懷舊.美食.人情味

日本人哈台南
:::

2014 / 11月

文‧劉嫈楓 圖‧莊坤儒


根據交通部觀光局統計,去年創下八百多萬人遊客來台的新高紀錄。台灣美食、奇景與人情味,令國外旅客一再流連,甚至定居下來。各地街坊角落,來自美國、日本、英國的異國臉孔,在台灣述說著他們創業圓夢、奉獻社會、工作打拚的異鄉故事。

 

美食小吃、百年老店、文創情調,廣受遊客青睞的台南,近來成為新世代日本人尋夢的基地。由「府城日潮」的故事起頭,光華也將展開《異鄉人在台灣》系列報導,尋訪外國人在台灣的精彩點滴。


距離台南成大不遠的TIL Space,裝潢風格簡單明亮。中午用餐高峰過後,老闆高橋佳在白板寫上「忘れられない家族の言葉(家人說的難忘的話)」和「台湾人/日本人のここに感心した(台灣人/日本人由衷敬佩的事)」。這是TIL語言交流會上,預計討論的主題。

時間一到,七、八位客人陸續上門,其中有想溫習日語的成大學生、旅日多年返台就業的上班族,還有來到台灣學中文的日本學生。負責主持的高橋佳簡單開場後,大家七嘴八舌、中日語交雜,在周日午後輕鬆展開一場台日交流。

聊天學語言,雙人創業圓夢

這家以「Travel、Information、Language」三字縮寫命名的TIL Space,是29歲的高橋佳與33歲的奧西克彥打造的語言交流空間。

說起台灣,兩人都不陌生。出生東京,主修設計的高橋佳,8年前,就曾來台旅行一周,跑遍台北、台中與高雄。後來,因為結交台灣女友與工作關係,更進一步認識了台灣。奧西克彥來台前,在大阪國際大學負責台灣留學生業務,工作期間,他聽聞不少台灣事,留下深刻印象。

2012年,為了逃離沉重的工作壓力,兩人分別來到成大學中文。4個月的課程結束後,他們決定留下來,一圓醞釀許久的創業夢。

來台前,在日本貿易公司工作的高橋佳已萌生了創業念頭,但因東京競爭激烈,創業不易,遲遲沒有行動。而結束中文課程,任職台中貿易公司的奧西克彥,也不時思考創業的可能。經過一番討論,熟識的兩人決定留在台灣打拚。

奧西克彥表示,在台期間,時常有朋友向他諮詢日本旅行、留學資訊,市場需求遠比想像得大,加上台南少有結合語言交流的複合餐飲空間,促使兩人創辦TIL Space。

不像一般制式的語言教學,奧西克彥希望TIL Space輕鬆、休閒的氣氛,讓來訪的朋友透過聊天學會語言。因此,每周四晚上與周日下午,固定2小時的時間裡,TIL Space設定了不少有趣的話題。

例如「在學校沒教的日文」、「東京流行指南」、「關西腔日語」,或針對有留學需求的客人舉辦「日本留學說明會」。有回,來自大阪的奧西克彥,特地從日本扛來4台章魚燒機器,舉辦一場「章魚燒派對」,廣受好評。

今年2月開張以來,平均每場都有二十多位客人參加。「接下來,TIL還準備舉辦壽司派對,」奧西克彥說。

僅管兩人的決定都獲得父母支持,但高橋佳與奧西克彥的異鄉創業事跡,在日本仍堪稱異數。高橋佳表示,在日本傳統文化下,「終身雇用」的觀念深植上一代的腦海。父母期待子女畢業後,找到一份安穩的工作,遠比其他事情重要。雖然新世代不再完全信奉這套價值,但提起跨海來台創業,還是令朋友感到不可思議。

