串起海外的溫柔力量

世華會總會長黎淑瑛
:::

2018 / 4月

文‧陳群芳 圖‧世華會


世界華人工商婦女企管協會成立二十多年來,總會設於台灣,分會遍及全球,串聯工商界的華人女菁英,共同促進華商婦女在國際上的發展,提升婦女經濟力量,並致力推動公益活動與僑務工作,成為國民外交不可或缺的「新女力」。

以往都是由台灣的會員擔任總會長,但2016年卻誕生了第一位海外總會長──黎淑瑛。她長年旅居美國,原是舞蹈老師的黎淑瑛,為跨足飯店管理,從櫃檯、房務等基層工作學起。如今在美國建立擁有多間連鎖品牌飯店的旅館王國。本期光華將透過黎淑瑛的故事,探看世華婦女在國際奮鬥的軌跡。


世界華人工商婦女企管協會(以下簡稱「世華會」)自1994年創立以來,始終以心懷世界、掌握脈動、建立網絡、發展經貿為宗旨。在歷任總會長及會員的努力下,美國、巴西、越南、日本、澳洲……等國家都有世華會的足跡,如今分會遍布全球62個據點。

凝聚華商婦女的力量

有華商婦女的地方,就有世華會的蹤影。世華會匯聚了一群認真奮鬥的女企業家與職業婦女,她們來自醫療、教育、美容、旅館等各行各業。會員身兼妻子、母親、主管、員工等多重角色,世華會看見了職業婦女兼顧工作與家庭的辛苦,於是闢建了一座堡壘,這裡就像是個大家庭,彼此以姊妹相稱,讓在異地打拚的華商婦女能有一個分享交流的地方。

人脈、資源都在世華會裡互相分享,各分會不時舉辦華冠學苑、經濟論壇、企業參訪等活動,找來專業講師幫會員上課,增進企業管理的知識,讓大家能在世華會裡一起邁向更卓越的事業發展。隨著分會據點越來越廣,世華會的成員們也能在各地參加活動的同時打開視野。

世華會的成員們不僅事業有成,更積極的參與公益,例如捐助新台幣100萬為教育基金支持新竹泰雅學堂,或是前往巴拿馬兒童醫院的癌症治療病房陪同孩子慶祝兒童節。每當各地發生災害時,世華會第一時間就號召姊妹的力量伸出援手。去年哈維颶風重創美國休士頓,災情慘重,世華會動員各地分會募款,短時間就募集8萬美金,成為第一個捐款的僑團。日前花蓮遭受地震重創,世華會凝聚全球姊妹的愛心,捐贈10萬美元及搜救運輸車,並號召各分會安排花蓮活動行程,為花蓮觀光產業盡一份心力。

長久以來,華人走遍世界創業開墾,女性的力量更是不容小覷,不論是與先生共同開創事業,或是獨立奮鬥,那股堅毅的力量,都令人欽佩。於是世華會在2001年創立華冠獎,由各分會提名當地具有影響力的成功女企業家,並由國內產官學法界的專家組成的評選小組,來遴選世界十大傑出華商婦女華冠獎得主。而一位成功的婦女,夫婿的支持往往功不可沒,世華會因而設置牽手獎,肯定共同奮鬥的模範夫妻。本屆總會長黎淑瑛,與世華會的緣分就是從她2007年獲得第三屆華冠獎開始。

點滴耕耘旅館王國

長年旅居美國的黎淑瑛,原是一位舞蹈家,在休士頓開立舞蹈學校。1988年美國經濟大蕭條,她與先生許文忠看準了投資的時機,以實惠的價格購入第一間旅館,開始了兩人的創業之路。

為了研究旅館實際營運狀況,夫妻倆連續3個月,每晚開2小時的車程,前往計劃購入的旅館外面觀察車流與旅客,仔細推估營業量,做足準備後,黎淑瑛便將舞蹈學校收起,全心投入旅館事業的經營。

