感光城市,映照在地

:::

2017 / 5月

文‧劉嫈楓 圖‧中強光電文化藝術基金會 翻譯‧Jonathan Barnard


陽光下,大片光線穿透葉隙,樹影婆娑;夜幕低垂,喧鬧的城市華燈初上……,每時每刻,無數的光芒在身旁千變萬化,而你是否感知、看見?

由台灣生產LED、投影照明等設備母企業中強光電所成立的中強光電文化藝術基金會,將「光」化為媒介,點亮地方、喚醒人們對在地的感動與珍惜。


 「隨著歲月嬗遞、時間的更替,趕忙追逐最新潮流的人們,往往在前進的時光中,忘記自己的身世,忘了回頭看看自己的生活」。中強光電文化藝術基金會董事長姚政仲說。

因此,集結了雲門創辦人林懷民、文學大師蔣勳、燈光設計師林大為等人組成的董事陣容群,為中強光電文化藝術基金會設下的定位,便是以「光」為媒介,重新認識土地與歷史,找到自己。

但從冰冷的光科技,轉化為藝術文化,何其容易。為了找到光之所在,中強光電文化藝術基金會成立第一年,舉辦「光偵探」工作研習營,邀請眾人在城市、鄉野,一起「感光」。

以「光」為主題,不僅全台少有,連中強光電文化藝術基金會執行團隊也全無經驗。因此活動舉辦初期,基金會執行長徐芳筠都擔心如此抽象的文案與主題,能否吸引大眾。所幸,超過百人的報名人數,大大減輕團隊的疑慮,而成員的背景也出乎意料,包括公務員、牙醫、保險員……,都在其中。

工作坊首場,成員就在林大為的要求下,帶著百元鈔票前往便利商店採購,並結合手電筒,來一場「光」的自我介紹。其中,一位工程師的介紹,至今都令徐芳筠印象深刻。不像既定的光影想像,他買來一罐運動飲料,將光照映罐中的液體,從外面看來混濁,裡頭卻有黃光透入,正如自己給人的印象「外人看不透,內心卻是滿懷溫暖。」

除了每年定期舉辦「光偵探」工作坊,基金會還邀請國際燈光大師周鍊以「生活裡的光」為題分享、蔣勳主講「唐詩裡的光」座談會,並跨界與優人神鼓合作,推出「聽見鼓聲‧聽見光」的劇場演出。

為了讓大眾打開五感體會光,基金會與優人神鼓商量,特地在通往劇場的小徑上,安上火把,讓觀眾搭上接駁車的那刻起,就開始與光相遇。表演散場後,眾人沿著小徑漫步返回停車場時,一片漆黑的路上,卻是月光充盈。當下景象,令人讚嘆。

光之廟宇,風華再現

為了讓大眾留下深刻印記,基金會更自2012年起,推動「感光城市」計畫,在台南、屏東、嘉義等地,點亮地方的感動。

感光城市的點子,來自基金會董事蔣勳。有回蔣勳受邀至對岸上海演講,人出了機場,隨著車輛逐漸駛進市區,高架橋兩側的LED燈廣告看板越是奪目張狂。蔣勳當下心生感慨,「科技本該是改善人們的生活,如今怎麼成為光害污染呢?」

蔣勳心中對科技與環境的省思,促成基金會「感光城市」計畫的上路。而第一個地點,基金會就選在台南的風神廟。

全台廟宇何其多,何以落腳風神廟?姚政仲表示,選擇風神廟是意外的因緣巧合,比起其他廟宇,興建於清朝的風神廟似乎多了些故事。

全台唯一主祀風神的風神廟,充滿先民渡海來台時,踏上異鄉的想像及未來的渴望。「這些先民當年從故鄉到異鄉的拚搏,不正代表台灣精神?」姚政仲說。然而,廟宇庇佑先民渡海、守護眾生的角色、功能不再,基金會決定為風神廟找出新時代的意義。「時至今日,風神廟有如旅行者的守護神。」新時代下的新身分,依然得經過風神爺點頭答應,一行人因而來到廟前,虔敬上香、擲茭,終於換來「允杯」的首肯。

於是,基金會請來周鍊操刀,經過2年,終於在2013年9月,再次點亮風神廟。

改造後的風神廟,拆去刺眼的路燈,光源改置於牆面底部;廟宇裡的石鐘鼓樓,也在無眩光的照明下,突顯挑高的透空結構;入口處的大紅燈籠改換上方形吊燈。夜裡的風神廟,包覆在溫暖的黃光之中,百年古廟靜謐沉靜,讓人感知神祇庇佑。

