雲端生活大考驗

:::

2013 / 2月

文‧朱立群 圖‧莊坤儒


你變成手機低頭族了嗎?

 

如果每隔幾分鐘不上臉書,心中焦慮是否油然而生?

 

或者,你會善用智慧手機上的App,讓生活變得更聰明?

 

不論改變是好、是壞,雲端科技已在每一個層面,滲透、影響我們的生活。你意識到了嗎?


網路上轉寄著一則令人發噱的婚禮漫畫:教堂裡,一對新人各自拿著智慧手機「待命」;神壇上,牧師唸出證詞:「我宣布你們結為夫妻。現在,請上臉書,更新狀態!」

顯然,沒有婚戒,不用親吻,海誓山盟,臉書為證,就連牧師的證詞也不算數。這則漫畫反映了現代社會的真實面向,英語世界甚至為此創造新詞「F.B.O.」(Facebook Official,臉書正式),意謂當事人的感情狀態,只有臉書公告說了才算。

臉書,這個2004年正式上線的社群網站,用戶至今已超過10億,相當於全球人口每7位之中,就有1位是臉書使用者,幾乎就是人類社會的縮影。問題是,從什麼時候開始,我們在臉書上的動態,竟與我們的生活無縫貼合了起來?

雲端即是服務

在上網工具「有線」、時間「有限」的時代,「線上社會」一詞,常被用來指稱經由網路構築起來的虛擬社群。使用者一旦下線,立刻就被打回真實的社會情境。線上與線下,虛擬與實境,涇渭分明。

現在,距當時頂多10年,資通訊科技大躍進,無線取代了有線上網,再加上智慧手機、平板電腦等行動裝置的問世,人類在21世紀第一個10年結束之前,已經進入了行動上網的時代。

誠如麻省理工學院教授雪莉‧特寇在新作《孤獨與共》裡所說,我們「總是在線上」。或者,套句時下最流行的用語:我們總是在雲端。

「雲端」一詞的出現, 谷歌(Google)執行長艾瑞克‧施密特的說法,最讓人印象深刻。

他在加州聖荷西市召開的2006年「搜尋引擎策略大會」上,提到「雲端伺服器」的概念與商業模式。簡言之,雲端指的就是遠方的伺服器,雲端伺服器提供雲端運算的服務,只要個人電腦、智慧手機等電子裝置可以透過網路連上伺服器,就能享受雲端運算的服務。

如此看來,Gmail、Hotmail等網路電子郵件信箱,都可算是初期的雲端應用,使用者無論身在何處,接上網路就能使用。這一兩年隨著智慧手機等行動裝置的普及,雲端上可供各式載具使用的付費或免費服務也越來越多,一般人最熟知的,就是包括臉書在內的App應用程式。

根據蘋果公司(Apple)與Google的統計,2012年App下載量超過400億次。這個數字持續飆漲,單是Apple iOS App Store 截至今年1月公布的下載量,就已超過400億次。

而行動裝置硬體與雲端服務搭配起來,大幅改變了人們的生活方式,讓工作變得更有效率。一位在報社任職的資深媒體人就說,手機App已經成了新聞工作者每日比報、掌握新聞動態不可或缺的工具。

雲端工作術

36歲的李先生是保險公司業務員,他服務的客戶有三百多人。他表示,2000年之前,從接觸新客戶到完成要保簽約,至少得約對方碰面4次,來來回回按客戶需求修訂文件的內容,平均2~4周才能談成業務。

但這兩、三年來,情況有了改善,即使與客戶初次見面,他只需拿出iPad,連上雲端、調出商品內容,在平板電腦上向客戶介紹。客戶如果滿意,當天即可簽約。

至於熟客,平常有疑問需要解答,李先生會用Line或WhatsApp與他們保持通訊。他說,許多客戶不希望三不五時被打擾,除非發生重大理賠等緊急事情,否則盡量避面電話聯繫。

李先生表示,智慧服務是保險業的趨勢,就他觀察,辦公室50位同事之中,約四十位使用平板電腦,且每人隨身攜帶一支以上的智慧手機,雲端化的程度相當普遍。

相較之下,本身是SOHO族的台灣蘋果電腦特約講師曾元譆,更能體會雲端服務為工作帶來的便利。他特別推崇沒有容量限制的網路空間,還可將使用者編輯、修改的檔案自動上傳的雲端備份硬碟Dropbox。以前,他常為檔案是否已存檔、出門是否帶妥隨身碟而感到焦慮;現在有了Dropbox備份,讓他減少許多心理壓力。

「既然存進Dropbox的檔案已經上傳到雲端,雲端服務公司應設有備援的機制,我可放心檔案不會遺失或毀損,」曾元譆說。

工具錯了嗎?