兩人在台南的生活,今年將邁入第3年,帥氣的高橋佳和充滿陽光的奧西克彥,被問起最喜歡台南的理由,不約而同說:「最喜歡台南的美食啦!」

懷舊風情,宛若舊時日本

城市的另一端,還出現了一家「大西屋」料理店鋪。店面底端畫上日本青森的地圖,另一側牆面上色彩繽紛的塗鴉,全是上門的大小客人,畫來送給老闆大西孔的禮物。

28歲的大西孔,出生於日本溫泉名鄉青森,是道地的台灣女婿。原是料理師傅的他,今年年初,和太太蔡馨萱回到台南,開起一間溫暖小巧的日式食堂,成為府城裡的新面孔。

熱愛旅行的大西孔,2012年前往澳洲度假打工,聽同行朋友說起台灣的美食、文化。只知台日片段歷史的他,決定來到台灣度假打工。第一站,選的就是貼近台灣民情的夜市。

中文還不熟練的大西孔出現在台灣夜市,特別引人好奇,時常有歐巴桑拉著他東問西問。停留三、四個月,他在朋友引薦下,又轉往高雄,並在一場朋友聚會上,認識了太太蔡馨萱。

兩人結婚後,不少人以為是蔡馨萱的日文說得流利,才譜出這段異國戀曲。但事實恰好相反,「其實是他中文說得太好了,」蔡馨萱笑說。2013年,兩人婚後前往日本,大西孔在京都一家創意料理餐廳擔任廚師。然而一心想創業的他,沒多久就決定和太太回到台南。

夫婦倆在開設日文親子安親班與食堂間猶豫。因安親班經營門檻較高,最終決定推出主打咖哩、豬排定食等的日式料理店鋪,由廚師出身的大西孔研發料理,熟悉台南的蔡馨萱負責外場與採買。

為了做出正宗日本料理,蔡馨萱穿梭在傳統市場,費心找尋紫蘇等日式食材。大西孔也曾折衷使用台灣食材製作醬汁,料理卻始終少了一絲日本風味,直到開店前夕,都無法克服,最後只好全數放棄,重新再來。「大西孔夜裡說的夢話,全是有關開店料理的事,」蔡馨萱說。

今年3月,大西屋正式開張,大西孔低調並未大肆宣傳。直到4月,知名部落客「倫敦男孩」撰文分享,才聲名大噪。現在,預計半年才會穩定的業績,已提前上了軌道,街坊鄰居都已熟識大西屋。兩人未來希望將店鋪打造成親子日語安親班,讓上門的客人一邊大啖料理,一邊學日文。

大西屋的出現,為台南注入一絲日式氣息。喜歡緩慢步調的大西孔笑言,雖然還在適應台灣的生活,但「在台南很有『生活的樣子』」。休假時,大西孔最愛騎著自行車到郊外,也常帶著日本朋友來到孔廟、神農街走訪古蹟老街。

他說,日本雖保留不少歷史古蹟,但僅止於大型遺址,一般大眾的生活裡,很少留下舊的東西,汰舊換新的速度非常快。但台南處處可見古蹟、老屋,總讓他想起記憶中二、三十年前,兒時成長的日本,令人懷念不已。

台味十足,最愛鄉下一日遊

騎著野狼摩托車,黝黑、一身台味的山本弘幸,則是蔡馨萱某天在店前打掃,巧遇的另一名日本人。「他還沒開口前,我以為他是台灣的歐吉桑,後來看到修過的眉毛,才發現他是日本人,」蔡馨萱回憶起當時兩人攀談的經過。

比起大西孔、高橋佳與奧西克彥,大上一個世代的山本弘幸,定居台南已10年。1998年,一句中文都不會說的他,第一次來到台灣,就全台走透透。2004年,他因緣際會來到台南旅館業工作,就此定居下來。4年前,公司結束,山本弘幸一度猶豫是否返回日本,經過長考後,習慣台南生活的他,決定留下來。

