為部落發聲

LIMA台灣原住民青年團
:::

2017 / 7月

文‧陳群芳 圖‧LIMA台灣原住民青年團提供 翻譯‧Phil Newell


「LIMA」是南島語系原住民的共通詞彙,意思是「手」或「五」。而同樣源自南島語系的台灣原住民青年,組成了「LIMA台灣原住民青年團」,積極參與國際聯合國議題及台灣原住民權利的維護,希望能牽起各地原住民的手,串連原住民青年的力量,爭取部落族人美好的未來。


時間回到2006年,當時就讀政治大學外交系的洪簡廷卉,隨台灣民主基金會參加聯合國原住民族常設論壇(UNPFII),結下參與國際原住民議題的機緣。從此,每年洪簡廷卉都積極尋找機會參與UNPFII或周邊會議。

從各自去到組團同行

過去洪簡廷卉參加聯合國原住民族常設論壇,除了前幾次隨機關團體同行,2009年旅德求學的她,找尋關注原住民議題的同好,結伴前往。成員散落四方,有的是國外留學生,有的人在台灣,即便想要做足行前準備,也礙於地點或熟稔程度不一而難以成行。

行前沒有真正認識彼此,往往直到抵赴會議國家的機場才初次見面,但對於國際其他團體來說,洪簡廷卉一行人代表的是台灣原住民,她們的每項發言,都會影響台灣的形象。如遇到同行夥伴的不當言論,或對彼此想法不認同時,代表台灣原住民的形象就會產生矛盾。這樣的狀況讓洪簡廷卉意識到解決組織結構鬆散、沒有時間凝聚共識等根本問題的必要。

對洪簡廷卉而言,國際原住民會議不僅僅是每年行事曆上的一個活動,而是長期永續的議題耕耘,需要凝聚夥伴對原住民議題的關注與共識,所以她決定號召身旁的原住民青年,共組一個團隊,而不只是閒散聚集的一群人。

在多方尋覓下,洪簡廷卉找來各領域的原住民青年,城鄉發展、地政、語言、法律等,大家擁有不同專業,「希望夥伴具有豐富的部落生活經驗、對原住民文化的認識夠深,補強我在都市長大的不足。」洪簡廷卉說。經由大家討論,以富有親切感的南島語系原住民共同字根LIMA起名。「LIMA台灣原住民青年團」,在2013年正式成軍,由發起者洪簡廷卉擔任團長。

從2013年開始,LIMA台灣原住民青年團首次參加第12屆UNPFII及其周邊會議前,因應論壇每年的特定議題LIMA都會舉辦多場行前讀書會。例如第一年即針對「世界原住民現況」議題,就氣候變遷、教育、健康、環境等角度探討。成員們自行選擇有興趣的議題進行文獻研究,並邀請專家學者參與讀書會的專題討論,深入了解內容,培養團員參與會議應有的思辨與表達能力。

人權議題就是原住民議題

在每次讀書會討論的過程中,LIMA成員也發現,其實每個議題都會互相扣連,例如談論原住民工作權時會出現性別議題,每個主題都彼此關連,所以更需要團體發揮各自專業,讓涉獵的領域既廣且深。

一般認知裡,原住民議題大多與教育、文化相關,但洪簡廷卉強調,所有的人權議題都是原住民議題。原住民除了血緣上與非原民不同,其實所有人類會遇到的人權問題,都與原住民息息相關,不應該只侷限在教育、文化議題。原住民面對文化保存問題時,其實也與居住環境、工作機會等議題相關。但在現有的原住民運動裡,包括政策討論或走向,卻鮮少看到原住民參與。就連NGO團體之間,也因為對原住民的不了解,而缺少交流合作。為此,LIMA更積極參與非教育及文化領域的議題,在國內外的各大會議或公約審查都能見到LIMA的身影。

雖然台灣無法以國家身分參與聯合國,但我們仍自願加入象徵國際人權保障體系最根本的法源——《公民與政治權利國際公約》及《經濟社會文化權利國際公約》的簽署,採用聯合國模式,邀請國際專家來台灣做公約審查。

LIMA台灣原住民青年團成立的第一年,就參與兩公約審查會議。公約審查的程序包括政府提出國家報告、民間團體提出影子報告,並將兩份報告交由聯合國專家書面審查。專家會依據公約內容提出議題清單,針對需要再釐清的議題與國家代表及民間代表於審查會議時討論。經過幾天的審查會議後,委員會做出《結論性意見與建議》,各部會必須針對意見書提出報告,而民間團體將持續追蹤政府是否有修正相關政策或措施。