對執行團隊而言,風神廟全新的視覺設計,僅僅是個引子,目的是透過光的引導,讓人們將視線轉至身旁逐漸忘卻的傳統文化。一旦看見了,那心中油然而生的榮耀感,不言而喻。

如此的轉變,在風神廟管理委員會理事長謝明峰身上,最為明顯。謝家一家守護風神廟,傳至他手裡已是第三代。他每日燒香祭拜、清掃庭埕,虔敬的信仰與珍惜,上演於日常。隨著時代演變,儘管自信驕傲不減,但眼見自家女兒對家族守護的廟宇毫無興趣,年輕世代也對傳統文化不再關心,心中總有一絲惆悵。

改造後,廟宇煥然一新的面貌,吸引了眾人關注,恢復百年前古廟的風華;庭埕前辦起市集,過往眼裡只有日韓流行影星的謝家女兒,也開始帶著同學來到自家廟前參觀,明瞭家族三代呵護的珍惜與榮耀。

而這正是基金會的目的。「最終,光只是引子,要讓人們看見生活周遭日漸被淡忘的珍貴過往,在土地中找回原生的力量。」姚政仲說。

風神廟成為基金會感光城市計畫第一個成功案例,引起不少地方縣市關注,團隊因而信心大增。不過徐芳筠透露,風神廟計畫推行之初,成立不久的基金會團隊對行銷毫無經驗,為計畫命了無聊制式的主題:「光環境示範計畫」。名稱一出,馬上被自家基金會董事林懷民「打槍」。「不知道的人,還以為是政府招標計畫案的名稱。」徐芳筠笑說。最後,林懷民從日本建築大師安藤忠雄打造的光之教堂得到靈感,為風神廟安上「光之廟宇」之名。

喚醒美的時刻,找回土地的感動

風神廟的百年歷史被重新點亮,中強光電文教基金會在最南端的恆春古城也埋下了光的種子。

比起風神廟,改造恆春古城的「感光」挑戰,更為巨大。歷史超過130年的恆春古城,舊時抵禦外敵,守護居民的功能不再,成為恆春居民通行的交通要道,前方的西門廣場,也是居民社交活動的聚會場所。「恆春,不再只是城,因為人們在此活動,才有了意義。」姚政仲說。

因此,感光恆春計畫牽涉的層級、範圍更廣,開會人數更被姚政仲戲稱,「從一張小桌子,換成會議室才塞得下。」好在,自稱「專挑難的事情做」的團隊成員心裡早有準備。

而為了重現被遺忘的時光與文化,基金會推行的計畫,心裡有著一項準則:曇花一現、煙火般的活動一概不做。「喧騰一時的活動熱鬧萬分,並不會有累積。」徐芳筠說。

計畫推行初期,也曾有人建議,「何不就在廣場前安上公共藝術就好?」也曾有人問:「怎麼沒有目眩神迷的燈光秀?」最後,透過簡單的增光、減光的視覺改造,還曾一度被調侃為是不是預算不足。

歷時3年,「感光恆春」從2013年試辦到如今,已邁入第3年。隨著歲月而斑駁陳舊的恆春古城,如今已成為當地民眾驕傲向外人介紹的所在。「當美的那刻被喚醒,人們對土地的感動、自信與驕傲,就會回到心中。」姚政仲說。

相關文章

近期文章

EN 日本語

Illuminating the Land and Its Legacies — Coretronic Culture and Arts Foundation

Liu Yingfeng /photos courtesy of CCAF /tr. by Jonathan Barnard

Night falls, and the lights come on. Shafts of light pierce the spaces between trees, which cast dappled shadows. At every moment, the light all around you is constantly in flux. Yet are you aware of it? Can you see it?

The Core­tronic Culture and Arts Foundation was established by Core­tronic, a manufacturer of LEDs, projectors and related equipment. By using light as a medium, the foundation brightens locales and awakens people’s passion and concern for the land. 


 

“With the passage of time,” says Yao ­Cheng-­chung, president of the Core­tronic Culture and Arts Foundation, “people who are busy chasing the latest trends, their eyes always on the horizon, become prone to neglect their own histories and to forget to turn and look at what can be found all around them.”

Consequently, the luminaries who comprise the CCAF’s board of directors, including Cloud Gate Dance Theater founder Lin Hwai-min, author ­Chiang Hsun, and lighting designer Lin Da-wei, decided that the foundation should find an identity in using light as a medium and awakening a new understanding of the land of Taiwan and its history.