現轉職為導遊與日文老師的他,偶爾受旅行社委託,帶日本旅客參觀台南知名的安平古堡、赤崁樓與孔廟等歷史古蹟。看在京都出生的山本弘幸眼裡,古蹟、名剎不足為奇,最吸引他的是台灣最平常不過的鄉野景致。

山本弘幸的手機裡,全是日前隨著朋友參加台灣原住民西拉雅族「夜祭」慶典,留下的照片。他常趁著閒暇,獨自騎著摩托車來到台南玉井、左鎮,度過悠閒的下午,享受漫步在鄉間,與老人閒聊的時光。

因為愛鄉下,加上工作需要與台灣人溝通,山本弘幸除了中文說得流利,嘴裡還不時迸出道地的台語,台味十足。不若初來乍到的日本人,還懷著異鄉的溢美情懷,堪稱「老台南」的山本弘幸提醒,「來台灣馬系呷頭路(台語,來台灣也是工作),得經過一番好好計畫,才知自己為何而來。」

悠遊在台南,前身台南州廳的國立台灣文學館、日據時代南部首家百貨的「林百貨」,遙想起日據時期的舊日風華;街坊裡,還有遠道來訪的新到客,端上原汁原味的日本文化與料理,讓台日交流的文化火花,伴著府城的新舊風情,迸發開來。

相關文章

近期文章

EN 日本語

Nostalgic Scenes, Great Food, Warm People:Japanese Falling in Love with Tainan

Liu Yingfeng /photos courtesy of Chuang Kung-ju /tr. by Scott Williams

According to the ROC Tourism Bureau, Taiwan received a record 8 million visitors last year. Our delicious food, beautiful scenery and warm people draw foreign visitors back again and again, some for extended stays. As a result, Americans, Japanese, and Brits now pop up on the streets and byways of almost every town in Taiwan, running businesses, working in schools and offices, and contributing to society in a variety of ways.

 

The southwestern city of Tai­nan has become particularly popular with young Japanese. Charmed by its wonderful snacks, famous businesses that date back generations, and vibrant creative–cultural atmosphere, many are choosing to pursue their dreams there. With that in mind, we have decided to inaugurate our new series on “Expats at Home in Taiwan” with a story on Japanese expatriates in Tainan.


TIL Space is a simply and brightly decorated restaurant located near Tai­nan’s National ­Cheng Kung University. As the lunch rush winds down, co-owner Kei Ta­ka­ha­shi writes two phrases in Japanese on a whiteboard. “Memorable things that family members have said,” and “things Taiwanese and Japanese respect and admire” are the discussion topics for today’s meeting of the TIL exchange group.

The seven or eight customers who file into the restaurant at meeting time include Taiwanese students looking to practice their Japanese, working folks who used to live in Japan, and Japanese studying Mandarin in Taiwan. Ta­ka­ha­shi kicks off the laid-back Sunday-afternoon “Taiwanese–Japanese exchange” with a quick introduction, then the conversations in Mandarin and Japanese begin.

Learning by chatting

The TIL in the restaurant’s name is short for “travel, information and language,” and provides a succinct summary of its mission statement. The 29-year-old Ta­ka­ha­shi founded it with 33-year-old Ka­tsu­hiko Oku­ni­shi specifically as a venue for language exchange.

Both men know Taiwan well. Ta­ka­ha­shi, a Tokyo native who studied design at university, first visited ­Taipei, Tai­chung and Kao­hsiung eight years ago while on a week-long vacation in Taiwan. He learned still more about it through work and his relationship with a Taiwanese girlfriend. Oku­ni­shi, meanwhile, became very interested in Taiwan while working with Taiwanese students at Osaka International University.

Seeking a reprieve from overwhelming job stress, the two began studying Mandarin at NCKU in 2012. After four months of classes, they decided to stay and put their long-held entrepreneurial dreams into practice.