國家報告研擬前,政府會與NGO團體召開會議討論協商, LIMA便參與其中,不僅熟讀國家報告的內容,2013年兩公約第一次審查後委員所提出的81點建議,成員們也針對其內容多次討論,並持續參與政府的後續追蹤會議。今年初,國際委員前來進行公約第二次審查,針對第一次結果檢視改善情形。在兩次公約審查間,LIMA及其他NGO團體必須定期追蹤政府進度,雖然常會遇到有限的改善幅度,例如核廢料議題,令人氣惱的政府執行效率,但LIMA成員仍不斷堅持與各部會溝通。

除了《公民與政治權利國際公約》及《經濟社會文化權利國際公約》, 2014年LIMA也參與《消除對婦女一切形式歧視公約》(CEDAW)的審查會議。今年底《兒童權利公約》、《身心障礙者權利公約》的國際審查會議也將會見到LIMA的身影。

對LIMA成員而言,公約的審查需要不斷地消化資料、參與無數的會議討論,過程雖然疲累,卻能實質的把LIMA在國際參與會議討論的經驗帶回台灣。如何對照不同公約內容互相參照比對,並進一步與國內相關法律扣連,讓成員在讀書會的討論更為深入,甚至將田野調查的觀察或是部落生活經驗呈現在國際審查會議上。讓政策的制定真實回應部落生活的脈絡,也刺激成員將會議上的收穫帶回部落,產生不同的思維跟做事方法。

非街頭的原住民運動

台灣在國際上敏感的政治地位,常會遇到來自中國大陸的排擠或打壓,導致有時LIMA無法參與UNPFII的正式發言,但LIMA仍積極尋找機會,透過亞洲工作小組、太平洋工作小組、青年工作小組、婦女工作小組等周邊會議,與國際原住民組織保持密切的互動,藉此將台灣原住民的聲音傳遞給世界。

例如今年LIMA前往泰國參加UNPFII的亞洲區準備會議,就將台灣現今凱達格蘭大道上的原住民運動向國際分享。洪簡廷卉表示,土地議題早已長久存在,不是因為凱道上的抗議才出現,循其他管道提高眾人對原住民議題的認識與能見度,不見得要上街頭衝撞,正是LIMA在做的事。

又或者在UNPFII會議期間,LIMA成員會在紐約住處舉辦沙龍分享會,邀請各國的原住民參加,大家在屋子裡吃喝談天,以輕鬆的方式暢談台灣的原住民議題。除了自辦活動,長期舉辦公民論壇的「哲學星期五」,近年也多次邀請LIMA前往紐約分享原住民議題,廣受國際青年的歡迎。

在台灣,LIMA舉辦工作坊,透過手作原住民湯圓的體驗、改編歌詞等活動,吸引原住民及非原住民的參加,希望讓大眾知道參與原住民議題,不一定是艱澀生硬的法律和政治辯論,期盼透過真實生活經驗和行動的分享,促進不同世代和族群對話的機會。

LIMA的成員有學生、上班族、主播等,大家利用空閒時間舉辦活動、召開討論會議,也將原住民議題的思考運用在各自的工作崗位或論文研究上。例如身為原民台主播的洪簡廷卉,便會在播報國際新聞時,選擇氣候變遷、土地開發等與台灣有所連結的議題,刺激大眾思考。又如:LIMA成員郭文萱在讀書會上分享秘魯「馬鈴薯公園」的國際案例,便讓與會成員反思台灣原住民傳統食材的種植、生物多樣性的維護,在以商業經濟掛帥的思維裡,提供部落一個不同的思考。

LIMA在國際原住民議題上的耕耘,近年受到越來越多原住民青年的注意,成員身旁的友人每逢與台灣原住民相關議題時,也會去詢問LIMA是否有相關國際議題,參考國際經驗,與台灣對照。這些潛移默化的改變,都肯定了LIMA成員的付出。成員們在忙碌之餘自發地參與LIMA,問起他們的使命感,郭文萱謙虛地說:「不敢說有多大的使命,但能為族人多做一點,是很幸運的事。」期望LIMA持續喚醒原住民青年對公共議題的參與,將青年的新思維與熱情,帶給部落族人更美好的將來。                                              

相關文章

近期文章

EN 日本語

Lima: Young Indigenous People Working for a Better Future

Chen Chun-fang /photos courtesy of LIMA /tr. by Phil Newell

Lima,” meaning “hand,” is a word common to Austronesian languages. Young people from Taiwan’s indigenous peoples, whose languages are Austronesian, have organized the LIMA Taiwan Indigenous Youth Working Group to participate in international initiatives on behalf of Aboriginal peoples worldwide and defend the rights and interests of Taiwan’s own first residents. 