然而,雲端的生活方式,也有遭人詬病之處,尤其針對青少年與家人一起吃飯時,孩子長時間埋首滑手機的「低頭族」現象,讓許多父母看不下去,批評孩子冷漠、無禮,同時也責怪手機害孩子分心,嚴重者,甚至禁止孩子使用智慧手機。

對此,中研院社會學研究所研究員吳齊殷表示,孩子在家變成不理父母的低頭族,問題的源頭不在手機,而是親子關係本身已經觸礁,孩子只是「順理成章」不理父母罷了。

除了不良的親子關係是孩子想要逃離的對象之外,悠識數位顧問公司使用者經驗顧問、《人生從解決問題開始》作者蔡志浩,從心理學的角度提出另一種解釋,認為孩子埋首手機,是因為青春期的孩子對社交的需求較大,因而經常需與朋友聯繫,這時,臉書或聊天App,自然成為他們依靠的管道。因此,父母也不該怪罪手機。

八年級生、《用iPhone分手,在臉書上大和解?》作者楊士範,則提出有趣的類比,認為對電視機與智慧手機的愛/恨情結,分別是上一代與這一代父母的矛盾心情。

他說,現在的父母一方面不讓小孩玩手機,另一方面卻又依賴手機幫忙哄小孩,與30年前家長不准小孩邊吃飯、邊看電視,但卻又希望媽媽煮飯時,電視可以陪伴孩子,如出一轍。

「人性本身沒有改變,改變的只是工具而已,」楊士範說。

然而,當通訊科技與工具推陳出新的速度快到超乎人們的預期,有可能回過頭來影響、甚至改變人性嗎?

回歸人性

蔡志浩強調,人性,或人的本質,並不會這麼快改變;不過,每年都有新科技、新工具問世,人們為了適應環境變化的挑戰,也越來越大。

他舉家中長輩學習使用iPad查資料、用What’s App傳照片為例,認為科技帶來的挑戰,反而會讓人們回歸人性,尤其是對新鮮事物保持好奇心,以及學習的能力。「可惜的是,好奇及學習的特質,往往被正規的教育磨掉了,」蔡志浩扼腕地說。

長期關注青少年教育議題的吳齊殷也發現,學生一天被綁在學校8小時,學習的脾胃已被搞壞,少有人會善用科技產品課後自主學習。

「難怪,青少年使用智慧手機的主要目的,除了上臉書之外,就是下載遊戲,」吳齊殷說。

許多國、高中極不樂見學生帶手機到校,理由是怕學生上課分心。對此,吳齊殷質疑:當智慧手機越來越像眼鏡、手錶等隨身物品一樣普遍時,校方還禁得了嗎?

蔡志浩說,如果課堂教學極為有趣,學生便不易受手機吸引。「這是讓老師成長的機會,可以學習如何讓教學變得更活潑。」

蔡志浩與吳齊殷一致建議,與其跟智慧手機為敵,中小學教師不如把它納為教材、教具的一部分,才是明智之舉。

雲端大未來?

科技進展太快,連帶也給予「世代」新的意義。對於曾經是「MSN世代」、目前三、四十歲者而言,聽聞MSN將於3月關站的消息,難免感嘆當前已是一個「工具定義世代」的時代。楊士範舉例說,以前,對Gamer(遊戲玩家)的定義是擁有遊戲機,而現在,只要手持智慧手機或平板電腦,就是屬於Gamer世代。同理,會用行動載具上網的世代,就是雲端世代。

前《金融時報》記者、《集思:大眾創意力量》作者查爾斯‧利德比特,在為英國文化協會所寫的報告《雲端文化:全球文化關係的未來》裡指出,網路有許多個轉世化身,Web 2.0之後的10年,就是雲端。那麼,雲端之後呢?

「下一個10年,雲端運算將會衍生新的化身,也許是雲端文化,也許是雲端資本主義。」10年一個變化,我們將何去何從?利德比特沒有給出答案,只說:「網路的未來仍在未定之天。」

蔡志浩深信,從新技術、新科技改變生活,到人類據此制訂新的制度,再到新的文化形成,這個循環,就是文明的累積;然而,他也不得不為近幾年技術更新的速度之快,感到驚心。

誠如日本作家村上春樹在論及使用電腦取代紙筆寫作時所說,科技帶來的改變,並非好、壞或承不承認的問題,而是「就只是存在那裡的現實」而已。當新科技不斷允諾我們美麗新世界時,我們該傻呼呼地相信美好的未來一定手到擒來,而放任自己在資訊浪潮裡盲目追逐?抑或善用工具為生活的目的服務?這是身處雲端時代的我們必須面對的考驗。

相關文章

近期文章

EN 日本語

The Challenges of Life in the Cloud

Sam Ju /photos courtesy of Chuang Kung-ju /tr. by Scott Williams

Are you one of those people always glued to their smartphone? Or do you use apps to live a smarter life? Whether for good or ill, cloud technology now permeates almost everything we do. How aware of it are you?