Oku­ni­shi says that he often had friends in Taiwan asking him for advice about traveling and studying in Japan. Recognizing that the market demand for such information was far greater than he’d imagined and that Tainan had few eateries offering language-learning and cultural-exchange opportunities, the two men decided to create TIL Space.

Oku­ni­shi wanted their venture to offer something more casual than typical language education, and liked the idea of enabling customers to learn while chatting over food and drinks. TIL therefore set aside two-hour blocks of time on Thursday evenings and Sunday afternoons, and provided customers with conversation starters such as “Japanese you won’t learn in school,” “Tokyo fashion guide,” and “the Kan­sai dialect of Japanese.”

An average of more than 20 people have attended each of these sessions since TIL opened its doors in ­February.

“We’re planning a sushi party next,” says Oku­ni­shi.

While they have had parental support for their decision, their overseas entrepreneurial venture looks odd to Japanese eyes. Ta­ka­ha­shi explains that the notion of “employment for life” remains prevalent among the older generation of Japanese, and parents still believe that it’s crucial for their children to find steady work after graduating from school. Though the younger generation don’t fully subscribe to their parents’ values, Ta­ka­ha­shi and Oku­ni­shi’s friends were nonetheless surprised by their plan to go into business in Taiwan.

The handsome Ta­ka­ha­shi and the sunny Okunishi have been living in Tainan for nearly two years now. When asked why they like it, both say, “I love the food!”

Just like Japan

Oni­shi­ya is a charming little Japanese restaurant on the other side of the city. Though 28-year-old co-owner Toru Oni­shi hails from Ao­mori, a northern Japanese prefecture known for its hot springs, he’s a typical Taiwanese son-in-law. The professional chef moved here from Japan earlier this year to open the restaurant with his Taiwanese wife, Tsai Hsin-­hsuan.

A travel lover, Oni­shi heard about the culinary and cultural wonders of Taiwan while on a working vacation in Australia in 2012. Only vaguely familiar with the historical links between Taiwan and Japan, he decided to take a working holiday in Taiwan as well, and made Taiwan’s night markets his first destination.

The appearance in local night markets of someone with less than fluent Mandarin often piqued the curiosity of fellow shoppers, and Oni­shi frequently found himself taken under the wing of elderly grannies.

After he’d been here three or four months, a friend recommended he move down to Kao­hsiung. There he met Tsai while on a group outing. When they married, people assumed that Tsai spoke fluent Japanese, and that her language skills had brought them together. The truth was just the opposite. “Actually, it was Toru’s Mandarin that was excellent,” laughs Tsai.

Though Oni­shi found work as a chef in an innovative Tokyo restaurant when the couple moved to Japan in 2013, they soon decided to return to Tai­nan to open their own restaurant, one in which Oni­shi would handle menu development and Tsai act as host.

Although Oni­shiya opened in March of 2014, Onishi kept the opening low key. In fact, it wasn’t until popular blogger “Boy London” gave it a writeup that it ­really took off. The restaurant ended up achieving steady business in less than the six months Oni­shi originally forecast, and has since become well known in the local community. The couple is now planning to expand the restaurant’s scope by adding child-friendly Japanese-language education to the menu, making it a place where customers can learn Japanese while enjoying a good meal.

Oni­shiya has brought a bit of Japanese flavor to Tai­nan. Oni­shi himself prefers to take life easy and jokes that while he’s still adapting to life in Taiwan, “Tai­nan sure knows how to live!”

Contrasting Japan with Tai­nan, he says that for all that Japan retains many relics from its past, most are large-scale historic sites. In their everyday lives, people quickly replace old items with new. Oni­shi says Tai­nan’s abundance of old buildings, many from the Japanese colonial era (1895–1945), that are still in use as shops, restaurants and homes reminds him of the Japan of 20 or 30 years ago and puts him in mind of his childhood.