門外漢的黎淑瑛從站櫃檯、打掃房務等基層做起,謙卑地向員工一點一滴學習。創業初期,許文忠仍在原本的公司上班維持家計,黎淑瑛則一個人挑起旅館的大小事,每天獨自開車長途往返。有次休士頓出現罕見的凍雨,路上的交通因為天氣而狀況頻頻,黎淑瑛還差點在結冰的公路上打滑,所幸在許文忠以電話指點路線中,終於平安到家,如今她回想都還心有餘悸。

隨著景氣回升,隔年夫妻倆用心經營的旅館便被投資者相中,以高價收購。兩人再拿著這筆資金買下第二間旅館,以一年投資一間的速度,逐步開拓事業版圖。投資第三間旅館時,許文忠便辭去工作,兩人成立美國聯合旅館投資管理公司,由黎淑瑛擔任副總裁。主修數學的許文忠擅長財務分析,負責營運管理;總是笑臉迎人的黎淑瑛則負責公關行銷,在夫妻倆齊心奮鬥下,如今旗下擁有多間連鎖品牌的旅館。

除了收購現成旅館,黎淑瑛和許文忠還在尚未開發的地區從無到有蓋了一間五星級連鎖品牌的旅館。黎淑瑛回想當時,土地周邊一片荒涼,雖然許多人都不看好,但她評估鄰近的石油公司有人口遷徙的住宿需求,且旁邊就是公路的交通優勢。憑著先前經營旅館的經驗,取得國際旅館集團希爾頓的信任,兩人成功開發一間希爾頓花園旅館。在2004年旅館開幕後,帶動周邊的發展,如今中國城、越南城、馬來西亞城等如雨後春筍般發展,許多大型商場進駐,原本的不毛之地儼然已是國際商業中心。

黎淑瑛夫妻倆以華人之姿,耗資重金開創旅館王國,不僅創造許多就業機會,並與當地政商保持良好關係。熱心參與僑務的兩人,更是駐外單位堅實而有力的後盾。

文化種子,樂於付出

在出色的飯店經營之外,跳舞仍是黎淑瑛的最愛,她在大學時便常有出國巡演機會,赴英國深造時,更是常隨著僑團到處演出。雖然舞蹈學校在創業時收起,但黎淑瑛仍持續擔任僑委會的海外文化教師,至今已二十多年。

黎淑瑛把台灣的原住民舞、採茶舞等傳統舞蹈帶到異國,教授僑胞、僑二代,甚至還有當地官員的子女。不分男女、不論老幼,黎淑瑛因應對象調整教學內容,年長者跳著優雅的扇子舞,小朋友拿著木屐敲敲打打跳著黎淑瑛自創的木屐舞,成果發表時總讓台下觀眾驚艷,也讓友邦邀請她一去再去。

黎淑瑛表示,因為地緣關係,除了美國各州外,她常被僑委會派往巴拿馬、宏都拉斯等中南美洲國家教舞,常常一去就是個把月。早期有些地區經濟、治安不太好,機場就有穿著迷彩服持槍的軍人,甚至還要自備發電機,克服隨時可能停電的處境。

在黎淑瑛的巡迴教學下,僑界或國慶、春節等慶祝活動的場合裡,許多學生都能登台表演。甚至還有一群媽媽級的學生,每個人都有一只裝滿化妝品與表演服裝、道具的行李箱,隨時能說走就走,到各地去表演,將台灣傳統舞蹈文化的種子撒播世界各地。

海外耕耘,女力閃耀

黎淑瑛的付出,讓她獲得海外優良教師獎、海外優秀青年獎等獎項的肯定。她曾任休士頓美南旅館公會會長、美國國會領袖基金休士頓分會顧問,也是我國現任僑務委員,致力增加華人在國外的社會地位與影響力。黎淑瑛不僅事業經營的有聲有色,也盡心盡力地為社會服務,獲頒「華冠獎」是實至名歸。

