跨越學習的高牆──Hahow讓教學充滿無限可能

:::

2016 / 7月

文‧陳群芳 圖‧林格立


噹噹噹噹……上課鐘聲響起,老師走進講堂,學生翻開書本,這是我們聽到「上課」一詞腦中會出現的畫面。如果你想學的東西課堂上沒有、補習班不教,你會怎麼學?上網找鄉民求救、拜谷歌大神?在網海龐雜的資訊中篩選你的需要。會不會你的同學、鄰居就是這領域的箇中高手?是否有更系統化的學習管道?

台灣有群年輕人,在這一連串的問號中看到機會,建立一個專為線上課程而生的募資平台「Hahow」,為求知者與授課者搭起了橋梁,只要有網路,整個城市都是你的學習場域,顛覆了人們對上課的想像。


 

「Hahow」好學校,取諧音自台語的「學校」,這所學校沒有地址,也不教升學考試的學科,它是一個由4位不到30歲的年輕人創立的線上課程募資平台。舉凡美食插畫、氣球藝術、節奏口技……,甚至還有高跟鞋挑選的課程,這些普遍被認為是興趣嗜好的非正規課程,所有意想不到的專長,都在Hahow成為學習內容。

「學習不該侷限在課本上,」Hahow共同創辦人、執行長江前緯表示,傳統的教育環境窄化了學生的未來,念理組就被期望當醫生、工程師,選擇文組就以法律系、財金系為第一志願,「很多人大學四年念完,仍不知道畢業後要做甚麼。」舉例來說,念資工系的人可能真正有興趣的是人類學、設計等非本科系的專業,想學習卻沒有相應的管道,或是必須付出昂貴的學費,「我曾經為了想學Photoshop到坊間電腦補習班詢價,發現竟然要新台幣兩萬元。」讓當時就讀台大社會系的江前緯萌生了想改善台灣跨領域學習門檻的念頭。

一張桌子開始的創業

「會不會我身邊的人就有我想學的東西,只是社會的標籤與刻板印象讓我們看不到彼此;是不是能有個平台讓大家互相交換技能,探索身旁的可能。」這樣的想法催生了Hahow的前身──Skillhopping知識技能交流平台。

2013年8月,剛退伍的江前緯向台大網媒所畢業的好友黃彥傑提出他的想法,兩人一拍即合,黃彥傑又邀集同學王紹丞加入。當時各自有工作的三個人,只能利用平日下班的夜晚與周末假日,帶著筆電窩在咖啡廳設計網站。讓大眾在Skillhopping上登錄自己擅長以及有興趣的技能,供他人參考,如果對彼此的技能有興趣,再主動送出聊天邀請,互相交流。「我們相信每個人都有分享的價值與能力,無關外貌、學歷,希望建造一個以分享學習為出發的社群網絡。」江前緯說。

Skillhopping上線才2個月就累積了四千多筆技能,網友的廣大迴響讓江前緯與夥伴們看到跨領域學習平台的發展潛力,但現有平台一對一的交流方式受時空限制,且缺乏商業模式。團隊研究了國內外線上課程的發展市場,「我們覺得線上課程不該只是將側拍的教學影片放上網加上金流串連,應該有更好的發展。」江前緯說。為了這個壯志,2014年11月江前緯、黃彥傑、王紹丞以及後來因認同理念而加入的黃柏翔,4人決定辭去工作,在共同工作空間承租進駐,全心投入線上學習平台的創業。

創業初期,4個男生每天擠在一張小桌子討論網站的設計,苦思平台營運模式,他們研究各種線上教學影片,向出版業、補教界的前輩取經,歷經數月的不斷激盪,2015年4月首創將募資與線上影片結合的網路教學平台──Hahow終於正式上線。

要在平台上開課,提案者需先錄製3分鐘的介紹短片,並決定募資達標人數與費用,再把提案上架讓有興趣的群眾對課程進行預購,經過30天募資期的考驗,確定達標後再拍攝正式課程上傳平台。不同於其他線上教學由影片製造者自行決定內容,Hahow提供社群互動,學生可以留言建議課程內容,讓老師更貼近市場需求。例如近期熱門的寫字課,老師就因學生建議而增加了左撇子的單元。