In 2006, Tuhi Mar­tu­kaw, then studying in the Department of Diplomacy at National Cheng­chi University, went with the Taiwan Foundation for Democracy to attend a meeting of the United Nations Permanent Forum on Indigenous Issues, making connections for further activism on international issues of concern to Aboriginal peoples. Since then, Tuhi has actively sought out every opportunity to participate in the UNPFII and related meetings.

The founding of LIMA

The first few times that Tuhi Mar­tu­kaw attended the UNPFII, she went as part of a group from a particular agency or institution. But in 2009, while studying in Germany, she sought out like-minded people concerned about indigenous issues and they formed an improvised group to go to the forum. The members came from all over, some being students studying overseas, others being based in Taiwan. For this reason it was impossible for them to gather for preparatory discussions before going.

Before the trip they didn’t really have a chance to get to know each other, and for many it was only when they arrived at the airport in the host country that they ­actually met face to face for the first time. But as far as the other delegations were concerned, Tuhi and her party represented Taiwan’s indigenous peoples, and each time any of them spoke, it was a reflection on Taiwan’s image. If any member of the group said something inappropriate, or if there were differences of opinion within the group, this would create contradictions in the way others perceived Taiwan’s presumed representatives. This forced Tuhi to come to grips with the importance of dealing with problems like loose organizational structure and lack of time to reach consensus.

For Tuhi, participation in international conferences on indigenous issues is a long-term strategy that requires a standing, coherent group of partners with concern for and consensus on these matters. Therefore she decided to gather together some young Aboriginal people from among her circle of friends and acquaintances and form a permanent organization, rather than simply drumming up an ad-hoc batch of people.

She recruited young indigenous people with various backgrounds, including urban and rural development, land policy, linguistics, and law, and they chose the word “LIMA” as their name, because it is common to many Austronesian languages and creates a sense of inclusiveness and connectedness. And so the LIMA Taiwan Indigenous Youth Working Group was formed in 2013, with Tuhi as its director.

Since 2013, when LIMA attended the 12th UNPFII and its peripheral meetings, they have always organized reading groups to prepare themselves. For example, for the first year, given the theme of “the current status of indigenous peoples in the world,” LIMA prepared materials that looked at that subject from angles as diverse as climate change, health and healthcare, and the environment. Members did individual research on subjects of personal interest, and the group invited experts to join in their discussion sessions. These measures provided group members with concepts that they would need to participate in relevant forums, as well as practice in expressing and presenting their views.

Human rights issues are Aboriginal issues

It is commonly assumed that most issues of concern to indigenous people revolve around education and culture. But Tuhi emphasizes that all human rights problems are relevant to indigenous peoples. However, in the current Aboriginal movement you rarely hear people talk about these other issues, whether at the level of policy or just general orientation. There is also little exchange or interaction with non-indigenous NGOs, because they don’t understand the lives of indigenous people. It is for these reasons that LIMA wants to be active in issue areas beyond only education and culture, and you can see their presence, home and abroad, at all kinds of conferences as well as at reviews of international legal instruments.

Although the ROC is not in the UN, in 2009 Taiwan voluntarily adopted the two most important international legal instruments related to human rights: the International Covenant on Civil and Political Rights, and the International Covenant on Economic, Social, and Cultural Rights. Following the UN model, Taiwan invites international experts to come here periodically to review the implementation of these agreements.

LIMA has participated in the review of the two conventions since its first year in existence. Here’s how the process works: After getting reports from both the host government and the non-governmental sector, international experts hold several days of public hearings before presenting their “concluding observations and recommendations.” Each ministry is then required to produce a report in response to the experts’ views, and non-­governmental groups will follow up on whether the government amends relevant laws or measures.