華冠獎是榮耀也是責任,獲選者肩負全球華商婦女標竿的頭銜,每次世華會舉辦華冠論壇時,也會邀請歷屆得主巡迴各地,分享她們創業的點滴與經營之道。黎淑瑛在2007年獲獎後即開始到各地分享她的創業故事,之後陸續擔任美南分會會長、兩任副總會長。隨著當時的總會長走遍世界各地的分會,積極拓展世華會在海外的據點,讓世華在全球的知名度逐漸提升。過去歷屆都由台灣會員擔任總會長的慣例,也隨著海外會務的拓展,而需要擅長國際事務的人才出任,於是黎淑瑛海外走透透的專才,成為選務會裡的不二人選。

來自海外的第一位總會長,黎淑瑛秉持著「謙卑學習、感恩奉獻、資源分享、宏觀視野」的信念,發揮她在海外的影響力,將世華會的腳步走的更深更遠。兩年的任期,第一年就建立9個海外分會,黎淑瑛笑說一天到晚飛來飛去,常常醒來不知自己身在何方。

隨著歐洲維也納、馬來西亞檳城、柬埔寨金邊等分會陸續成立,黎淑瑛持續貫徹團結全球華商婦女的使命:只要有華商婦女的地方就有世華會,有姊妹的地方就有溫暖,彼此攜手促進經貿的發展,並持續回饋社會。因為她們的付出,台灣將被更多人看見。                               

相關文章

近期文章

EN 日本語

A Different Kind of Soft Power

Li Shu-ying and the Global Federation of Chinese Business Women

Chen Chun-fang /photos courtesy of GFCBW /tr. by Geof Aberhart

The Global Federation of Chinese Business Women brings together leading ethnic Chinese businesswomen from around the world to promote their place in business, as well as doing philanthropic work and contributing to diaspora affairs. Through these efforts, it has become a for­mid­able female force in civic diplomacy.

Previously the federation had drawn its chairwomen from its Taiwanese membership, but in 2016 it broke with this tradition to appoint its first overseas­-based chairwoman, Li Shu-ying. A long-time resident of the United States, Li started her career as a dance teacher before moving into hos­pit­ality, working her way up from the front desk and room service to become a hotel manager. Today she runs her own chain of several hotels. In this article we take a look at the challenges faced by ethnic Chinese businesswomen through the experiences of Li Shu-ying.

 


 

Since its establishment in 1994, the Taiwan-headquartered Global Federation of Chinese Business Women (­GFCBW) has taken as its mission “envisioning the world, embracing trends, establishing networks, and developing the economy and trade.”

Today, its membership has grown to comprise some 62 chapters worldwide in countries as far apart as the US, Brazil, and Vietnam.

By our powers combined...

The ­GFCBW comprises hardworking female entrepreneurs and professionals from fields as diverse as medicine, education, cosmetics, and hospitality. Encouraging a familial atmosphere, the members all address one another as “sister,” and the federation serves as a way for ethnic Chinese businesswomen to come together and share experiences.

The membership share networks and resources, and the various chapters each hold a range of activities, including the Hua­kung Academy, economic forums, and business visits to help everyone work toward even greater career achievements.

Federation members are not only successful in business, but are also active philanthropists, including participating in activities like traveling to a Panamanian children’s hospital to help young cancer patients cel­ebrate Children’s Day. And whenever disaster strikes, the ­GFCBW calls upon the sisters’ strength to extend a helping hand. After Hurricane Harvey devastated Houston, Texas, last year, the federation rapidly raised some US$80,000 across its various chapters to help.

The Chinese have a long history of setting up shop around the world, and women’s contributions and struggles, whether in helping their husbands start businesses or in starting their own, cannot be underestimated. It was in light of this that the federation launched the Hua­kung Award in 2001, recognizing the top ten Chinese women in world business. Current chairwoman Li Shu-ying is a former recipient herself, with her recognition in 2007 marking the start of her ties to the federation.

Building an empire step by step

Li Shu-ying is a long-time resident of the US and started off as a dancer, opening her own dance school in Houston. When the American economy went into recession in 1988, she and her husband Steven Hsu seized the opportunity to invest cheaply in their first hotel, starting down their joint path as entrepreneurs.