打破框架,創造素人教學舞台

Hahow翻轉了大眾對「教」與「學」的想像,至今已有一百多堂成功募資的課程,內容包羅萬象,親子玩具製作、手沖咖啡、動畫特效等。最令人訝異的是,這些授課老師有一半的身分還是學生,平均年齡30歲以下。例如平台上廣受歡迎的「透視超訣竅」課程,老師就是一位18歲的大學生程威誌,他從小自學透視繪畫,抱著分享的心情嘗試開課,沒想到吸引七百多人修課。「我們企圖打破當老師必須是留學菁英、年長資歷深的刻板印象。」江前緯說。

為讓具有教學潛力的素人能有發光的機會,Hahow團隊以無償顧問的形式給予提案者企劃的建議,也為不擅拍片者提供攝影場地並協助拍攝,一份提案平均需往返討論一個多月才能正式放上平台,且直到確定開課成功,才會與老師按比例拆帳,若募資失敗也不會收取任何費用。這些耗費人力的工作,讓團隊們經常忙到三更半夜,一切只為成就更多的素人老師。

多采多姿的線上課程,就有各式各樣的提案者,每個人遇到的問題都不同,團隊必須不斷發揮創意去克服。「創業就是持續累積經驗,每天都有不同的變動與挑戰,」江前緯表示,法規、會計、行銷、客服……,創業者都需一肩扛起。「我們做的是破壞式創業,企圖用最少的資源,改變現有的遊戲規則,打破補習教學的框架。」

堅持不賣廣告,Hahow的營收全來自募資成功的課程,從創業之初努力爭取的3堂提案,到現在已有一百多堂課程成功上線。4位創辦人走過一整年不支薪的日子,Hahow逐漸站穩腳步,團隊現已有能力承租獨立的辦公室,還規畫了微型攝影棚。如今網站每月的造訪人次達到十萬,擁有兩萬多名註冊會員,課程回購率高達2成。網路的無遠弗屆更讓上課學生走出台灣,跨足新加坡、馬來西亞、香港、澳門。

「每次看那些精彩的課程影片上線,就覺得自己做了對的事情。」江前緯自信地說。Hahow辦公室裡平均年齡不到30歲的團隊成員們,眼神閃閃發光,他們將持續懷抱年輕人的熱情與創意,為學習創造更多無限的可能。

相關文章

最新文章

日文 英文

オンライン教育に無限の可能性を——「Hahow」

文・陳群芳 写真・林格立 翻訳・山口 雪菜

始業のベルが鳴ると先生が教室に入ってきて、生徒たちは教科書を開く。「授業」と聞くと、こうした場面を思い浮かべるが、自分が学びたいものを、学校でも塾でも教えていないとしたら、どうすればいいのだろう。ネットのQAサイトで質問するか、グーグルで調べるか。だが、実は同級生やご近所の中に、あなたが学びたいものの達人がいるかも知れない。そうした人々を系統的につなぐシステムはないのだろうか。

こうしたニーズに応えようと、若者たちがオンライン教育/クラウドファンディングのプラットフォーム「Hahow」を立ち上げた。学びたい人と教えたい人の架け橋さえあれば、どこにいても学びたいことを学べる。


Hahow」とは、台湾語の「学校」の発音である。この学校に所在地はなく、進学や試験のための教科も教えない。20代の若者4人が設立したオンライン教育/クラウドファンディングのプラットフォームである。グルメイラスト、バルーンアート、それにハイヒールの選び方など、あらゆるカリキュラムがHahowでは見つかる。

「学習は教科書だけに限られるべきではありません」と話すHahowの共同創設者でCEOの江前緯は、学校の教育は生徒の将来を狭めてしまうと考える。例えば、理科系なら医者か技術者、文科系なら法律か金融関係などを志望する人が多いが、4年生になっても卒業後に何をすべきかわからない人が多い。情報工学を学んだ人が、実は人類学やデザインに興味を持っていても学ぶルートがなく、学べたとしても高い学費を払わなければならない。「自分もPhotoshopを学ぼうと思ってパソコン教室を調べたら、学費が2万元もしました」と言う。当時、台湾大学社会学科に学んでいた江前緯は、専攻を越えた分野の学習環境を何とかしたいと考えるようになった。

「自分が学びたいと思っていることを、すぐ近くにいる人が教えられるかもしれないのに、社会の仕組みなどのせいで、それを知らないのです。そこで、互いの技能や専門を交換できるプラットフォームがあれば、と思いました」。こうしてHahowの前身であるSkillhopping知識技能交流プラットフォームが誕生した。

