外交替代役 駐外生活美好印記

:::

2017 / 8月

文‧陳群芳 翻譯‧Scott Williams


外交部自2001年推動「外交替代役計畫」,十多年來累計已有上千名的青年派駐國外友邦,貢獻農技、園藝、醫療、營養、網路通訊、水產養殖等專業,為台灣的海外技術團注入活力和新血,也在異鄉的生活拓展國際視野。


有別於一般役男,外交替代役結束成功嶺軍事訓練後,派駐前還需接受為期4周的國際禮儀、外語、疾病認知、烹飪與防身術等訓練,培養赴外的基本能力。本(16)屆外交替代役,於2016年10月下旬陸續抵達服勤國,開始他們為期10個月的派駐生活。

職志於農,以技術連結所學

南太平洋上的島嶼帛琉,以觀光著稱,島上自然資源少,食材多仰賴進口,加上居民生性樂觀,不擅儲蓄,每到月底捉襟見肘,於是超市裡易儲存且價格便宜的罐頭及泡麵,成為當地居民餐桌上常見的菜餚。

財團法人國際合作發展基金會駐帛琉技術團,三十多年來致力於農業技術的提升,改善當地蔬果種植技術與攝取不足的問題。本屆派赴帛琉的外交替代役男賴羿均,畢業於台大園藝暨景觀學系,自高中便對種植有興趣,閒暇時會協助爸爸整理家中農地。畢業前,賴羿均到日本東北的秋田縣交換學生一年,看到日本農家將果樹當成孩子般細心呵護,以職人精神務農,更讓他堅定朝農業發展的決心。於是賴羿均提出外交替代役申請,派駐帛琉。

技術團的園藝生產計畫已執行多年,在示範農場內保種育苗,提升帛琉的蔬菜種植面積有成。近年更開始推行校園農場,由技術團提供資材與技術,指導各學校種植的苗材,且每周二會到各農場巡視種植情形,讓孩童能享用自己協助栽種的新鮮蔬果。

「務農需要經驗的累積」,賴羿均說,初到帛琉時,他協助技師育苗,幾個月後開始嘗試調配苗種的數量與種類,不僅需活用校園學習的穴盤育苗技術,「分苗、移苗的時機與力道,決定了栽種是否成功。」賴羿均表示,能在南太平洋上頗具規模的農場學習,是很幸運的事。

除了育苗工作,農場與當地日本旅行社合作,常有日本觀光客前來參觀,賴羿均以日語專長協助導覽,帛琉熱帶雨林氣候種植的作物,與日本高緯度作物不同,常讓遊客大呼驚奇。

日本駐帛琉當地的研究組織,有時會商請技術團提供資料,這些日文書信的往返也都由賴羿均負責。日語專長竟能在講英語的帛琉發揮,讓他覺得生命中處處是學習,賴羿均因而獲得許多和日本農家長輩交流不同氣候栽種技術的機會。

從高緯度的日本到熱帶的帛琉,賴羿均貢獻自己在台灣學到的園藝技術,也學習因應不同環境來調整種植方法,始終堅持將學術的研究成果融入實地的技術發揮,賴羿均相信,在務農式微的年代,更需要年輕人的投入,而他也樂在其中。

營養尖兵,為吉國健康把關

輸出台灣嫻熟的農業技術,提升友邦的營養現況,改善各式疾病從營養把關,也是如今許多國合會駐外技術團的執行計畫。去年來到吉里巴斯的役男簡永安,便發揮專業,帶領當地民眾執行減重訓練。

根據WHO研究報告,吉里巴斯的肥胖比例高達八成,據簡永安自己在當地的觀察,成年已婚女性的肥胖比例,更是其中之最。飲食西化、少吃蔬果,加上愛喝糖水的習慣,「吉里巴斯的居民習慣在水、美祿、果汁等飲料裡加大量的糖,長期累積下來的熱量十分可觀。」簡永安說。

台大農藝學系畢業的簡永安大二時對食品營養產生興趣,在農藝課程外,進修營養課程並至醫院實習。考取營養師證照後,藉由營養師的背景申請加入吉里巴斯技術團的營養提升計畫。