A day in the country

Hi­ro­yuki Ya­ma­moto sports a dark tan and a purely Taiwanese look as he tools around on his old San­yang motorcycle, but is another Japanese expatriate living in Tai­nan. Tsai met him outside the restaurant one day. “At first I thought he was an older Taiwanese man, but then I noticed his trimmed eyebrows and realized he was Japanese,” she says.

Ya­ma­moto is a generation older than Oni­shi, Ta­ka­ha­shi and Oku­nishi, and has been living in Tai­nan for a decade. He toured the entire island on his first visit here in 1998, then jumped at the chance to work in a Tai­nan hotel in 2004. He’s lived here ever since. He considered going back to Japan when the hotel closed four years ago, but ultimately decided that he was used to living in Tai­nan and wanted to stay.

Now a tour guide and Japanese teacher, Ya­ma­moto occasionally shows Japanese tour groups around Fort Zee­landia, Fort Provintia, the Confucius Temple, and other Tai­nan historic sites.

A ­Kyoto native, Ya­ma­moto isn’t much impressed by historic sites. His true love is the Taiwanese countryside. He often motorcycles to out-of-the-way places such as Tai­nan’s Yu­jing and Zuo­zhen Townships to enjoy a quiet afternoon walking in the countryside and chatting with elderly residents. When we met, the photo folder on his mobile phone was filled with shots from the Night Festival of the Siraya people, which he had attended with friends a few days previously.

Ya­ma­moto’s love of the Taiwanese countryside and the demands of his work have not only made him fluent in Mandarin, but also enabled him to spice up his conversation with some very authentic sounding Taiwanese. And in contrast to some starry-eyed recent arrivals, this old Tainan hand knows: “Living in Taiwan is work, too. You have to give some serious thought to what you’re here for.”

Taking in the National Museum of Taiwan Literature (the seat of the Tai­nan prefectural government in the Japanese era) and the Ha­ya­shi Department Store (a Japanese-era building that was Taiwan’s first department store), you can’t help but be struck by the magnificence of the period architecture. Now, the new arrivals serving up authentic Japanese food and culture on the city’s streets and byways are reigniting Taiwanese–Japanese cultural exchanges, and fitting in perfectly with Tai­nan’s charming blend of old and new.

レトロ・グルメ・人情味台南を愛する日本人

文・劉嫈楓 写真・荘坤儒

交通部観光局の統計によれば、昨年、台湾を訪れた観光客は800万人余りという新記録を達成した。台湾の料理や風景、人の温かさに魅了されてリピーターとなるばかりか、台湾に定住する外国人もいる。台湾のあちこちの町で、アメリカや日本、イギリスからやってきた人々が異郷での仕事、起業、社会貢献の物語を紡ぐ。

歴史と文化の豊かな台南は観光客に人気の町だが、近年は日本の若い世代が夢を追う場所ともなっている。光華では今月から『台湾に暮らす外国人』シリーズとして、台湾で生活する外国人の今を報告する。冒頭を飾るのは、台南における日本人の物語だ。


台南の成功大学からさほど遠くない所にあるTIL Spaceは、シンプルで明るい内装の店だ。昼食客が引き始めた頃、店主の高橋佳がホワイトボードに、「忘れられない家族の言葉」「台湾人/日本人のここに感心した」と書いた。これはTILで行われる言語交流会の今日のテーマだ。

時間になると8人ほどが集まった。日本語を復習したい成功大学の学生や、日本に長く住んだあと台湾で働く会社員、台湾で中国語を学ぶ日本人学生などだ。司会役の高橋佳が簡単な挨拶を終えると、中国語と日本語を交えたおしゃべりが始まった。日曜日の午後、このように気楽な形で台日交流が展開される。