Yet turning impassive lighting technology into art and culture is no easy feat. To “seek the light” about its identity, the foundation in its first year held a “lighting detective” workshop, inviting the public in both cities and rural areas to come together to “feel the light.”

Not only is a focus on light a rarity in Taiwan, even the executive team at the foundation entirely lacked any experience in that regard. Early on Fanny Hsu, CCAF’s executive director, even worried about whether such an abstract theme would attract the public’s interest. Fortunately, reports from more than 100 people at the design charrettes the foundation held greatly relieved the team’s doubts, and participants unexpectedly included a wide range of professions, such as public servants, dentists, insurance agents, and so forth. At the request of Lin Da-wei, the participants brought NT$100 notes to convenience stores to buy things, which were then combined with flashlights to spur “self-introductions to lighting.”    

Apart from putting on regularly scheduled “lighting detective” workshops every year, the foundation also has invited the lighting designer Chou Lien to hold a seminar about light in our daily lives and CCAF director ­Chiang Hsun to hold one on light in Tang-Dynasty poetry. Furthermore, crossdisciplinary collaboration was realized for a performance involving drums and lighting entitled “The Sound of Light.”

Temple of wind… and light

Aiming to leave a deep impression on the public, in 2012 the foundation started promoting its “Let’s Sense Light ‡ City Project” in locales such as Tai­nan, Ping­tung and ­Chiayi. These local projects highlight important locations in these cities in moving ways.

The idea for the campaign came from Chiang Hsun after a trip he took to Shang­hai to deliver a lecture. From the airport, his car gradually approached the city, and the LED billboards on either side of the elevated highway were overbearingly bright. ­Chiang was overcome with an uneasy feeling: “Technology ought to be about improving people’s lives. How has it turned into light pollution?”

Chiang reflected about the impact of technology on the environment and came up with the Let’s Sense Light − City Project. The first site selected was the Feng­shen (Wind God) Temple in Tainan.

With so many temples throughout Taiwan, why pick this one? Yao explains that the Feng­shen Temple has had an unusual history compared to other Qing-Dynasty temples in Taiwan.

Consequently, the foundation invited Chou Lien, an internationally famous lighting designer who was formerly president of the American lighting firm BPI, to take the helm of the project. Two years later, in September of 2013, the new lighting was ready.

After the reconfiguration, the jarring street lights had been removed, and new lights had been positioned low on walls. The temple’s stone bell tower was also lit up to highlight its open structure, and the red lanterns at the entrance were exchanged for hanging square lights. At night, the temple is now bathed in a warm yellow glow, and the tranquil aura of the old temple imparts a sense of its deity’s blessings.

As far as the foundation’s executive team is concerned, the completely new visual design for the temple was just a first step: The ultimate goal is to use directed lighting to get people to reexamine the traditional culture near them that they have gradually forgotten about. Once properly highlighted again, that historical legacy is certain to inspire great pride. 

After renovations, the temple’s new look attracted the public’s notice and helped to bring back some of the place’s splendor, with a market coming to the front courtyard. The young daughters of the temple’s caretaker, who used to be only concerned with Japanese and Korean pop stars, now have begun to bring their classmates to their own family shrine. They are gaining an understanding about the glory and treasures of extended families, with three generations living under one roof.

And that is precisely CCAF’s objective. “Eventually,” says Yao, “even if it’s just a start, you want people to notice and treasure what is being forgotten around them, so that locales can regain some of their original vitality.”

The Feng­shen Temple renovation was the first of the foundation’s city lighting projects, and many counties and municipalities took notice. That in turn gave the team increased confidence.

Nevertheless, Fanny Hsu reveals that at the beginning of the temple project, CCAF, which had only recently been established and was inexperienced with marketing, intended to name the project the “Light Environment Demonstration Project.” That proposal immediately got shot down by foundation board member Lin Hwai-min: “People who weren’t in the know would have thought it was the name of some sort of government project,” says Hsu. Eventually, Lin came up with the new name for these projects after being inspired by the Japanese architect Ta­dao ­Ando’s “Church of the Light.”

Reawakening a sense of the land’s beauty

After the Feng­shen Temple’s centuries of history had been properly highlighted again, the foundation turned to planting seeds of light in Heng­chun, at the southern tip of Taiwan.

In comparison to the temple, the project in the old town of Heng­chun has proven to be much more challenging. The old city wall built nearly 140 years ago no longer serves a protective function. But it still sits by busy thoroughfares and is a place where mothers and grandmothers gather for nighttime dancing. “It is more than just a historic wall” says Yao, “because all this activity provides meaning of its own.”