技術團提供新鮮蔬果給校園學童食用,但這些本來在吉里巴斯並不常見的蔬菜如冬瓜、番茄、小黃瓜等,讓校方在烹調上傷透腦筋。為讓蔬菜能確實送到孩子面前,簡永安與營養技師設計能因應學校烹調設備的食譜,並為學校廚工開設烹飪訓練課程。

衛教推廣也是計畫的重要工作項目,每周簡永安都會隨技師前往合作學校舉行營養衛教課程,幫學童進行營養評估,測量身高、體重、血壓等,進行問卷調查分析,以投影片及影片傳遞健康飲食的概念。有時還會帶著台下學童進行簡易有氧運動,就像具有十八般武藝的健康小尖兵。

除了協助技師將營養觀念深入校園,簡永安還負責規劃成人減重班。今年一月受當地診所邀請,簡永安替當地成人規劃減重課程,向民眾介紹基本營養概念以及肥胖所帶來的健康影響,並以當地飲食習慣去規劃日常可執行的飲食控制,如增加蔬果攝取、減少含糖飲料等。對比體重紀錄,減重課程進行兩個月後,全程參與的學員平均減去1到2公斤。

營養衛教是條漸進而長遠的路,雖無法立即得到顯著效果,但能為吉里巴斯居民的健康把關,讓營養概念在校園裡扎根,簡永安為自己的駐外生活感到開心而滿足。

田野採樣,土地與詩畫交匯

位於加勒比海上的聖克里斯多福及尼維斯(簡稱「克國」),和多數渡假島嶼一樣,面臨農業仰賴進口的問題。技術團除協助提供農耕與農產加工技術,並從2014年開始執行「蔬果及雜糧作物品質與產品安全改進計畫」,將台灣的安全蔬果標章及檢驗制度帶到克國。本屆外交替代役陳彤昀就以他在中興大學土壤環境科學系的專長,獲派至克國進行土壤採樣。

駐外至今陳彤昀已協助技術團執行將近四百點的田邊採樣,並進行土壤肥力分析,參考台灣作物施肥標準,做成GIS資料分析地圖,希望能幫克國的農地做適合的耕種規劃。

陳彤昀在工作時認識克國當地信仰「拉斯塔法里」宗教的農民,他們崇尚自然,採行有機種植,與當地農戶常有農藥濫用的情形大大不同。這宗教信仰吸引了陳彤昀的注意,多次觀察後,將其寫進自己的創作裡。

陳彤昀表示,克國的地理位置使得來自各地的人們在此匯聚,每天都有不同的文化衝擊,讓原本就有寫詩興趣的他,更因此靈感大爆發。駐外至今已寫了超過百首的詩,題材從情感抒發、當地文化景觀、黑奴歷史、少數宗教等都成為他創作的靈感。陳彤昀已計畫回台後將這些詩作,以及他在克國的寫生作品,集結成圖文出版,為自己的駐外點滴留下美好的註記。

結束十個多月的駐外生活,不論是留任技術團,抑或回台從事與自身專業相關的工作,這段在異地的生活經驗,讓所學得以發揮,更增加國際視野,為年輕生命寫下璀璨的篇章。              

相關文章

近期文章

EN 日本語

Taiwan Youth Overseas Service: Creating Wonderful Memories of Foreign Assignments

Chen Chun-fang /tr. by Scott Williams

Since 2001, the Ministry of Foreign Affairs’ Taiwan Youth Overseas Service program has assigned more than 1,000 young men to technical missions serving our diplomatic partners. These young people have brought new blood to teams providing  technical assistance in areas ranging from agricultural technology and horticulture to nutrition and medicine, while also gaining an international perspective from their time abroad.


Young conscripts slated to perform alternative civilian service by participating in the Taiwan Youth Overseas Service program of the ROC Ministry of Foreign Affairs first undergo basic military training at Chenggongling in Tai­chung, and then receive four additional weeks of training in international etiquette and language before being assigned to a mission. Members of the TYOS’s 16th class began arriving in the nations they would serve in October 2016.

Agricultural ambitions

The Republic of Palau is a well-known tourist destination that has few natural resources and must import much of its food. Moreover, many of its residents have a relaxed attitude towards life and tend not to save. Often strapped for cash at the end of the month, they make do with meals made from canned foods and instant noodles.

