教室外的公民課

青年培力,翻轉社會
:::

2018 / 1月

文‧蘇俐穎 圖‧林旻萱


你關心教育嗎?你對於台灣教育現況的觀察及對未來的想像又是什麼?從20114月,由教育部主持,以躋身世界一流大學為目標的「邁向頂尖大學計畫」,到20181月正式推動的「高等教育深耕計畫」,由強調國際學術排名轉為重視公共參與、創新與實踐等軟性能力,這股由政府帶頭,學界、民間組織相互響應的革新浪潮,在教育方針、理念上都展現出有別以往的新風,而引領新觀念、新思維的青年族群,更異軍突起、位居要角。

 


 

20158月成立的「社團法人國際城市浪人育成協會」(簡稱「城市浪人」),以推動「城市浪人流浪挑戰賽」起家,服務對象以1626歲的青年族群為主,概念源於執行長張希慈在台灣大學就讀時,「領導學程」的團體作業,畢業後,張希慈再將一次性的學生活動,擴大並組織化為每年固定舉辦的大型賽事,經過連年不斷地修正,已臻完備,並陸續受到海內外教育界的高度評價。

至於才在20176月創辦的「善步地方教育工作室」(簡稱「善步工作室」),則是台灣師範大學環境教育研究所碩士生曾毓仁與台灣大學建築與城鄉研究所學生劉奕妤的微型創業實踐。他們以天母為基地,活化當地的文史、環境資源,輸出為一系列的在地導覽、社團課程及環境教育課程,從國小學童開始,擴散至成人,受到天母居民的熱烈迴響。

他們不約而同,都選擇離開刻板印象中的教學現場,將俯拾即是的生活線索轉化成學習內容,並運用創意的教學形式,補足傳統教育忽略的,關於自我覺察、人格育成與社會參與等面向的缺口。

靈活創新,開展教育新境

以升學為主的填鴨式教育已不敷時代所需,不只是政府政策上的轉變,在第一線的教育現場,也有不少老師進行小規模的變革,重新擦亮作為教育工作者的使命與價值,曾毓仁也表示:「體制外不是萬靈丹、唯一解。不論在哪裡,都可以發揮自己場域可以做的事情。」

只是,相較於體制內的老師,必須受限於學校制度、課綱內容,體制外沒有制度化的包袱、可隨機應變的高度靈活性,是大部分的創新教育工作者共同肯定的優點。曾毓仁便表示:「學校的老師有課程壓力,帶出校外又必須同時照顧很多人;而我們可以很頻繁地使用戶外資源作為教學場域,學生可以直接以五官體驗去感受環境、街道、他人的互動,並且,我們的活動採小班制,還可以運作志工來幫忙。」

城市浪人更是恣意揮灑於體制以外,他們提出一套多數教育工作者難以想像的創新教育方案:「城市浪人流浪挑戰賽」,以遊戲競賽的形式,3人組成1支隊伍,在短時間內(通常是1個月左右)完成或易或難的多項任務,再依任務指示繳交文字、照片、影音等具體成果。任務性質分成「自我覺察」、「連結再造」、「冒險挑戰」、「社會參與」四大類,用以引導青年作自我探索,並鏈結起不同屬性的社群。從2013年舉辦至今,已累積服務超過6,000人,這一套體驗式參與的方案,受到不同產業,甚至海外組織的青睞,並被延伸應用在工作坊招生、海外志工招募、企業徵才等項目上。

20176月與國泰人壽合作推出的「百工日記:帶你體驗101種職人生活!」為例,簡言之,就像一場體驗式的性向測驗,250名左右的參與者,藉挑戰任務的形式進入包含壽險業、媒體業、公部門、大公司、中小型企業、新創公司、非營利組織……等共計45間不同類型產業的工作現場,每人在3週內可以體驗38家不等的機構,所有體驗心得在結束後共享給所有參與者,達到業主求才得才、青年適才適所的目的。

不僅如此,城市浪人將體制外的自由與靈活等優勢發揮到極致,由於工作團隊總是樂於、甚至主動爭取,與不同教育機構、海外組織交流,藉此接收新知,從中激發靈感,包含任務的設計與周邊產品的視覺美感,連年演化、優化、進化,不斷自我突破地長出新貌。張希慈說:「挑戰賽做了這麼多年,也會開始組織化,但主動接觸新的刺激,讓每年都有不一樣的元素加進去,甚至model被改變,我們也願意嘗試。」創新常意味著風險,正是這樣初生之犢不畏虎的姿態,才開展出教育的新境。