Eric Schmidt, executive chairman of Google, offered a memorable description of “cloud computing” in 2006.

 

At Google’s Search Engine Strategies conference in San Jose, Schmidt introduced the concept of “cloud servers” and offered a business model for their use: “What’s interesting... is that there is an emergent new model.... It starts with the premise that the data services and architecture should be on servers. We call it cloud computing—they should be in a ‘cloud’ somewhere. And that if you have the right kind of browser or the right kind of access, it doesn’t matter whether you have a PC or a Mac or a mobile phone or a BlackBerry or what have you... you can get access to the cloud.”

Over the last couple of years, the growing ubiquity of mobile devices like smartphones has translated into growing numbers of services, free and otherwise, that can be used on virtually any device. The most familiar variety of these are applications software, better known as “apps.”

By the end of 2012, users had downloaded more than 40 billion apps from Apple and Google, and this figure is still rising. In fact, Apple recently reported that as of January 2013 its iOS App Store had itself seen more than 40 billion downloads.

The combination of mobile hardware and cloud-based services has changed lifestyles in ways that have made some kinds of work more efficient.

The art of working in the cloud

Mr. Li, a 36-year-old insurance salesman with more than 300 clients, is a case in point. He says that prior to 2000, it used to take him at least four meetings to go from the initial contact with a client to completing an insurance contract, with the back and forth over the terms of the contract taking an average of two to four weeks to sort out.

But there have been huge changes for the better in the last two or three years. Li can now pull out his iPad, connect to the cloud, bring up the contract, and run through it with a client in their first meeting. If the client is happy with it, they can sign it that day.

Li says that smart services are a growing trend in the insurance industry. He explains that roughly 40 of the 50 people in his office are now using tablets, and that everyone also has a smartphone with them at all times.

Sean Tseng, an Apple-certified help desk specialist who works from his home, is another person taking advantage of the cloud to make his working life easier. Tseng is especially fond of Drop­box, a cloud-based drive that not only provides storage but also allows users to upload, revise, and exchange files. He says that he used to have to worry about whether he’d saved files or had copies on his person when he went out. Having Drop­box as a backup has greatly reduced his stress levels.

“When I save a file to Drop­box, it’s in the cloud,” he says. “Cloud-services companies have backups, so I don’t have to worry about a file getting lost or corrupted.”

The wrong tool?

But the cloud-based life gives rise to problems of its own. Parents in particular have a hard time with their children being glued to their smartphones during family meals. They say their children are distant and impolite, and blame smartphones for their kids’ inattention. Some parents have even gone so far as to bar their children from using smartphones at all.

Speaking to this issue, Wu Chyi-in, a research fellow with Academia Sinica’s Institute of Sociology, says that the problem isn’t with cellphones themselves but rather with the parent-child relationship. He argues that these children are simply ignoring their parents because they don’t get along with them.

Tsai Chih-hao, a user-experience consultant with User­Xper Digital Consulting and the author of Start by Addressing the Problems, views the issue from a more psychological angle. He says that blaming phones is a mistake. Instead, he argues that in addition to wanting to escape poor parent-child relationships, teens bury themselves in their phones because they have a greater need for social interaction than adults. Nowadays, things like Face­book and chat apps are their channels of choice for the regular contact that they seek with their friends.

Mario Yang, a child of the 80s and the author of iPhones Are for Breakups, Face­book Is for Getting Back Together, has an interesting take of his own. He suggests that there are parallels between the feelings of parents of this generation towards smartphones and of the previous towards television.

Yang argues that parents today don’t want their kids playing with smartphones, but at the same time rely on smartphones to keep them amused. It’s analogous to how the parents of 30 years ago didn’t want their kids eating in front of the TV, but used the TV as a pacifier while mothers were preparing meals.

“Life doesn’t change,” says Yang. “Only the tools do.”

But can the rapid pace of change in communications technology and devices affect or even change human nature?

A return to human nature

Tsai stresses that human nature doesn’t change quickly. But with new technologies and devices taking the stage every year, the challenges we face in adapting to changes in our environment become ever larger.

He cites the older generation in a family learning to use an iPad to look up information or What’s App to send photos as examples. Tsai argues that technology’s challenges put people back in touch with human nature, in particular their ability to learn and their curiosity about new things.