The International Cooperation and Development Fund’s (ICDF) technical mission in Palau is seeking to increase the availability of food on the islands by improving local agricultural technology. Lai Yijun, a TYOS participant assigned to Palau, is a graduate of the Department of Horticulture and Landscape Agriculture at National Taiwan University. Lai has been interested in agriculture since high school, and used to spend his free time helping his father manage the family’s farmland. He also spent one year of his university career as an exchange student in Japan, studying Japanese agriculture in Akita Prefecture and reaffirming his desire to pursue a career in the field.

The Palau technical mission’s horticultural production program has been conserving seeds and producing seedlings on a model farm for a number of years. More recently, the program has also begun promoting campus gardens. The team provides participating schools with both resources and advice, and inspects the gardens ­every Tuesday.

When Lai first arrived in Palau, he helped technicians grow seedlings. A few months later, he tried his hand at planning seed and seedling quantities and varieties, which required him to make use of the “plug seedling” techniques he’d learned in school. “The timing and effectiveness of separating and transplanting seedlings determines how well they will ultimately grow,” explains Lai.

The farm also works with a Japanese travel agency in Palau to bring Japanese tourists in for visits. When they come, Lai uses his Japanese language skills to help out the guides.

The farm’s Japanese visitors often exclaim in surprise at how different the crops grown in Palau’s tropical-­rainforest climate are from those grown in Japan’s temperate climate.

Lai also handles correspondence with a Palau-based Japanese research group that sometimes requests resources from the technical mission.

Over the last few years, Lai has applied the horticultural skills he learned in Taiwan to both temperate Japan and tropical Palau. The experience has taught him how to adjust his cultivation techniques to different environments, and enabled him to combine the techniques he has acquired in the field with the fruits of his academic research.

With interest in agricultural work in decline, Lai believes it is more essential than ever for young people to take up farming. He says he is happy to be one of them.

Nutritional vanguard

Many of the ICDF’s technical missions also work on improving the diets of our diplomatic partners. Jian Yong’an is a TYOS participant who was assigned last year to the Republic of Kiribati. A nutritionist by training, Jian guided a group of I-Kiribati through a weight-loss program.

Kiribati’s diet has become Westernized and suffers from a lack of fruits and vegetables. Its citizens are also extremely fond of sweet drinks. “I-Kiribati add large amounts of sugar to all kinds of beverages, including water, Milo [a beverage made from chocolate and malt powder], and fruit juices,” says Jian. “Over time, those calories add up.”

Under its nutritional enhancement program, the technical mission provides fresh fruits and vegetables to schoolchildren. But with the I-Kiribati struggling to cook unfamiliar items such as winter melons and tomatoes, Jian and the mission’s other nutritionists developed re­cipes that could be prepared using the schools’ cooking equipment. They also provided cooking classes to school kitchen staff.

Every week, Jian accompanies mission personnel to the schools with which the mission is working to hold nutrition classes. He uses slides and films to share information about healthy diets, and sometimes even leads the students through some simple aerobic exercises. 

After being invited to visit a local clinic in January of this year, Jian followed up by helping the adults there plan a weight-loss course. He then used the course to introduce them to basic nutritional concepts and the health effects of obesity, and also mapped out a diet plan that suited local eating habits. After two months of weight-loss classes, participants had lost an average of one to two kilograms.

Educating people about nutrition is a gradual process, and results take time. Nonetheless, Jian is happy to have helped instill a better understanding of nutrition in Kiribati’s schools.

Testing fields

Located in the Caribbean Sea, the Federation of Saint Christopher and Nevis (better known as “St. Kitts and Nevis”) faces the same problem as many other island tourism destinations: they are dependent upon agricultural imports to eat. Seeking to address the problem, Taiwan’s technical mission to the islands began implementing its “Vegetable, Fruit and Upland Crop Quality and Safety Improvement Project” in 2014. Among the project’s achievements has been implementing Taiwan’s system for the safety testing and labeling of the fruits and vegetables grown on the islands. Chen Tong­yun, a graduate of the Department of Soil and Environmental Sciences at National ­Chung ­Hsing University, is a member of the current TYOS class assigned to St. Kitts and Nevis.