走讀社區,扎根在地

生活在網狀結構、方方面面互相關連的日常網絡裡,教育理應開啟我們對周遭事物的敏銳覺知與好奇。

既然組織被命名為「城市浪人」,隱然蘊含著向雲門舞集的「流浪者計畫」取經、致敬的意味,只是將範圍與規模從跨國界的移動,限縮到目前生活的城市,這種低門檻的遊學體驗,概念一言以蔽之便是:「整個城市都是我的教室」。挑戰賽以城市作為區域界分,一來可撙節交通與時間成本,確保不因外在條件干擾參賽者的參與意願;二來可依不同地區的資源條件設計任務內容,並扣合在地特質。授權管理總監簡以潔強調,每個地區的挑戰賽除了四大類任務以外,另有一類「特色任務」,好比高雄區參賽者必須去挖掘高雄港的歷史故事,或者去探訪當地具文史價值的古蹟等,不少學生只是因求學居住在這個城市,藉任務內容而與在地發生更深刻的連結。

至於深耕天母的善步工作室,更將在地資源作最大化的應用。一般人眼中的天母,不外乎是充滿異國風情的高級住宅區,歷經初期在文獻資料上的蒐集與整理,也親身訪調居民、商店,或者與在地組織如「草山文史工作室」、「天母綠玉聯盟」尋求協助,逐一盤點社區的文史、生態資源,除了日治時期留下的草山水道系統、三角埔發電所,猶有美援時期遺風的天母白屋、羅友倫將軍故居等文化資產,也因為天母在地理位置上接壤陽明山與台北市心中,社區內10處以上的公園以及6處綠地,是許多野生動物往來山野與都市間不可或缺的生態跳島。這些唾手可得的資源,經過曾毓仁的創意,依據不同年齡層,轉化成一堂堂趣味橫生的在地導覽、環境教育課程,包含「天母地方小學堂」、「地方美感放大鏡」、「天母故事觀景窗」等。

善步工作室最早開發的一套方案是:「天母地方小學堂」,在地的文化歷史、生態環境、建築空間、地方議題,都被融貫到整套藏寶遊戲裡,學生在學習中刷新早已疲乏的日常感知,也在生活裡培養學習的心眼,最後將學習成果付諸行動。好比其中一堂「保存拆除大擂台」,以一度面臨拆除的天母白屋與羅友倫將軍故居為例,帶領孩童從經濟、文史等不同面向作正反方思辨;又或「森林保衛戰」,以生態綠地的角度重新認識故居價值,並且傳達綠地對不同物種、社區、生態上的影響;最後一堂「擺攤小達人」,讓孩童親自到周末的天母市集擺攤,以互動遊戲的方式主動向遊客講述在地故事。

在天母居住了6年的曾毓仁直言:天母居民社經、教育水平雖高,但因為建物多屬門禁式社區、城堡式住宅,閉鎖性強,造成人與土地的疏離,不了解在地事物,社會參與機會較少。他引述教育學家杜威的名言:「教育是改善社會的良方。」他試圖由孩童的教育著手,垂直擾動上層的學生家長,再影響到外緣的社區居民,藉此喚醒大眾對於地方文化資產、環境生態的關懷心,並培養公民意識。

青年力典範

城市浪人與善步工作室充分展現青年族群不可限量的潛質,他們將青年人才獨具的,對於外在世界的善感、躍躍欲試的熱情、不被框架拘束的創意,以及敢於嘗試的勇氣,轉化成實際行動上的優勢,為我們打開教育的想像,也填補了既有教育的闕如。

近年,因社群媒體的普及,加上太陽花學運的效益,不論政府或民間,均已開始意識到青年族群的重要。畢竟,唯有年輕人最能同理年輕人,正如張希慈說:「我們團隊的年紀與青年的年齡範圍差不多,因此特別擅長與這群人溝通,我們很了解他們的困境在哪裡,也知道該用哪種方式對待他們。」加上青年族群特別擅於跨領域思考,往往可從不一樣的視角提供意見,協助突破盲點,因此,聘用青年顧問的案例也開始出現。除了與國泰人壽合作的百工日記是一例,公部門部分,教育部青年發展署也於2017年開始,聘用6位青年諮詢小組委員。

雖然,從年輕人長出的新文化,時常挑戰傳統固守的價值觀,李家同在金門大學致詞的事件即是一例,針對這件事,張希慈提出不一樣的看法:「我演講時,並不在意聽講的人吃東西、滑手機、睡覺。」她補充道:「睡覺,可能是因為他真的太累了,或者是我講的內容真的太無聊,而我又憑什麼要求別人,一定要把注意力放在我身上?」這種包容異己、尊重多元的精神,正是傳統教育較缺乏,也是年輕世代的珍貴之處。

不過,張希慈也強調:「在演講前,我會告訴你,我要講什麼,你可以自己評估,要為自己負責。」然而,在既有的教育體制裡,當多數事情都是被決定好、選擇好的,學生又該如何「為自己負責」?