テーブル一つで起業

20138月、兵役を終えた江前緯は、台湾大学の情報ネットワークとマルチメディア研究科を修了した黄彦傑にこの考えを話すと意気投合し、黄の同窓生の王紹丞も加わった。3人とも仕事をしていたので、平日の夜と週末にカフェなどでサイト設計に取り組んだ。Skillhoppingは、ユーザーが自分の得意とする技能を登録し、ユーザー同士が互いの技能に興味があればチャットで交流するという仕組みだった。

Skillhoppingは立ち上げて2ヶ月で4000の技能が登録され、江前緯と仲間たちは学習プラットフォームの可能性を確信した。しかし、Skillhopping11の交流モデルで、ビジネスモデルとはなりにくい。彼らは海外の事例を研究し、講義のビデオをアップするだけではない、他の方向があるはずだと考えた。そこで201411月、江前緯と黄彦傑、王紹丞、そして後から加わった黄柏翔の4人は仕事を辞め、オフィスを借りて新しいプラットフォームの構築と起業に全力を傾け始めた。

起業当初、4人は小さなテーブル一つでサイトの構成や経営モデルについて話し合った。さまざまなオンライン教育映像を観て、出版業界や学習塾の先輩から話を聞くなどし、数カ月にわたってブレーンストーミングを続けた。そして20154月、初めてのクラウドファンディングとオンライン教育を結びつけたプラットフォームHahowが誕生したのである。

このプラットフォームで何かを教えたい人は、まず3分のデモビデオを作成し、クラウドファンディングで募集したい人数と金額を提示し、ユーザーからの受講予約を募る。30日以内に目標を達成したら、本格的に授業を録画してアップするのである。一般のオンライン教育では、製作者が自分で授業の内容を決定するが、Hahowでは生徒側がカリキュラムの内容に注文を出せる。例えば、最近人気のペン字の講座では、生徒のリクエストに応えて左利きの人のための授業を加えた。

誰でも教えられる教育プラットフォーム

Hahowは従来の教師と生徒の枠を覆し、これまでに100以上のカリキュラムを実現させた。内容は、親子の玩具作り、コーヒーの入れ方、動画特殊効果などさまざまである。驚くべきことに、教師の半数はまだ学生で、平均年齢30歳以下だという。700人の生徒を集めた18歳の教師もいる。「留学経験があり、経験豊富なエリートしか教師になれない、という既存の概念を打破したいのです」と江前緯は言う。

何かを教えることができる素人に機会をもたらすため、Hahowでは無償顧問の形で企画提案者をサポートしている。映像撮影が苦手な人ならスタジオを提供して撮影に協力するなど、一件の提案について1カ月余りにわたって議論してようやく開講することもある。しかも、開講が確定してはじめて、教師と会社は定められた比率に従って収入を分け、資金募集に失敗した場合は、何の費用も請求しない。手間のかかる作業のため、彼らは夜中まで忙しく働くこともあるが、すべては素人教師の成功のためなのである。

さまざまな提案が寄せられ、Hahowのメンバーは常に創意を持って問題を解決しなければならない。創意は経験の積み重ねであり、毎日異なる変化や課題が生まれる。起業にあたっては、法規や会計、マーケティング、サービスまですべて自分たちでやらなければならない。「私たちが試みているのは破壊型の起業です。最少のリソースで既存の枠組みを変えたいのです」と言う。

広告は入れないというポリシーで、Hahowの収入源は各カリキュラムに集まる資金だけである。起業した4人は最初の一年は無給で働いていたが、今はカリキュラムが100まで増え、オフィスを借りて小さなスタジオも設けた。サイトの閲覧者数は月10万人に達し、会員数は2万人、受講リピート率は2割に達する。シンガポール、マレーシア、香港、マカオなどの生徒もいる。

「すばらしい授業のビデオを見ると、間違っていなかったと思います」と江前緯は言う。20代のメンバーたちは目を輝かせ、情熱と創意をもって新たな可能性にチャレンジし続ける。

Hahow Makes Learning More Accessible

Chen Chun-fang /photos courtesy of Jimmy Lin /tr. by Scott Williams

When someone mentions “taking a class,” we immediately think of a ringing bell, a teacher strolling into a classroom, and students opening their books. But what do you do if you can’t find a school or tutoring center offering the class you want? Do you sift through the masses of online information, hoping to learn what you want to know? Is there an expert in the field among your friends and neighbors? Surely, there must be a more systematic way to go about learning.

Seeing an opportunity hiding within this problem, a group of young Taiwanese built a crowdfunding platform specifically to back online classes. Known as “Hahow,” the platform has turned Taiwan’s ideas about taking classes on their head.