Consequently, the Light Up Heng­chun project is even more significant than the earlier project, and it has a broader scope. The number of people attending planning sessions has grown dramatically, says Yao. “It’s gone from a single small table to requiring a large conference room to hold everyone.”

During the early stage of the project, some people suggested, “Why don’t they just put a work of public art at the front of the plaza?” Others asked: “What about some kind of dazzling light show?” Eventually, though, they just settled on adding lighting here and subtracting it there to give the historic structure a new look. The restrained approach caused some to poke fun at CCAF for being short on cash.

It has been more than three years since the project began in 2013. The old city wall had become mottled and shabby with age, but now residents proudly show it off to out-of-towners.   

“At the moment of awakening, people’s sense of the land, as well as their confidence and pride, return,” says Yao.

地域を照らし、誇りを呼び覚ます ̶̶「感光城市」プロジェクト

文・劉嫈楓 写真・中強光電文化藝術基金會提供 翻訳・笹岡 敦子

陽を浴びて、光が枝葉の間を縫えば木陰が舞い踊る。夜の帳が下りると、にぎやかな街の灯が点る。時々刻々、無数の光が私たちを取り囲み、とりどりに変化していくのが、感じられるだろうか。見えているだろうか。

LEDやプロジェクター光源等の設備メーカー中強光電(コアトロニック)が設立した中強光電文化芸術基金会は、「光」を媒介に、地域を照らし、郷土への感動と大切に思う心を呼び覚ます。


「月日が移り時間が過ぎていく。新しさを追い求める人々は、進んでいく時の中で、自分の過去を忘れ、暮らしを振り返るのを忘れがちです」中強光電文化芸術基金会董事長の姚政仲がいう。

そこで、雲門舞集(クラウド・ゲート・ダンスシアター)創設者・林懐民、文学者・蒋勲、照明デザイナー林大為といったメンバーで役員会を構成し、基金会の位置づけを決めた。「光」を媒介に郷土とその歴史を見つめ直し、自分を探す。

冷たい光のテクノロジーをアートに文化に転換する。それは容易なことではない。基金会は設立初年度に「光探偵」ワークショップを開催し、街や里で人々と共に「光を感じ」た。

「光」というテーマは、台湾では珍しいだけでなく、基金会の面々にも経験がない。当初は基金会CEOの徐芳筠も、抽象的なコピーとテーマで人が集まるものかと心配した。幸い百人以上の応募があり、チームは安堵した。参加者も、予想外に公務員、歯科医、保険の営業員まで、さまざまだった。

ワークショップの最初に、林大為の要求で、メンバーは百元札を持ってコンビニで買い物をしてきた。そして懐中電灯で「光」の自己紹介が行われた。あるエンジニアの紹介が、今も徐芳筠の印象に残っている。エンジニアが買ってきたのはスポーツドリンクだった。液体を照らすと、外からは濁って見えるのに、中には黄色い光が射していた。自分が他者に与える印象のように「他人には見通せなくても、心は温かさでいっぱい」だとそのエンジニアは自己紹介したのである。

毎年定期的に開く「光探偵」ワークショップのほかにも、基金会では世界的な照明デザイナー周錬による「暮らしの中の光」をテーマにした講演や、蒋勲を囲んでの座談会「唐詩の中の光」を行い、優人神鼓とのコラボレーションによるステージパフォーマンス「The Sound of Light (太鼓を聴け、光を聴け)」も試みた。

五感で光を感じてもらおうと、基金会と優人神鼓が相談して、シアターに通じる路地に松明を灯した。観客はシャトルバスに乗ったその時から、光と出会う。パフォーマンスが終わり、路地を駐車場へと歩く時には、漆黒の道に月の光が満ち溢れる。その情景に、人々はため息を漏らした。

光の廟・華よ再び

深く人々の心に刻み込もうと、基金会は2012年から「感光城市」プロジェクトを進めている。台南、屏東、嘉義などで、地域に感動の灯を点しはじめた。

「感光城市」、町の光を感じるというアイディアは、基金会の役員である蒋勲による。あるとき上海での講演に招かれた。車が空港を出で市街地へ向かう道中、高架道路の両側にケバケバしいほど派手なLED広告が並んでいた。「テクノロジーは人の暮らしを改善するはずなのに、光害汚染になってしまっている」複雑な思いがした。