His function there has been to help the technical mission test fields at nearly 400 locations. Chen is also ­analyzing soil fertility with reference to Taiwan’s standards for the application of fertilizers, and using this data to create a GIS map aimed at facilitating the development of cultivation plans suited to the local farmland.

As a tourist destination, St. Kitts and Nevis attracts visitors from all over the world. Chen says that the daily conflicts between cultures have been a source of great inspiration for the poetry that he likes to write. In fact, he’s written more than 100 poems since his arrival, addressing topics as diverse as the venting of feelings, local scenery, and even the history of slavery in the Carib­bean. Once he returns to Taiwan, he plans to publish his poems and sketches in an illustrated volume that will document his wonderful time overseas.

After more than ten months stationed abroad, these young people have added a brilliant new chapter to their lives, one that has allowed them to apply and build on what they learned in school, and to gain a much broader international perspective.               

外交代替役――若い日々を対外援助に捧げる

文・陳群芳 翻訳・笹岡 敦子

外交部による「外交代替役計画」の推進は、2001年に始まった。これまでの十数年間で、千名にのぼる青年が、国交のある国々へ派遣されている。農業技術、園芸農業、医療、栄養、ネットワーク通信、水産養殖等の専門性で貢献し、台湾の海外技術団に新たな活力を注いできた。そして同時に、異郷での生活を通じて、国際的なビジョンを広げている。


一般の兵役とは異なり、外交代替役は「成功嶺」での軍事訓練を終えると、派遣前に更に4週間のトレーニングを受ける。国際マナー、外国語、疾病知識、調理、護身術等を学び、海外派遣のための基本能力を身につける。今(16)期の外交代替役は2016年10月から続々と派遣先へと渡り、10ヶ月の派遣生活が始まった。

農業を志し、知識と技術をつなぐ

南太平洋のパラオは観光で知られる。島は天然資源に乏しく、食糧も多くを輸入に頼る。そのうえ、島の人々は楽観的で貯蓄に長けておらず、毎月末には懐が厳しくなる。そこでスーパーで手に入る缶詰やカップ麺が、食卓に登場する。

財団法人国際合作発展基金会(ICDF)の駐パラオ技術団は、三十年来、農業技術の向上に取り組み、野菜の栽培技術と摂取不足を改善してきた。今期パラオに派遣された外交代替役の頼羿均は、台湾大学園芸・景観学科を卒業している。高校時代から農耕に興味を抱き、暇があれば父を手伝い農地の手入れをしていた。在学中には交換留学生として秋田県へ赴いた。一年間、日本の農家が果樹を子供のように大切にし、職人の精神で農作に励むのに触れ、農業の道に進む決心をした。そこで頼羿均は、外交代替役を申請し、パラオに派遣されることとなった。

技術団の園芸生産プロジェクトは何年も行われてきた。模範農場の種子保存・育苗によって、パラオの野菜作付面積は拡大している。近年は学校農場の取り組みも始まっている。技術団が資材と技術を支援し、学校に苗の栽培を指導する。毎週火曜日には各農場で栽培の様子を視察し、子供たちに自分で育てた新鮮な野菜を食べさせる。

「農業には経験の蓄積が大切です」と頼羿均はいう。パラオに来た当初は技師の育苗をサポートしていたが、数ヵ月後には苗の数と種類の配合にチャレンジした。大学で学んだセルボックス型プランターでの育苗技術に加え「株分け、移植の時機と力加減が、栽培の成否を分けます」という。南太平洋で、かなりの規模の農場で学べるのは、とても幸運だと話す。

農場は現地の日系旅行会社とも協力関係にあり、よく日本人観光客が訪れる。頼羿均は得意の日本語で案内も担当する。パラオは熱帯雨林気候だから、高緯度の日本とは作物が大いに異なる。観光客はその珍しさに驚く。

日本の駐パラオ研究機関は、時に技術団に資料を求めてくる。日本語での連絡も頼羿均の仕事である。英語を話すパラオで日本語が役に立つことで、人生はいつでもどこでも学びがあるのだと感じる。そこでも頼羿均は、日本の農家諸先輩と、異なる気候における栽培技術について交流する機会を得ている。

高緯度の日本でも熱帯のパラオでも頼羿均は台湾で学んだ園芸技術で貢献し、環境に応じた栽培の調整も学んだ。終始一貫して学術研究の成果を実地の技術に融合している。農業が先細る時代にこそ、若い世代が必要なのだと頼羿均は信じている。そして自身もそれを楽しんでいる。