Coming to the industry as an outsider, Li started at the bottom, working the front desk, doing cleaning and so on, learning from her staff as she went. In the early days, her husband continued with his day job to help make ends meet while Li handled hotel affairs, making the long commute there and back each day by herself.

The following year, an investor came in and paid a high price for their hotel, and so the couple took the money and used it to buy a second hotel, beginning to expand their business. When they invested in their third ­hotel, Li’s ­husband left his job and the two of them founded Allied Hospitality Inc., USA, with Li as vice president. Having majored in mathematics, Hsu put his skills in financial analysis to use heading up operations management, while the ever-smiling Li took responsibility for marketing and PR. Between the two of them, the couple have worked hard and now own a chain of several hotels.

In addition to buying existing hotels, Li and Hsu have also successfully started one of their own, the Hilton Garden Inn, from scratch, in a previously un­developed part of Houston. The 2004 opening of the hotel helped spur development in the area, with several major retailers setting up nearby, transforming the once-barren district into a thriving center for international business.

The sizable investment in their hotel empire has not only created job opportunities, but also helped them develop good relations with local businesspeople. And as enthusiastic participants in overseas community affairs, the two have also become a powerful source of support for overseas missions.

A price gladly paid

Alongside her success in the hotel business, Li’s first love remains dance, and for 20 years she has been an overseas cultural teacher for Taiwan’s Overseas Community Affairs Council (OCAC).

Li travels around the world, bringing with her traditional Taiwanese dance forms, including Aboriginal dance and the tea-picking dance which she teaches to fellow emig­rants and second-generation overseas Chinese, and even the children of local officials. She has tailored her teaching to her students—for example, the elderly learn elegant fan dances, while children don wooden geta (Japanese clogs) and tip-tap through a geta dance of Li’s own creation. The final performances are invariably astonishing events that delight audiences in Taiwan, and prompt Taiwan’s diplomatic partner nations to invite Li again and again.

Under Li’s traveling tutelage, students have been able to take the stage at events from local Chinese community events to ROC National Day and Lunar New Year celebrations. There is even a group of mothers­-cum-students who are ready to travel the world at the drop of a hat, their suitcases kept packed with makeup, costumes, and props, to sow seeds of Taiwanese culture around the globe.

Girl power shining bright

Li Shu-ying’s efforts have even earned her an Overseas Chinese Teachers Award. She has also served as president of the Taiwan Hotel-Motel Association of Greater Houston and is currently a commissioner of the OCAC, working to help boost the influence and status of ethnic Chinese entre­preneurs abroad. Li has earned a reputation not only in business, but also for her commitment to serving the community, which is what earned her the Hua­kung Award.

That award is both an honor and a responsibility, with recipients serving as role models in the global community of Chinese businesswomen. Whenever the GFCBW holds the Hua­kung Forum, past winners of the award are invited to share what they have learned in their journeys through the world of business. Li herself has, since receiving the award in 2007, traveled to various places to speak, as well as serving as chair of the ­GFCBW in the Southern USA, along with two terms as deputy chairwoman of the entire ­GFCBW. In the latter position she traveled to chapters all over the world, actively working to expand the reach of the foundation and gradually elevate its global reputation. In the past, the foundation’s chairwomen were customarily drawn from the Taiwanese membership, but as its overseas presence has grown, so too has the need for leadership skilled in international affairs. Thus it was that Li Shu-ying emerged as unquestionably the best candidate.

As the first overseas-based chairwoman, Li has used her influence to help extend the ­GFCBW’s reach. In the first year of her two-year term, she oversaw the establishment of nine new overseas chapters.

With new chapters popping up in Vienna, Pe­nang and elsewhere, the foundation is continuing to achieve its mission of bringing together ethnic Chinese businesswomen around the world. The goal is for there to be a space for sisterhood, mutual support, and community contribution wherever there are Chinese businesswomen, thanks to the Global Federation of Chinese Business Women.     