おしゃべりで言語学習

「Travel、Information、Language」の頭文字をとったTIL Spaceは、29歳の高橋佳と33歳の奥西克彦による言語交流スペースだ。

二人とも、もともと台湾には縁があった。東京生まれ、デザイン専攻の高橋は、8年前に台湾一周旅行に来て、台北、台中、高雄を回った。その後、台湾人女性と交際するようになり、仕事の関係もあって、台湾と深く関わるようになった。一方、奥西は台湾に来る前に大阪国際大学で台湾人留学生の受け入れを担当しており、それで台湾の様々なことを知り、深い印象を抱いていた。

そうした二人が偶然、仕事のストレスから逃れようと、2012年に前後して成功大学に中国語留学にやってきた。4ヶ月のコースが修了した後、二人とも台湾に残り、長く抱いてきた起業の夢をかなえることにした。

日本で貿易会社勤務だった頃から、高橋には起業への夢があったが、競争の激しい東京では容易ではなかった。一方、台中の貿易会社で働いていた奥西も、中国語コースの修了で、起業の可能性を探っていた。知り合いだった二人は話し合いを重ね、ともに台湾で夢を目指すことにした。

奥西はこう説明する。台湾の友人から日本旅行や留学についてしょっちゅう尋ねられ、市場のニーズは想像より高いと感じた。それに台南には言語交流と食事を融合させたスペースがなかったので、TIL Spaceの創設を思いついた。

一般の語学学校とは異なり、気軽でリラックスしたムードのスペース、つまり、友達とおしゃべりしながら語学が学べるような場所にしたいと、奥西は考えた。そこで毎週木曜と日曜の午後の2時間をおしゃべりの時間にし、興味のわきそうなテーマを提供してきた。

例えば、「学校では習わない日本語」「東京流行指南」「関西弁」などで、それ以外にも、留学を考える人のために「日本留学説明会」を催してきた。大阪出身の奥西が日本から担いできた4台のタコ焼き器で「タコ焼きパーティー」を開いた時などは大盛況だったという。

今年2月の開始以来、1回平均20数名が参加する。「次は寿司パーティー開催を考えています」と奥西は言う。

二人とも両親の賛同を得ているとはいえ、こうした異郷での起業は、日本ではまだまだ少数だ。高橋佳は、日本では「終身雇用」の考えが親の世代にまだ根強く残っていると言う。子供が安定した仕事に就くことは、親にとって何よりも大切なことなのだ。若い世代はこうした価値観に縛られなくなってきたとはいえ、海を越えて台湾での起業となると、首をかしげる人も多い。

台南での生活は二人とも今年で3年目だ。スタイリッシュな高橋と、温かみをにじませる奥西は、台南がなぜ好きなのかと聞かれ、口をそろえて「台南の食べ物です」と答えた。

昔の日本のような懐かしさ

台南の別の場所では、料理店「大西屋」が出現していた。店の奥には青森の地図が掲げられ、反対側の壁には客の描いた色とりどりの絵が広がる。店主の大西孔へのプレゼントだ。

28歳の大西は、日本の青森に生まれ、台湾人女性と結婚した。大西はもともと調理師だったので、今年初めに妻の蔡馨萱の故郷である台南にやって来て、小さな料理店を開いた。

旅行好きの大西は、2012年にワーキングホリデーでオーストラリアへ行った際に、仲間から台湾に美味しい食べ物や豊かな文化があることを聞かされた。台湾については、日本との歴史的関係ぐらいしか知らなかった彼だが、台湾を次のワーキングホリデーの場に選び、その最初の場所として最も庶民的なナイトマーケットを選んだ。

中国語のまだあまりできなかった大西は、ナイトマーケットで人々の注意を引き、興味津々のおばさんたちに、よくあれこれ聞かれたという。その数ヶ月後、友達の勧めで高雄に移った。そこでの友人との集まりで、蔡馨萱に出会う。

蔡の日本語が上手だから国際結婚に至ったのだろうと考える人が多いが、事実はその反対、「彼の中国語はうま過ぎます」と蔡は笑う。2013年、結婚した二人は日本へ行き、大西は京都の創作料理店で働いた。だが、起業を考え続けていた彼は、ほどなく妻とともに台南に帰ることを決意する。