 

Built by four individuals in their 20s and with a name based on the Taiwanese word for “school,” the Hahow platform is populated with offers to teach courses on unusual hobbies such as food illustration, balloon art, and beatboxing.

Hahow cofounder and CEO Arnold Chiang says that traditional educational settings place students on narrow educational tracks, with those who take the sciences track expected to aspire to a medical degree and those on the humanities track expected to go into the law. “But many people finish four years of university with no idea of what they want to do afterwards.” An information engineering major might well be more interested in areas completely unrelated to computing. The idea that an engineer might want to learn anthropology or design but be unable to take such classes or be able to take them only at prohibitive cost inspired Chiang to look for ways to provide Taiwanese with better access to education in new fields.

Basic beginnings

“Are social labels and stereotypes keeping us from finding out whether the people around us know things we want to learn? Can we create a platform that enables people to exchange skills, and explore the possibilities around them?” Those kinds of ideas led to the creation of Hahow’s predecessor, Skillhopping, a knowledge sharing platform. 

When Chiang pitched his idea to his friend Austin Huang, a graduate of the networking and multimedia program at National Taiwan University, in August 2013, right after completing his military service, the two agreed on the plan immediately. Huang then invited Daniel Wang, also a program alumnus, aboard as well. Since all three already had jobs, they built the website on their laptops, working in coffee shops in the evenings and on weekends.

Skillhopping users registering on the site would list their personal areas of expertise and the skills they were interested in acquiring, for the reference of other users. When users found someone with a skill they hoped to learn, they sent an invitation to chat and arrange an exchange.

Within two months of its launch, the Skillhopping website listed more than 4,000 skills, convincing Chiang and his partners there was tremendous potential in a multidisciplinary learning platform. But Skillhopping suffered from two issues: its exchanges required one-on-one meetings, which limited them to particular times and locations; and its partners lacked a business model. After studying the developing market for online courses both within Taiwan and abroad, Chiang, Huang, Wang, and Peter Huang (a new partner who joined the team because he liked the concept) quit their jobs in November 2014, leased space in a coworking space, and threw themselves into their new online learning venture.

At the outset, the four men would crowd around a small table every day to discuss website design and research business models. After months of feverish activity, they launched Hahow—the first online learning site in Taiwan to combine fundraising with streaming educational videos—in April 2015.

The process for teachers hoping to offer a class on the platform is pretty straightforward. Would-be teachers first produce a three-minute video introduction, decide the cost of the course, and set a target number of students. They then post all of this information on the platform, where interested users can pre-purchase the course. The proposed course has 30 days to achieve its funding and sign-up goals. If it reaches those targets, the teacher then shoots the actual class videos and posts them on the site.

An educational stage open to all

With more than 100 classes having achieved their funding targets so far, Hahow has upended the general public’s ideas about teaching and learning. Interestingly, the teachers’ average age is under 30, and roughly half of them are themselves still students. “We hope to dismantle the notion that teachers must be overseas-educated elites or possess vast amounts of experience,” says Chiang.

The Hahow team offers planning advice at no charge to would-be teachers. It also provides those who don’t know how to shoot their classes with a place to film and assistance in doing so. It typically takes more than a month of back-and-forth discussion before a proposal lists on the platform. In the event that a proposal succeeds in becoming a full course, Hahow takes a percentage of the students’ tuition fees. If it fails, Hahow charges nothing. Trying to help more would-be teachers succeed is time consuming, and the team often find themselves working into the wee hours. 

Chiang says that entrepreneurs have to be jacks-of-all-trades to manage all of the legal, accounting, marketing, and client service duties associated with starting a company. He adds: “We’re trying to create radical change, hoping to use the least possible amount of capital to change the rules of the game and disrupt the tutoring framework.”

Committed to not selling advertising, Hahow derives its operating income entirely from classes that achieve their fundraising targets. After starting the business with just three proposals, they have since grown to more than 100 successfully opened classes. The four founders went without salaries for a full year as Hahow slowly found its footing. But their hard work has paid off. The Hahow website receives more than 100,000 visits a month, has more than 20,000 registered users, and has a 20% repeat purchase rate. This has generated enough income for the company to rent its own office, and for the team to begin planning their own mini film studio.

Moving forward, Hahow will continue to embrace the passion and innovativeness of young people to unlock boundless educational possibilities. “Every time I see these brilliant course videos online, I feel like I’ve done something right,” says Chiang.

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!