬率團來台訪問,他表示,從貿易投資角度看,台灣及亞洲有不可忽視的商機,兩國應加強交流;自今年元旦開始,雙方開放400名青年申請打工度假。

麥金尼斯說,台灣民眾的英語能力佳,溝通無礙,也有智慧財產權保護制度,又與中國大陸簽有貿易協定,愛爾蘭企業也可受惠,是值得開發的市場,愛爾蘭必須在台灣占有一席之地,他們會帶著這樣的訊息返回愛爾蘭。

愛爾蘭原於1989年在台北設有投資貿易促進會,辦理商務及簽證等業務,但後來受金融海嘯影響,政府財政負擔嚴重而關閉。

事實上,台灣民眾對愛爾蘭也不太熟悉。愛爾蘭緊臨大西洋,位於歐洲邊陲,擁有壯觀海岸線、豐富的史前遺址、古老莊園,盛產威士忌。因此訪問團希望能藉由每年3月17日慶祝聖派翠克節,讓台灣了解愛爾蘭文化,為日後的貿易交流鋪路。

公元432年,聖派翠克受教宗派遣前往愛爾蘭勸說愛爾蘭人皈依基督教,當地憤怒的異教徒企圖用石頭將他砸死。但聖派翠克臨危不懼,他勇敢的形象與雄辯的演說,感動了愛爾蘭人。聖派翠克逝世後,愛爾蘭人為了紀念他,將這一天定為聖派翠克節。

打工度假協議讓中華民國開啟另一扇國際貿易往來的管道;透過兩地青年的對話,更進一步拉近雙方的文化距離,而不管國內外青年選擇去哪裡,入境隨俗,快快樂樂的出門,平平安安的回家,永遠是不變的道理。

相關文章

近期文章

EN 日本語

Make the Most of Your Working Holiday: Be Prepared!

Teng Sue-feng /tr. by Phil Newell

More and more countries are granting working holiday visas to young people from Taiwan. But before you get on a plane to Australia, Japan, or Canada, remember that the more you know about local labor laws and living conditions, the more you will be able to protect yourself and have a safe and enjoyable trip.


How attractive are working holidays to young people today? Statistics from the Ministry of Foreign Affairs (MOFA) show that the number of young people applying to go abroad for working holidays has increased from a total of 12,000 in the years 2004–2007 to a total of 65,000 in the five years 2008–2012. The most popular destinations are, in order, Australia, Japan, and New Zealand.

According to Australian government data, in 2011 about 130,000 foreign young people went Down Under for working holidays, an increase of 14% over the previous year. Top countries of origin were, in order, the UK, Korea, Ireland, Germany, and Taiwan.

It’s not hard to understand why Australia is the number-one choice for Taiwanese.

Australia first began taking working holiday applications from 18–30-year-old Taiwanese young people back in November of 2004. The application criteria are not very rigorous, there is no quota limit, and English is the foreign language that is most familiar to Taiwanese, so the number of applications has risen steadily over time, hitting about 18,000 in 2012.

Seeing the world by working

James Chang, who earned a PhD in international affairs in Australia and in 2008 founded the Taiwan International Working Holiday Association, says that Australia has constructed a sound and comprehensive working holiday system, with foreign employees enjoying the same rights and privileges as their Aussie counterparts. Generally speaking, jobs in Australia are divided into one of three categories: full time, part time, and casual. The minimum wage for anyone over 20 is A$15.96 per hour (about NT$480). Even for temporary employees Australian employers still contribute an amount equal to 9% of the worker’s pay into an individual retirement account, and foreigners can apply to claim this money when they leave the country (though under Australian law anyone claiming their retirement money before age 65 must pay 30% tax on it).

A few months ago, media in Taiwan reported that a graduate of one of Taiwan’s most prestigious universities went to Australia to work in menial jobs for two years and ended up saving more than NT$1 million. He was unflatteringly compared by the media to people from Southeast Asian countries who come to Taiwan to do domestic or manual labor because they can make much more money here than they can even in higher status jobs in their own countries.

Seeing such distortions in the press, Chang can’t help but feel disappointed at the failure of the media to follow up with details. Did this young person pay taxes? “The spirit of a working holiday is not to make money, but to experience a different culture. If these reports mislead people into thinking that they can go to Australia and make easy money, someone trying to follow his example might end up violating local laws.”

Reminder 1: Read the contract!

Because Australia has opened its arms to young people from around the world, Taiwanese must compete for the available jobs. In short, jobs are not that easy to come by.