Before the ROC government drafts its reports, it first meets with NGOs, one of them being LIMA, and the NGOs continue to take part in follow-up meetings with the government. Early in 2017, when international experts came for Taiwan’s second review, they investigated whether or not improvements suggested in the first review had in fact been implemented. They spoke with LIMA and other NGOs, who regularly followed up on the government’s progress. Although in many respects—such as the issue of disposal of nuclear waste—there has been only limited progress, causing some people to question the effectiveness of the authorities’ actions, LIMA members have still maintained their communication with the government.

In 2014 LIMA also participated in a review conference on the Convention on the Elimination of All Forms of Discrimination Against Women (1981). And LIMA will also make its presence felt at international conferences scheduled to be held later this year on the Convention on the Rights of the Child (1990) and the Convention on the Rights of Persons with Disabilities (2006).

To participate in reviews of any convention, LIMA members have to digest an enormous amount of data and attend countless seminars and discussion sessions. While the process can be exhausting, it permits them to take what they have learned at international conferences and translate it back into substantive policy positions in Taiwan. Being able to compare the contents of these conventions or link them to domestic laws lends real depth to the reading group discussions and makes them much more meaningful. It is even possible that observations made in field research, or actual experiences of life in Aboriginal communities, can be manifested in international review conferences. This permits policymaking to genuinely address the vital issues of life in these communities, and within the communities themselves, to precipitate changes in ways of thinking or in how things are done.

Beyond street demonstrations

Taiwan’s sensitive diplomatic status sometimes makes it hard for LIMA to formally participate in the UNPFII, but they still are active in the specialized meetings (e.g. the Pacific Working Group or Youth Working Group sessions) that are held in conjunction with the forum. This year LIMA attended the UNPFII preparatory conference for Asia, held in Thailand, allowing them to share the recent Ke­ta­ga­lan Boulevard protest movement with activists from other lands. But it is important to remember, Tuhi Mar­tu­kaw remarks, that the issue of land rights is a long-standing one, and hasn’t arisen just because of the Ke­ta­galan protest. Boosting public understanding and visibility of Aboriginal issues through as many channels as possible is precisely what LIMA has itself been doing.

Back in Taiwan, LIMA holds workshops, and through innovative activities like providing opportunities to sample handmade indigenous foods, or rewriting song lyrics, they hope to help the general public understand that participation in indigenous issues doesn’t have to involve obscure legal and political discourse. And the sharing of daily life experiences creates opportunities for dialogue between different indigenous peoples and different generations.

The members of LIMA often bring ideas about indigenous issues to bear in their professional work or academic research. For example, Tuhi Mar­tu­kaw is a news anchor with Taiwan Indigenous TV, and when she reports international stories she focuses on things that are relevant to Taiwan, such as climate change or land development. LIMA member ­Eleng Ka­za­ngil­jan is another example. During a meeting of a reading group he introduced the case of Peru’s “Potato Park Communities.” Other members of the group were then able to tie this back in to the cultivation of traditional foods by Taiwan’s indigenous peoples and the preservation of biodiversity, providing different perspectives in the context of a world in which economics seems to take precedence over every­thing else.

Recently more and more young indigenous people in Taiwan have taken note of the groundwork being laid by LIMA in regard to issues that affect them. When friends of LIMA members encounter issues relevant to Taiwan’s Aboriginal peoples, they often go to LIMA members to ask about how these issues are being handled internationally, for comparison with the situation in Taiwan. These under-the-radar transformations are an affirmation for all the work the LIMA members have put in.

But if you ask them about the sense of purpose that drives them to volunteer time out of their busy schedules for LIMA, they are modest. As ­Eleng says, “I can’t really say we’re on any kind of grandiose mission here. But if we can get a bit more done on behalf of indigenous peoples than would have been done otherwise, that’s very gratifying.” The hope is that LIMA can continue to attract more young Aboriginal people to participate in public affairs, so that the new ideas and energy of the young can help create a better life on the ground in indigenous communities.        