栄養の先鋒としてキリバスの健康を担う

台湾の成熟した農業技術を輸出し、友好国の栄養状態を改善し、疾病を栄養面から防ぐ手法は、ICDFの技術団が各国で実施するプロジェクトである。昨年キリバスへ赴任した代替役の簡永安は、減量トレーニングを指導している。

WHOによるとキリバスの肥満率は8割に上る。簡永安自身の観察では、成人既婚女性の肥満率が特に高い。食生活の欧米化、野菜不足、さらに糖分を含む飲料を好む。「水、ミロ、ジュースなどに砂糖をドッサリ入れます。長年にわたるカロリー摂取は膨大です」と簡永安はいう。

台湾大学農芸学科を卒業した簡永安は大学2年のとき、食品栄養に興味を抱き、農学以外に栄養学課程も履修し、病院で実習した。栄養士免許を取得してから、栄養士としてキリバス技術団の栄養改善プロジェクトに申し込んだ。

技術団は新鮮な野菜を学校に提供するが、キリバスでは見慣れない冬瓜・トマト・キュウリなどは、学校が調理に頭を悩ませてしまう。野菜を確実に子供たちに届けるために、簡永安と栄養技師は学校の設備に合せたレシピを考え、調理職員のためにトレーニングコースも設けた。

衛生教育もプロジェクトの重要な項目である。簡永安は毎週、技師と学校へ行き、栄養衛生教育講座を開く。子供たちの栄養状態の評価、身長・体重・血圧の測定、アンケート調査と分析を行い、スライドと動画で健康な食生活の概念を伝える。子供たちにエアロビクスを教えたりもする。多芸多才な健康のフロントランナーである。

技師をサポートして栄養の知識を学校に普及させるだけでなく、簡永安は大人の減量コースの企画も担当している。栄養の基本や肥満による健康への影響などを紹介し、現地の食習慣に照らして日常的に実行可能な食事のコントロールを考案する。減量コース2ヶ月経過で、最初から参加したメンバーは平均1~2kg減量できた。

栄養教育は地道な積み重ねである。すぐには目立った効果はないが、キリバス住民の健康管理に役立ち、栄養の知識が学校に定着することは、簡永安の海外赴任生活を充足したものにしている。

大地と詩のかかわり

カリブ海に浮かぶセントクリストファー・ネイビスは、多くのリゾート地と同様、食糧を輸入に頼っている問題がある。技術団は農耕と農産加工技術を提供するとともに、2014年からは「野菜・雑穀作物の品質と安全増進計画」を実施し、台湾の安全野菜認証と検査制度を同国に導入している。今期の外交代替役の陳彤昀は、中興大学土壌環境科学科の専門を買われ、同国での土壌サンプル収集に派遣された。

派遣から現在まで、陳彤昀は技術団をサポートして400箇所近くでサンプルを収集した。土壌肥沃度を分析し、台湾の作物施肥基準を参考に、GISデータ分析マップを作成している。現地に適した耕作計画が期待される。

陳彤昀は仕事を通じて「ラスタファリズム」を信仰する現地の農家と知り合った。自然を大切にし、有機栽培を行っており、他の農家とは大いに違っていた。その信仰に興味を感じた陳彤昀は、観察を重ね、自らの作品に織り込んだ。

陳彤昀によると、セントクリストファー・ネイビスは地理的に各地から人々が集まり、毎日さまざまな文化が衝突しているという。趣味だった詩に、インスピレーションが大爆発した。赴任から今まで、書いた詩は百を超える。溢れる情感、現地の文化や景色、奴隷の歴史、少数派の宗教なども、ことごとく創作に繋がる。陳彤昀は台湾に戻ったら、詩と、そこで描いた写生作品とを出版する計画を立てている。海外での日々の暮らしを美しい記録にまとめるつもりである。

十ヶ月あまりの海外赴任を終えた後、技術団に留任するにしても、台湾に戻って自身の専門に関わる仕事に従事するにしても、異国での生活経験は、学んだものが活かされ、国際的視野も広がり、若い命の輝かしい一ページとなることは間違いない。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!