Australia’s unemployment rate is 5%, slightly higher than the rate of 4.2% in Taiwan. If you want to find a job in the service sector, like in a restaurant, where you are going to be able to interact with a lot of people, you have to be able to understand Australian-accented English. For some people, it is just more practical to take a higher-wage job as a laborer on a remote farm or in a chicken processing factory, but you’d better be sure ahead of time that this kind of rough, monotonous labor is right for you.

Also, no matter whether you find your job through a Taiwanese agent, an employment agency in the host country, or on your own, James Chang says that employment contracts can be complicated. Since they may specify conditions like vacation time and overtime pay, it is always better to have a contract than not, but remember that once you sign you are obligated to follow all the provisions.

He suggests that you invest some time in reading any contract carefully so as to avoid future disputes. Moreover, you should never turn your passport over to an agent or employer—even if the other party insists, you should only give them a photocopy.

The website of the Council of Labor Affairs clearly lists the labor laws of the eight countries that allow Taiwanese to take working holidays, as well as their visa application criteria. To take Japan, for example, the minimum hourly wage in Tokyo is ¥850 (about NT$250), and you have to show proof of financial assets totaling ¥200,000 (about NT$70,000) before you go; the requirement for Australia is NT$150,000.

Reminder 2: Get insurance!

A lot of things can happen when you are traveling. Upon arriving in Australia, which is 270 times larger than Taiwan, many Taiwanese can’t help but get all hepped up about driving around to see the scenery, and end up pushing the gas pedal to the floor whenever they drive.

In 2011, six Taiwanese young people died in traffic accidents in Australia. Therefore if you rent a car to drive around, be sure to follow local traffic laws and make sure that the car is well maintained.

The Ministry of Foreign Affairs keeps statistics on the number of emergencies handled by ROC offices overseas. Of the eight countries that have working holiday agreements with Taiwan, Japan has had the highest number of such incidents at 674, with Australia second at 161, followed by Korea and Germany at 133 each.

To protect yourself, and ensure that if an accident does happen, your family does not have to bear an onerous financial burden, it is best to buy the relevant insurance before you go abroad.

Dr. Gary Song-huann Lin, secretary-general of the MOFA and formerly the ROC representative in Australia, recalls an incident that happened back in 2011, before he returned to Taiwan. A young person from Taiwan working in Australia took a trip to the famous Snowy Mountains, and thinking that the snow must be deep and soft, jumped right into some snow-covered rocks and was paralyzed. He was eventually returned to Taiwan to be treated, but only after NT$4 million had been spent on an emergency flight arranged by the ROC representative office.

Lin says that Australia is like the US—healthcare is very expensive. For example, even a room in a six-bed ward (the cheapest) costs about NT$30,000 per day, and that doesn’t include what the doctors charge for consultations. Without insurance, the average person would be overwhelmed by such charges.

Reminder 3: Be a good guest!

“Just having a working holiday visa or visa-free status does not necessarily mean that you can enter a country,” says Gary Lin. If local immigration officials suspect that you might overstay your visa illegally, they have the right to turn you away.

Because as more and more young people go abroad on working holidays there are also more incidents, James Chang suggests that the government set up a “working holiday center” which brings together all the relevant information, such as each country’s labor laws. At the same time they could put handbooks about working holidays in Taiwan at all airports, train stations, and international hotels—just like the Tourism Bureau does with travel information—so that foreigners who come here for a working holiday can quickly and easily fit in to local society.

Working holiday agreements are reciprocal, and are intended to encourage exchanges between two countries. However, though many Taiwanese young people go abroad, few young foreigners come here.

MOFA statistics show that from 2004 through January of 2012, the ROC had issued less than 1000 working holiday visas. Most of these were to people from Japan (517), followed by Korea (175) and Australia (128). So far, only 43 have been issued to people from New Zealand, the earliest nation to sign a working holiday agreement with Taiwan.

Cultural exchange and trade

Ireland is the most recent country to sign a working holiday agreement with Taiwan, but, says Irish legislator John McGuinness, chairman of the Ireland-Taiwan Parliamentary Friendship Society, “Young people in Ireland don’t know much about Taiwan; we hope to be able to do something to break through this barrier.” On a visit to Taiwan in January of 2013, McGuinness, citing the many commercial opportunities in Taiwan and the surrounding region, expressed hope that the two countries would strengthen exchanges.

McGuinness added Taiwan should be an attractive locale for Irish businesses because its people speak English very well, it has a sound system for protection of intellectual property rights, and it also has a trade agreement with mainland China.

He also said that Taiwanese are very hospitable and the country has beautiful natural scenery, so young people from Ireland would undoubtedly feel very welcome and comfortable here. He said that he would work to encourage young people from each country to take working holidays in the other.