集落のために声を上げる LIMA台湾原住民青年団

文・陳群芳 写真・LIMA台灣原住民青年團 翻訳・山口 雪菜

「LIMA」というのはオーストロネシア語族に共通する語彙で、「手」あるいは「五」を意味する。そのオーストロネシア語族に属する台湾先住民の若者たちが「LIMA台湾原住民青年団」を結成し、積極的に国際的テーマや台湾先住民の権利獲得のための活動を行なっている。世界各地の先住民族と手をつなぎ、先住民青年の力を結集して、より良い将来のために努力している。


2006年、政治大学外交学科に学んでいた洪簡廷卉(Tuhi Martukaw)は、台湾民主基金会とともに国連の先住民族常設フォーラム(UNPFII)に参加したのをきっかけに国際的な先住民の活動に参加するようになった。それ以来、彼女は毎年さまざまな機会を借りて積極的にUNPFIIや周辺会議に参加してきた。

個人参加から団体参加へ

最初の頃、彼女は団体に随行する形でUNPFIIに参加していたが、2009年にドイツに留学してから、先住民問題に関心を持つ仲間を集めて参加するようになった。メンバーは各地に散らばっていて海外留学中の人もいれば台湾にいる人もおり、互いのことをよく知らないこともあって事前準備も難しかった。

事前に互いを十分に理解することができず、会議開催地の空港で初めて会うこともあった。しかし、海外の他の団体にとって、洪簡廷卉のグループは台湾の先住民を代表しており、その発言は台湾のイメージにも影響する。メンバーに不当な発言があったり、互いの認識が食い違っていたりすることがあってはならない。そこで彼女は団体の構造が緊密ではなく、内部のコンセンサスを得ることができないといった問題の解決が必要だと考えた。

彼女にとって、国際先住民会議は年に一度の活動であるだけでなく、長期的にテーマを掘り下げていくものであり、仲間のコンセンサスを得る必要があった。そこで彼女は周囲の先住民青年に声をかけ、緊密なチームを作ることにした。

多方面に声をかけることで、地域発展や地政、言語、法律など、さまざまな専門分野を持つ先住民青年を集めることができた。「集落での生活経験が豊富で、先住民文化を深く理解しているメンバーが、都会育ちの私の弱点を補強してくれることを願っています」と洪簡廷卉は言う。そして皆で話し合い、オーストロネシア語族に共通の言葉であるLIMAをグループ名にすることとした。そうして2013年に「LIMA台湾原住民青年団」は結成され、発起人の洪簡廷卉が団長を務めることとなった。

2013年、LIMA台湾原住民青年団は、初めてUNPFIIおよびその周辺会議に参加した。彼らはフォーラムで扱われる特定の議題について周到な事前勉強会を行なっている。例えば、最初の年は「世界の先住民の現況」というテーマに関して、気候変動や教育、健康、環境といった角度から検討した。メンバーはそれぞれ興味のあるテーマについて文献を研究し、専門家を招いて討論し、会議出席に必要な知識と表現力を培った。

人権のテーマは先住民のテーマ

毎回の勉強会の過程で、LIMAのメンバーは、いずれのテーマも互いに関連しあっていることに気付いた。例えば、先住民の労働権を論じていくとジェンダーというテーマにつながっていく。どのテーマも互いに関連しているため、メンバーがそれぞれの専門分野を発揮し、関わる分野を広げ深めていく必要がある。

一般に、先住民をめぐるテーマは教育と文化に関わると考える人が多いが、洪簡廷卉は、人権に関わるすべてのテーマは先住民のテーマであると主張する。先住民族は血縁上、非先住民族と異なるだけではない。すべての人類が遭遇する人権問題は、どれも先住民と密接に関わっており、単に教育や文化のテーマに限定するべきではないのである。先住民族が文化保存の問題に直面した時、それは居住環境や雇用機会などとも関わってくる。しかし、現在の先住民問題では政策討論や方向性の面でも、先住民族が参加することは極めて少ない。関連するNGOの間でも先住民族に対する理解不足から交流や協力も少ない。そこで、LIMA台湾原住民青年団はより積極的に教育や文化以外の議題に関わろうとしており、国内外の大型会議や条約審査などの場でもLIMAの姿が見られる。

台湾は国として国連に参加することはできないが、それでも国際人権保障体系の根本を成す「市民的及び政治的権利に関する国際規約」と「経済的、社会的及び文化的権利に関する国際規約」を批准して国内法化し、国連の方式を採用して、審査のために国際人権専門家を招いた。

LIMA台湾原住民青年団は、結成した最初の年に、この二つの国際人権規約の審査会議に参加した。国際人権規約の審査の過程では、政府による国家人権報告書と民間団体によるカウンターレポートが提出された。専門家は人権規約の内容にしたがってリスト・オブ・イシューズを出し、不十分な点や不明確な点について国の代表と民間代表とともに討論した。数日にわたる審査会議の末、委員会は「総括所見」を作成した。所見に挙げられた意見に対して政府各省庁は報告を提出し、民間団体は政府による関連法規や措置の修正を見守ることとなった。