“Unfortunately,” he laments, “curiosity and learning are ground out of us by mainstream education.”

Many elementary and middle-school teachers see smartphones as a scourge and have consequently missed an opportunity to teach their students how to use our new mobile devices properly.

Wu, who has long followed issues in teen education, has found that teens use their smartphones primarily for Face­book and to download games. Very few use their smartphones and tablets for study outside of school hours.

Middle-school teachers are very unhappy to see students bringing smartphones to school because they fear the phones will distract the kids in class. But with smartphones becoming as ubiquitous as watches, can schools ban them effectively?

Tsai says that if classes were interesting enough, students wouldn’t be as inclined to pull out their phones. “This is an opportunity for teachers to grow, to find a way to make education more lively and interesting.”

Tsai and Wu both suggest that elementary and middle-school teachers would be better served by incorporating smartphones into their curricula than by treating them as the enemy.

A big future in store?

Technological progress is so rapid that it’s giving new a meaning to the word “generation.” People in their 30s and 40s today who were part of the “MSN generation” can’t help but feel that we’ve moved into an era when “generations are defined by the tools they use.” As an example, Yang notes that “gamers” used to refer to people who played games on a gaming console, but now includes people who play games on their smart­phones or tablets. According to this criterion, the generation that uses mobile devices to access the Internet on the fly is the cloud generation.

In a pamphlet entitled Cloud Culture: The Future of Global Cultural Relations, prepared for the British Council, Charles Leadbeater, a former reporter with the Financial Times and the author of We-think: The Power of Mass Creativity, notes that the Internet has taken many forms over the years, and argues that the decade following Web 2.0 will belong to the cloud. So what comes after the cloud?

“In the next 10 years,” he writes, “cloud computing will give rise to something new again, cloud culture and even cloud capitalism.” How are we to address this decadal change? Leadbeater says only: “The future of the web is still uncertain.”

As Japanese author Ha­ruki Mu­ra­kami noted when discussing the switch from writing with pen and paper to writing on a computer, technological change isn’t in itself good or bad, acceptable or not, but simply lived reality. Should we credulously believe new technology’s constant promises to bring us a beautiful new world, accepting that these wonders are in reach and leaping to the chase? Or should we instead put them to use achieving our own aims? These are crucial questions in the cloud era.

智恵が試されるクラウド・ライフ

文・朱立群 写真・荘坤儒

あなたは、いつもスマートフォンを見るために、うつむいていないだろうか。フェイスブックを数分おきにチェックしたいという衝動に駆られないだろうか。それともアプリをうまく使ってスマートに生活しているのだろうか。

良きにつけ悪しきにつけ、クラウド・コンピューティングはすでにあらゆるレベルに浸透し、私たちの生活に影響をおよぼしている。


こんな漫画が転送されてきた。教会の結婚式で、新郎新婦がそれぞれ手にスマホを持ってスタンバイしている。壇上では牧師が「あなたたちは今、夫婦になられました。では、フェイスブックのプロフィールを変更してください」。結婚指輪も誓いのキスもなく、フェイスブックが証人となる。この漫画は現代社会の現実を象徴しているようだ。

フェイスブックは2004年から正式にスタートしたソーシャルメディアで、利用者は10億人超、世界の7人に1人が利用している。問題は、フェイスブック上の動態が、いつから人々の生活と隙間なく連結するようになったかである。

クラウドすなわちサービス

ケーブルでネットにつないでいた時代、ネット上の世界はバーチャルであり、接続を切断すればリアルの世界に戻った。

だが、10年ほど前からワイヤレスのオンラインが普及し始め、スマートフォンやタブレットPCなどのモバイル端末が登場するとともにモバイルでネットに接続する時代になった。私たちは常にネットにつながった状態に置かれている。

Google元CEOのシュミットは、2006年にクラウド・サーバーという概念とビジネスモデルを打ちだした。クラウドとは遠くにあるサーバーを指し、個人がPCやスマホなどのデバイスでネットに接続すればクラウド・コンピューティング・サービスを受けられるという概念である。

GmailやHotmailなどのメールボックスは早くから普及したクラウド運用と言える。ここ1~2年はスマホなどの普及で、クラウドを通して提供される有料・無料のサービスが増えてきた。よく知られているのはフェイスブックや各種アプリなどだ。

アップルとGoogleによると、2012年のアプリのダウンロード量は延べ400億件に上る。この数字は上昇し続け、アップルのiOS App Storeだけで今年1月までにのべ400億回ダウンロードされている。