二人は、料理店か日本語の学童保育所かで迷った。だが学童保育所開設の条件のほうが厳しかったため、カレーやトンカツを出す料理店を開くことにした。調理師だった大西がメニューを研究し、台南に詳しい蔡が客と仕入れを担当する。

本場の日本料理を出そうと、蔡は市場を回り、青ジソなど日本料理の食材を探した。大西も台湾の食材を用いてタレなどを作る工夫を重ねたが、でき上がった料理はどうも日本の味に欠ける。開店前夜になっても克服できず、結局すべて捨ててやり直したほどだ。「彼は夜寝ていても寝言で料理のことを言っていましたよ」と蔡は言う。

今年3月に大西屋は開店、大きく宣伝することはなかったが、4月になって人気ブログ「倫敦男孩(ロンドンボーイ)」で紹介され、一気に名を高めた。半年ぐらいでと考えていた売上は予定より早く軌道に乗り、界隈で大西屋はすっかり有名になった。将来は、親子で日本語を学べる学童保育所も開設し、料理に舌鼓を打ちながら日本語を学べる場にしたいと、二人は考える。大西屋が台南にもたらす「日本」だ。

スローなペースの暮らしを好む大西は、まだ台湾の生活に適応しきっていないがと笑いながら、「台南には『生活らしさ』がある」と言う。休みの日には自転車で郊外に出かけたり、日本人の友達を連れて、孔子廟や神農街の旧跡を巡ったりするという。

大西はこう語る。日本にも名所旧跡は多いが、観光名所となる大規模なものが主流で、庶民の生活から古い物はどんどん姿を消している。だが台南にはあちこちに古い建物が残り、まるで子供の頃の日本のようで懐かしい気持ちになる、と。

台湾らしさたっぷり

オートバイにまたがり、真っ黒に日焼けして、一見、日本人には見えない山本弘幸は、蔡馨萱がある日、店の前を掃除していて知り合った日本人だ。「話をするまで台湾人のおじさんだと思っていましたが、眉毛を整えているので日本人だとわかりました」と最初の出会いを蔡は思い出す。

大西や高橋、奥西と比べ、一世代上の山本は、台南に暮らして10年になる。1998年、中国語をまったく話せなかった彼は、初めて台湾にやってきて台湾じゅうを旅した。2004年にふとしたきっかけで台南のホテル業界で働くことになり、滞在が始まる。4年前に会社が営業を止め、山本も一度は帰国するか迷ったが、台南の生活にすでに慣れ親しんでいるからと残ることにした。

現在、ガイドと日本語教師をする彼は、旅行代理店の依頼で、台南の安平古堡や赤崁楼、孔子廟などの名所に日本人観光客を案内することがある。京都生まれの山本にとって歴史的建造物はありふれたもので、むしろ彼は、台湾の田舎にある日常風景に最も惹かれるという。

山本の携帯電話に保存されているのは、最近、友達と一緒に行った原住民シラヤ族の「夜祭」での写真だ。普段も暇があればバイクで台南の玉井や左鎮に行き、のんびりと田舎道を歩いたり、お年寄りと語らったりして午後を過ごす。

田舎によく行くのと、仕事で話す必要があるので、山本は中国語が流暢なだけでなく、台湾語もたびたび口から飛び出す。まるで古くから台南に住む人間といった感じだ。その山本が台湾語でこう忠告した。「台湾に来ると決めた時から仕事が始まります。じっくり計画することで、なぜ来たいのかわかってきます」と。

台南には、かつて台南州庁舎だった建物を利用した国立台湾文学館や、最初の百貨店「林百貨」などがあり、日本統治時代の面影をしのばせる旧跡が多い。そんな街で、新たな住民たちが、料理や文化による台日交流を進める。台南はそんな新旧の顔がそろう町となりつつある。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!