海外の女性の力を結集

世界華人工商婦女企管協会 黎淑瑛総会長

文・陳群芳 写真・世華會提供 翻訳・山口 雪菜

台湾に本部を置く世界華人工商婦女企管協会は、ビジネス界で活躍する華人女性を集めてともに発展を追求するとともに、女性の経済力を向上させ、また慈善活動や華僑活動を行なうなど、国民外交にとって欠かすことのできないウーマンパワーとなっている。

これまでは台湾の会員が総会長を務めてきたが、2016年に初めて海外から黎淑瑛が総会長に就任した。長年アメリカに暮らす彼女は、もともとダンス教師だったが、ホテル経営に乗り出し、フロントや客室サービスなどの基礎から学んだ。今ではアメリカにホテルチェーンを持つ経営者である。今月号では、黎淑瑛の物語を通して同協会の活動の軌跡を振り返ってみたい。

 


世界華人工商婦女企管協会(Global Federation of Chinese Business Women、以下「世華会」と略)は1994年に創設された。世界の流れに関心を寄せ、ネットワークを作り、経済を発展させることを目的として活動してきた。アメリカ、ブラジル、ベトナムなどにもその足跡があり、今では世界に62の拠点を持つ。

華人ビジネスウーマンの力を結集

世華会は、真剣に奮闘する女性経営者やビジネスウーマンから成る組織で、医療、教育、美容、ホテルなどさまざまな業種に属する女性が集まっている。妻であり、母親であり、経営者や管理職である彼女たちにとって、世華会は力強い後ろ盾だ。一つの大家族の姉妹のように、異郷で頑張る華人ビジネスウーマンにとって、シェアと交流の大切な場となっている。

世華会で、メンバーは人脈やリソースをシェアし、世界各地の支部では華冠学苑、経済フォーラム、企業視察などの活動を行なっている。勉強会では企業経営などの知識も学び、皆でともにビジネスの発展を目指す。支部が増えるに従い、メンバーは他の地域の活動にも参加して、視野をさらに広げている。

世華会のメンバーは事業で成功しているだけでなく、さまざまな慈善活動も積極的に行なっている。子供の日にパナマの児童病院を訪ね、小児がんの子供たちのためにパーティを催すこともある。また、世界のどこかで災害が発生した時、世華会はすぐに力を合わせて支援の手を差し伸べる。昨年、ハリケーン「ハーヴィー」がヒューストンを襲った時には世界各地の支部で募金活動を行ない、わずかな機関で8万米ドルが集まり、華人団体として最も早く義援金を贈ることができた。先ごろの台湾花蓮の大地震の際には、世華会の世界中のメンバーから10万米ドルとレスキュー用輸送車が贈られた。さらに各支部に呼びかけて花蓮を訪ねるスケジュールを組み、現地の観光産業復興にも一役買っている。

昔から、世界各地でビジネスを展開してきた華人の世界で、女性は重要な役割を果たしてきた。夫とともに事業を起こすにしろ、単独で働くにしろ、その努力には頭が下がる。そこで2001年、世華会は華冠賞を設けた。各支部から影響力のある女性企業家を推薦し、国内の有識者を招いて優れた華人ビジネスウーマン10人を選出するのである。成功した女性の背後には夫の支えが欠かせない。そこで世華会では、ともに奮闘してきた模範夫婦も表彰している。総会長となった黎淑瑛と世華会との縁は、彼女が2007年に第3回華冠賞を受賞したことから始まった。

一歩ずつ始めたホテル経営

長年アメリカに暮らす黎淑瑛は、本来は舞踊家で、ヒューストンでダンス教室を開いていた。1988年にアメリカが不況に陥った時、夫の許文忠とともに投資のチャンスととらえ、有利な価格でホテルを買い取り、二人で経営を始めた。