Ireland sits at the westernmost edge of Europe, with an impressive coastline carved by the Atlantic Ocean. There are many archeological and historic sites worth seeing, and it is a major producer of whiskey. Ireland set up an office in Taiwan in 1989 to promote trade and investment as well as to handle visas and other consular affairs, but this was unfortunately closed down due to fiscal restraints resulting from the global financial tsunami.

Dialogue between young people from Taiwan and their counterparts in our working-holiday partner countries will promote closer mutual cultural understanding, and can promote economic and trade relations. But if we want to reap these benefits, then everyone must have a safe and pleasurable working holiday experience at the individual level. So remember to sign only fair contracts, get insured, and be a good guest!

ワーキングホリデーに行く前に知っておくべき事

文・滕淑芬

台湾の若者をワーキングホリデーに受け入れる国がどんどん増えているが、自分の安全を守るために、出発前に目的地の労働法規や生活状況についても理解しておく必要がある。


現代の若者にとって、ワーキングホリデーにはどれほどの魅力があるのだろう。

外交部の統計によると、ワーキングホリデー申請者は2004~07年は1.2万人だったが、08~12年は6.5万人と5倍に増えた。行き先はオーストラリア、日本、ニュージーランドの順に多い。

オーストラリア政府の統計を見ると、2011年に同国にワーキングホリデーで入国したのは約13万人で前年より14%増加した。出身国別にみると、イギリス、韓国、アイルランド、ドイツ、台湾の順に多い。

台湾の若者の間でオーストラリアに人気があるのには理由がある。オーストラリアは2001年11月に、18~30歳の台湾人にワーキングホリデービザを出すようになったが、人数制限はなく、申請のハードルも高くない。英語圏であるため、申請者は年々増加し、2012年には1.8万人に達した。

働きながら世界を旅する

オーストラリアで国際関係の博士号を取り、2008年に台湾国際ワーキングホリデー協会を設立した張慶邦によると、オーストラリアではワーキングホリデーの制度が整っており、現地の人と同様に働く権利が認められている。一般に、同国の仕事はフルタイムとパートと臨時雇用に分けられ、20歳以上の最低時給は15.96オーストラリアドル(台湾ドル約480元)、アルバイトでも雇用主は給与の9%を個人退職金に拠出することとなっており、外国人は出国後もその受領を申請できる。ただし、法定退職年齢の65歳に満たない場合は30%の税金が引かれる。

数ヶ月前、台湾のマスコミは、ある国立大学卒業生がオーストラリアで2年間働いて100万台湾ドルを貯金したと報じ、その行為を「台湾人労働者」と批判した。こうした報道の影響を張慶邦は心配する。この若者は税を申告したのだろうか。「ワーキングホリデーの精神は金儲けではなく、現地の文化を体験することです。この事例によって多くの人がオーストラリアでは金が稼げると誤解してしまうと、法に触れる可能性もあります」と言う。

ワーキングホリデーに行く若者が増えているのは、台湾が8ヶ国とワーキングホリデー協定を結んだことと関係している。張慶邦によると、台湾のソフトパワーは世界に知られており、若者の教育レベルは高く法を遵守するので、多くの国と良好な関係が築けている。また、台湾国内の経済状況が良くなく、初任給が低いということもあって、少なからぬ若者が就職前にワーキングホリデーに出ていく。

注意1:労働契約をよく読む

オーストラリアは世界各国から若者を受け入れているため、仕事に就くには多くの人と競争しなければならない。オーストラリアの失業率は5%で台湾の4.2%よりやや高く、都市部の飲食店やレジなどで消費者と接する仕事に就くにはオーストラリア英語に通じている必要がある。そこで、時給は高いが重労働の農場や食肉加工工場などで生活費と旅費を稼ごうとする人もいる。だが、機械のように単調な作業に耐えられるかどうか、よく考える必要がある。

国内の代行業者や現地の仲介業者に仕事を探してもらう場合、契約内容に注意するよう張慶邦は注意を促す。労働契約は専門性が高く複雑で、休暇や残業手当などについて細かく規定しており、契約は交わした方が良いが、一度契約してしまえば、それに従わなければならない。紹介された職場に行ってみると、同僚は中国大陸の人ばかりで、現地の人と一緒に働くという期待が裏切られたというケースもある。

まず、トラブルを避けるために契約内容によく目を通すこと、そしてパスポートは決して仲介業者や雇用主に預けないこと、要求されたらコピーだけを渡すよう張慶邦はアドバイスする。

労働委員会のサイトでは、ワーキングホリデーが認められている8ヶ国の労働法規とビザ申請条件などが紹介されている。日本の場合、東京の時給は850円(約250台湾ドル)、沖縄は653円だ。日本のワーキングホリデービザを申請するには20万円(約7万台湾ドル)、オーストラリアの場合は15万台湾ドルの財産証明が必要となる。