仕事のツール

モバイルデバイスとクラウドの連結は人々の生活を大きく変え、仕事の効率を高めた。ある新聞記者は、ニュースのチェックに携帯アプリは欠かすことのできない道具になっていると言う。

36歳の保険営業マンは300人の顧客を持つ。2000年以前は、新規顧客と接触してから契約を結ぶまで少なくても4回は会って契約内容を修正する必要があり、契約まで2~4週間かかっていたと言う。

ここ数年は、初めての顧客にもiPadでクラウドに接続して商品を紹介できるようになり、問題がなければ当日契約も可能になった。従来の顧客からの質問などはLineやWhatsAppで受けている。保険業界ではこうしたサービスが主流になっているそうだ。

台湾アップルの特約講師の曾元譆は、クラウドサービスの利便性をより強く感じている。クラウド空間には容量制限がなく、ユーザーが編集・修正したファイルをクラウドのDropboxに保存することができる。以前は出かける時にUSBメモリを持ったかどうかなど気になったが、今はDropboxに予備ファイルがあるので心配する必要はない。クラウドサービス会社はバックアップ機能を備えているので、ファイルが失われる心配もない。

ツールの問題?

だがクラウドにも欠点はある。特に青少年が食事中もスマホを見ているという現象については、行儀が悪い、集中力がなくなるとして子供のスマホ使用を禁止する親もいる。

これについて中央研究院社会学研究所の呉齊殷・研究員は、子供が家でスマホばかり見ていて親を無視するという問題の根本はスマホではなく、もともと親子関係に問題があると指摘する。

悠識デジタルコンサルタントの蔡志浩は心理学の角度から説明する。思春期の子供は社交へのニーズが大きく、フェイスブックなどが重要なツールになっているという。

『iPhoneで別れ、フェイスブックで和解する?』の著者、20代の楊士範は次のように述べている。

親は子供から携帯電話を取り上げようとする一方で、携帯に子供の相手をさせているのである。30年前の親が、子供が食事中にテレビを見るのを禁じる一方、忙しい時にはテレビに子供の相手をさせていたのと同じなのである。人間性は変わらず、変わったのはツールだけ、と楊士範は言う。

だが、テクノロジーとそのツールは我々の予想を超えたスピードで発達している。それが人間性に影響をおよぼすことはないのだろうか。

人間性への回帰

人間の本質が急速に変化することはないが、次々と登場する新しい技術に適応していくための好奇心や学習能力といった人間性へと回帰していくと蔡志浩は言う。だが、好奇心や学習能力は、正規の学校教育で擦り減らされてしまうとも指摘する。

教育に関心を注ぐ呉齊殷によると、青少年は一日8時間も学校に縛られ、新テクノロジーの活用を自主的に学ぶことができていないと言う。「だから、スマホを使う主な目的が、フェイスブックとゲームのダウロードだけになってしまうのです」

多くの中学・高校では、携帯電話で生徒の気が散るとして携行を禁止しているが、呉齊殷は、携帯電話がメガネや腕時計のように普及した時、禁止し続けられるか、と問いかける。生徒の気が散らないような授業を教員がすればいいのだ。蔡志浩と呉齊殷は、教員はスマホを目の敵にするより、それを教材として活かすべきだと提言する。

クラウドがもたらす未来

技術の急速な発達に伴い、「世代」の定義も変わりつつある。現在30~40代の「MSN世代」にとって、3月にMSNサービスが終了するというニュースは「ツールが世代を定義する」時代の到来を感じさせる。楊士範は、以前はゲーマーと言えばゲーム機を持っている人を指したが、今はスマホやPCを持っていればゲーマーである。同様に、モバイルでネットを使う世代はクラウド世代と言える。

フィナンシャル・タイムズ元記者で『ぼくたちが考えるに―マスコラボレーションの時代』の著者レッドビーターはこう述べている。Web 2.0後の10年はクラウドの時代だが、「その次の10年、クラウド・コンピューティングは新たな化身を生む。それはクラウド文化かもしれないし、クラウド資本主義かもしれない。ネットの将来はまだわからない」と。

蔡志浩は、新たな技術が生活を変え、それによって制度も変わり、続いて新たな文化が形成されると考える。この循環は文明の蓄積だが、それでもここ数年の技術の発達は速すぎて不安になると言う。

村上春樹はペンからワープロに変わった頃、科学技術がもたらす変化は、良し悪しや、認める認めないといった問題ではなく、そこにある現実に過ぎないと語った。テクノロジーが次々と素晴らしい未来を見せてくれる時、私たちはそれを闇雲に追うだけでいいのか、それとも目的を持ってうまく活用するのか、クラウドの時代、正視すべき課題である。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!