蒋勲のテクノロジーと環境への思いが、基金会の「感光城市」プロジェクトを動かした。最初の場所に、基金会は台南の風神廟を選んだ。

姚政仲は、風神廟を選んだのは偶然のめぐり合わせだったという。他の廟に比べ、清代に建てられた風神廟には物語があった。

台湾で唯一、風神を祀る風神廟には、昔の人が海を渡って台湾に来た時の、異郷の地を踏む想像と未来への渇望が満ちている。「故郷から異郷へ渡る『賭け』は、台湾精神そのものではなかったか」姚政仲は考える。しかし、航海の無事を守り、衆生を護る役割も機能も、すでに過去のものだ。基金会は、風神廟に新たな時代の意義を見出そうとした。「今日も、風神廟は旅人の守護神ではないでしょうか」新時代の新しい身分も、風神様の承諾を得なければならない。一行は廟を詣で、敬虔な気持ちで香を上げ、擲杯で神の意向を伺い、許可を得た。

そこで、基金会は周錬に依頼し、2年後の2013年9月、ついに風神廟に再び灯りを点した。

改造後の風神廟は、眩しい街灯を撤去し、光源を壁の足元に移していた。廟の鐘楼・鼓楼は、眩しくない照明で高い透光構造が強調された。入口の赤い提灯は四角い吊り下げ照明に換わった。夜の風神廟は暖かな黄色い光に包まれ、百年の古廟の静けさで、人々に神の加護を感じさせる。

実行チームにとって、風神廟の新しいビジュアルはきっかけでしかなかった。目的は、光に導かれて、忘れつつあった身近な伝統文化へと視線を呼び戻すことだった。ひとたび見えれば、胸に芽生える誇りは言葉にできないものである。

そうした変化は、風神廟管理委員会理事長・謝明峰に最も顕著だった。謝家は代々風神廟を守り、謝明峰が三代目である。毎日香を上げ、境内を清める。敬虔な信仰と尊崇が、日常として演じられる。時代は移り、自信と誇りはいささかも変わらないものの、代々守ってきた廟に娘がまったく興味をもたず、若い世代も伝統文化に関心を示さないのを見て、嘆かわしく感じていた。

改造を経て廟が生まれ変ると、人々の注目が集まり、百年前の古廟の華が戻った。門前で市が開かれ、日韓スターしか眼中になかった娘も、友達を廟へ見物に連れて来るようになり、一族三代が守ってきた重みと栄誉を理解したのだった。

それこそが基金会の目的である。「つまるところ、光はきっかけに過ぎず、忘れかけた大切な過去を見直し、この地に備わっていた力を取り戻すことが目的だったのです」姚政仲はいう。

風神廟は基金会の感光城市プロジェクトの最初の成功例として、地方行政の注目を集め、チームの自信も増した。だが徐芳筠は打ち明ける。風神廟プログラムの当初、設立間もない基金会はプロモーション経験がなく、形式ばったタイトルをつけたという。「光環境モデルプログラム」。この名称はすぐさま基金会役員の林懐民に突き返された。「知らない人は、行政の入札案件かと思いますよ」最終的には林懐民が建築家・安藤忠雄の光の教会にインスピレーションを得て、風神廟に「光の廟」の名をつけることとなった。

美しい時を呼び覚ます

風神廟の百年の歴史に再び光が当てられ、中強光電文化芸術基金会は最南端の歴史ある街・恒春古城にも光の種を蒔いている。

風神廟と比べると、恒春の「感光」チャレンジは遥かに規模が大きい。130年以上前、外敵を防ぎ住民を守った城壁も、その機能を失い、地元住民の交通の要衝となり、前方の西門広場は市民の社交と集会の場所となっていた。「恒春古城は単なる城壁ではなく、人がここで活動するからこそ意味があるのです」姚政仲は話す。

そうして、感光恒春プロジェクトが関わるレベルも範囲も広がり、会議の人数も「机一つから、会議室でないと収まらないほど」に増えた。もっとも「難しいことしかしない」というメンバーは、とっくに心の準備ができていた。

忘れられた時間と文化を再現するために、基金会には不文律がある。その場かぎりのイベントは一切しないのである。「派手に盛り上げるイベントは、蓄積されません」徐芳筠はいう。

プロジェクトを始めたころ、尋ねられたことがある。「広場の前にインスタレーションアートを置けばいいのに」「きらびやかなライトパフォーマンスはないのか」。ごくシンプルに光を足し、引くことでビジュアルの改造をすると、予算が足りなかったのかと皮肉を言われた。

「感光恒春」は2013年の試行から3年経った。歳月に朽ちて行くばかりだった恒春の城壁は、今では地元住民が来訪者に誇れる場所となった。姚政仲がいう。「美しい時が呼び覚まされたとき、人々の郷土への感動と自信と誇りが、胸に甦ったのです」

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!