ホテルを買い取る前、夫妻は3カ月にわたってそのホテルの外で通行量などを観察して顧客数を見積もり、ダンス教室を閉鎖して全力でホテル経営に乗り出したのである。

素人の黎淑瑛は、自らフロント業務や部屋の清掃を行ない、謙虚に従業員から学んでいった。創業当初、許文忠は会社勤めを続けながら家計を支え、黎淑瑛がホテル経営を一手に担った。

景気が回復すると、夫妻が経営するホテルを投資家が高値で買い取った。二人はこの資金を元手に次のホテルを購入し、経営を拡大していく。3軒目のホテルに投資した時、許文忠は会社を辞め、夫婦でアライド・ホスピタリティ社を設立し、黎淑瑛が副総裁に就任した。数学を専攻した許文忠は財務分析が専門で、運営管理を担うこととなった。笑顔を絶やさない黎淑瑛はPRとマーケティングを担当し、二人で力を合わせて現在のホテルチェーンへと拡大してきた。

夫妻は既存のホテルを買収するだけでなく、ゼロからの開発もしてきた。最初に立ち上げたのはヒルトン・ガーデンで、2004年のオープン以来、周辺に発展をもたらし、大型のショッピングモールも進出してきて、何もなかった土地が国際的なビジネス街へと成長した。

夫妻が巨額を投じて築き上げたホテル王国は、多数の雇用を生み、地域の行政や企業とも良好な関係を維持している。華僑活動にも積極的に取り組み、我が国の外国駐在機関にとって力強い後ろ盾となっている。

文化の種をまく

今もダンスを愛する黎淑瑛はホテル経営に手腕を発揮するだけでなく、僑務委員会の海外文化教師を20年にわたって務めている。

台湾の先住民舞踊や茶摘みダンスなどを海外へ紹介して華僑やその子供たちを指導し、友好国の官僚の子女にも教えている。彼女は対象によって教える内容も調整する。年配の生徒には優雅な扇の舞、子供たちには下駄を使って音を出しながら踊る、独自に創作した下駄の舞などだ。その発表会はいつも大好評で、友好国から繰り返し招かれている。

こうして各地を巡りながらダンスを教え、国慶節や春節など華僑界のイベントでも多くの生徒がステージでダンスを披露する。あるママさんグループは、化粧品や衣装、道具などを詰めた鞄を常に用意していて、必要がある時にはすぐに各地に飛んでダンスを披露している。

海外で活躍する女性たち

こうした貢献から、黎淑瑛は海外優良教師賞を受賞した。ヒューストンの米国南部ホテル協会の会長を務めたことがあり、我が国の僑事委員でもあり、海外における華人の社会的地位向上に力を尽くしている。ホテル経営だけでなく、社会貢献にも熱心な彼女が「華冠賞」に輝いたのは、まさにこうした実績が評価されたからだ。

華冠賞は栄誉であるとともに責任も意味する。受賞者は世界の華人ビジネスウーマンの模範でなければならないからだ。世華会は、華冠フォーラムを開くたびに歴代の受賞者も招き、彼女たちの起業時の苦労や経営理念を話してもらう。黎淑瑛も、2007年に受賞して以来、各地で起業の経験を語ってきた。その後、米国南部支部の会長に就任し、続いて副総会長を二期務めた。当時の総会長が各地の支部を回って世華会の海外拠点拡張を進めるに連れ、世界における世華会の知名度も上がっていった。それまで慣例として会長職は台湾の会員が務めていたが、海外業務が増えるにつれて国際関係に強い人材が求められるようになり、黎淑瑛に白羽の矢が立ったのである。

初めての海外からの総会長ということで、黎淑瑛は「謙虚に学び、感謝して奉仕し、リソースをシェアし、広い視野を持つ」ことを信念とし、海外での影響力を発揮しつつ世華会を導いている。2年の任期の初年度に、すでに9つの海外支部を新たに設立した。

ウィーン、ペナン、プノンペンと、次々と支部が設立される中、黎淑瑛は世界の華人ビジネスウーマンを団結させるという使命を貫いている。手を取り合って経済を発展させ、社会に還元する。彼女の貢献で、台湾はより多くの人の注目を集めるようになった。

 

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!