注意2:保険は必要

車の運転にも気を付けたい。2011年、オーストラリアでは台湾の若者6人が交通事故で亡くなった。レンタカーを運転する時は交通ルールを守り、車の検査とメンテナンスにも注意する。また台湾と違って左側通行で運転席は右側なのにも注意したい。

外交部の統計によると、我が国とワーキングホリデー協定を結ぶ国々で、2011年に在外公館が処理した緊急事件は、日本が674件と最も多く、続いてオーストラリアが161件、韓国とドイツが133件、イギリスが126件だった。

台湾人青年からの支援要請案件で最も多いのは交通事故、労働トラブル、刑事事件などで、法律に関する問い合わせであれば在外公館は協力する。

自分の身を守るため、また事故などで他者に負担をかけないよう、海外へ行く前には必ず保険に加入するべきである。

駐オーストラリア代表を務めたことのある外交部主任秘書の林松煥は、2011年に事故で重傷を負った若者のサポートをしたという。その若者はオーストラリアで働いて旅費を貯め、雪山へ遊びに行った。雪山では雪が深く積もっていると思い込み、飛びこんで大怪我をしてしまったのだ。現地の雪は浅く、下は岩がごろごろしているのである。若者は大怪我で全身が麻痺してしまい、最終的には在外公館の協力で400万台湾ドルを費やし、専用機をチャーターして台湾に移送された。

海外ではいつ何が起るか分からないので、万一に備えなければならない。林松煥によると、オーストラリアでは米国と同様、医療費が非常に高い。入院する場合、最も安い6人部屋で税金を加えると1日3万台湾ドルになる。それに医療費が加わるので、保険がなければ個人で負担できる額ではない。

注意3:良き外国人となる

「ワーキングホリデービザやビザ免除制度があるからと言って、その国に入れるとは限りません」と林松煥は言う。現地の移民官がオーバーステイを疑う時は、入国を拒まれることもある。

ワーキングホリデーに行く若者が増え、問題も増えてきた。関連業務は外交部、労働委員会、教育部、観光局などに跨るため、張慶邦は政府は早急にこれらを統合した「ワーキングホリデー・センター」を設置して、各国の労働法規の知識を普及させるべきだと提言する。また、外国から台湾にワーキングホリデーに来る人々が台湾社会に溶け込めるよう、観光局のように空港や駅、ホテルなどにハンドブックを用意するといいだろう。

互恵を原則とするワーキングホリデー協定だが、台湾から出ていく人数に対し、我が国にワーキングホリデーに訪れる外国人はあまり増えていない。

外交部の統計によると、2004年から2012年1月までの間に、我が国が発給したワーキングホリデービザは1000件に満たず、最も多いのが日本の517人、続いて韓国の175人、オーストラリアが128人となっている。早くから協定を結んだニュージーランドからは43人に過ぎない。

文化と経済の交流へ

その原因としては、台湾文化が知られていないこと、台湾と中国大陸の関係が理解されていないことなどが挙げられる。

「アイルランドの若者は台湾のことを知らないので、この壁を壊さなければなりません」アイルランドは我が国と最も新しくワーキングホリデー協定を交わした国である。同国国会の台湾友好小委員会のマクギネス主席は1月に訪問団を率いて来訪した。同主席は、台湾とアジアには見逃すことのできないビジネスチャンスがあり、経済面で両国の交流を強化すべきだと語った。そして今年1月から双方は400人ずつワーキングホリデーを認める協定を交わした。

台湾では英語が通じ、知的財産権も保護されており、中国大陸とも貿易協定を交わしているので台湾に進出すればアイルランド企業もそれを活かすことができ、開発する価値のある市場であるとマクギネス氏は述べている。

アイルランドは1989年に台北に投資貿易促進会を設置してビジネスサービスやビザ発給などの業務を行なっていたが、金融危機の後、財政負担が大きいということで閉鎖されてしまった。

実際のところ台湾人もアイルランドのことをよく知らない。アイルランドは欧州の縁にあって大西洋に面し、海岸線は壮麗で、先史時代の豊富な遺跡や長い歴史を持つ荘園などがあり、ウィスキーの産地としても知られている。今回の訪問団も、今年3月17日のアイルランド最大の祭日セント・パトリックス・デーを機に台湾にアイルランドを紹介し、今後の経済交流を深めることが目的だという。

ワーキングホリデー協定によって我が国には新たな貿易関係も開かれ、若者同士の交流が両国の文化的距離を縮めていく。そしてどこの国の若者がどこへ行くにしても、楽しく出発し、無事に帰ってくることが何より大切なのである。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!