その後、国家人権報告書を作成する前、政府はNGOとの会議を開き、LIMAもこれに出席した。LIMAのメンバーは国家報告の内容に習熟しているだけでなく、2013年の最初の審査で委員から出された総括所見の81項目についても幾度も議論しており、その後の政府の修正に関する会議にも出席してきた。今年初め、国際人権専門家による2回目の審査が行われ、最初の所見に対する改善状況が審査された。この2回にわたる国際人権規約審査の間、LIMAおよびその他のNGOは定期的に政府による改善の進捗状況を追跡してきた。放射性廃棄物の問題や、政府の実施効率など、改善に限界のある部分もあるが、LIMAのメンバーは常に忍耐強く各省庁とのコミュニケーションを続けてきた。

「市民的及び政治的権利に関する国際規約」と「経済的、社会的及び文化的権利に関する国際規約」の他に、LIMA2014年、「女子に対するあらゆる形態の差別の撤廃に関する条約」(CEDAW)の審査会議にも参加した。今年末には「児童の権利に関する条約」や「障害者の権利に関する条約」などの国際審査会議にも出席することになっている。

条約の審査に関わるに当り、LIMAのメンバーは大量の資料を消化し、数えきれないほどの会議に参加しなければならない。そのプロセスは大変だが、これらを通してLIMAは国際会議での経験を台湾に持ち帰っている。さまざまな条約の内容を相互に照らし合わせ、それらを国内の法律とどう結び付けていくか、メンバーの勉強会の内容はますます深まり、さらにフィールドワークでの観察や先住民集落での生活経験も国際審査会議で伝えていく。ここからさらに、政策の策定に集落の生活を反映させ、メンバーは会議で得た収穫を集落に持ち帰り、これまでとは違う思考や手段を生み出していく。

抗議ではない先住民運動

国際的に台湾の政治的地位は敏感であるため、中国大陸による圧力の下、LIMAUNPFIIで正式に発言できないことがある。それでも彼らは積極的に機会を求め、アジア作業グループ、太平洋作業グループ、青年作業グループ、女性作業グループなどの周辺会議に参加し、世界の先住民組織と密接に連携しつつ台湾先住民族のために発言を続けている。

例えば今年はタイで開催されたUNPFIIのアジアエリア準備会議に参加し、現在の凱達格蘭大道における先住民運動の経験を伝えた。洪簡廷卉によると、土地に関する議題は早くからあり、凱達格蘭大道での抗議で浮上したわけではない。街頭での抗議行動ではなく、他の方法で先住民の課題を多くの人に伝えることこそ、LIMAがやろうとしていることなのである。

台湾において、LIMAはワークショップを開催し、先住民族の料理作りや歌詞づくりなどを通して先住民族とそうでない人々の参加を歓迎している。こうした活動を通して、先住民族に関する議題が決して堅苦しい法律や政治だけに属するものではないことを知ってもらい、実際の生活経験や行動を知ってもらうことで、世代や民族を越えた対話が生まれることを期待している。

LIMAのメンバーには学生もいれば、会社勤めの人やニュース番組のアンカーもいて、皆が時間を工面して活動し、会議を開いている。そして先住民に関する議題をめぐる思考をそれぞれの仕事や論文に活かしている。例えば、原住民族テレビのアンカーでもある洪簡廷卉は、国際ニュースを放送する際、気候変動や土地開発など、台湾にも関わるテーマを選択して多くの人の思考を刺激している。また、同じくLIMAメンバーの郭文萱は勉強会においてペルーの「じゃがいも公園」の事例を紹介し、台湾先住民の伝統食材の栽培や生物多様性の維持について考えるきっかけとした。ビジネス優先の思考の中で、今までとは異なる考え方を集落に提供したのである。

世界の先住民族をめぐる課題に、LIMAは長年にわたって取り組み、近年は多くの先住民青年から注目されるようになった。メンバーの周囲の人々も、先住民の問題に直面した時、LIMAに問い合わせてくることが多くなったと言う。国際的に同じような課題が議論されていないかどうか、海外での経験を台湾の現状と比較してみたい、という問い合わせである。こうした変化はLIMAのメンバーの努力を証明するものである。

 

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!