因此,無關規模大小,城市浪人與善步工作室以自身作為範例,從不一樣的教育角度出發,回應這些傳統教育難以顧及,卻又至關緊要的問題,也順勢化解新舊世代的衝突。

簡以潔是挑戰賽第1屆的參賽者,從主動加入志工,到成為核心工作成員,歷經價值觀的思考與幾番工作跑道轉換,如今她說:「我相信,做一份有意義、可以幫助別人的工作,比賺錢更重要。」曾毓仁則向我們分享一位學生志工姚岳宏的心得,他說:「如果不是來這裡,還真不知道自己在做什麼?也不知道要把所學的拿去哪裡用?平常也只是做一些自己的嗜好活動打發時間而已。」這些,還只是初步收穫的果實而已。在百年樹人的教育現場,他們的影響,不僅是第一圈觸及的學生、志工,連帶整個社會都能受惠。

相關文章

近期文章

EN 日本語

Beyond the Classroom

Harnessing the Power of Youth to Transform Society

Lynn Su /photos courtesy of Lin Min-hsuan /tr. by Jonathan Barnard

Are you concerned about education? What are your thoughts on the current state of education in Taiwan, and what are your hopes for its future? From the Ministry of Education’s “Aim for the Top” university project, unveiled in April of 2011, which seeks to bring Taiwan’s universities into the leading ranks of universities internationally, to the “Higher Education Thorough Penetration Plan,” which was formally launched in January of 2018, there has been a notable shift from an emphasis on international rankings towards a focus on public participation, innovation, practical execution and other “soft skills.” The government has taken the lead in these changes, with academia and NGOs also providing input. Young people too are playing a leading role, in a movement that is having an unprecedented impact on educational policy and thinking.

 


 

The International City Wanderer Education Association, founded in August of 2015, has been promoting its “City Wanderer Challenge,” which is targeted at youths ages 16‡26. The concept has its origins in a group project for a leadership development class that Anny ­Chang, City Wanderer’s executive director, participated in while enrolled at National Taiwan University (NTU). After graduating, ­Chang took this one-off student activity and turned it into an organized, large-scale annual competition. Refined through several years of revisions, it has earned high praise from education professionals both in Taiwan and abroad.

The “Good Step for Place” educational workshop was founded in June of 2017 by ­Tzeng Yu-ren, who is enrolled in a master’s program in environmental education at National Taiwan Normal University, and Liu I-yu, a student at NTU’s Graduate Institute of Building and Planning. They are based in Tai­pei’s ­Tianmu neighborhood, where they aim to draw attention to local history and environmental resources through a series of local tours, community-based curricula, and environmental education courses. They started with elementary school students and have expanded into adult education, all the while earning praise from ­Tianmu residents.

Both organizations eschew stereotypical educational settings and instead look to the stuff and settings of every­day life for educational content. Furthermore, they employ creative pedagogical models to make up for traditional education’s shortcomings in cultivating self-awareness, personality development and social ­participation.

Innovative educational realms

Rote learning aimed at high scores on entrance exams no longer meets the needs of the current era. More than merely a shift in government policy, this pedagogical sea change is also reflected in the approaches of many teachers on the front lines, who are pursing small revolutions of their own, reimagining their missions and values as educators. Those working in the field of educational innovation point out that in comparison to teachers in traditional schools, who are constricted by school policies and curricular content, outside educators are free from the system’s shackles and thus more able to nimbly adapt to new opportunities. ­Tzeng Yu-ren of the Good Step for Place Studio explains: “Teachers in schools have curricular pressures, and taking students out on field trips would require them to keep an eye on a lot of students. We, on the other hand, frequently use outside resources for educational sites. Students can directly use their five senses to interact with the environment, city streets, and other people. Furthermore, we have small class sizes and draw on support from volunteers.”

City Wanderer, meanwhile, is even more intent on hoeing a row outside of the system. It has launched a set of innovative programs that traditional educators would be hard pressed to imagine: For the “City Wanderer Wandering Competitions,” teams of three work to complete challenges—both easy and difficult—in a short period of time (usually about a month), turning over concrete records of their achievements in the form of written documents, photographs or videos. There are four main categories of missions: “self-awareness,” “leveraging existing connections for collaborations,” “risk-taking challenges,” and “social participation.” The idea is to spur youths to engage in self-exploration and collaborate with different social groups. Notably, from 2013 to the present, they have already served more than 6000 people. Their experiential and participatory programs have earned the favor of various enterprises and even foreign organizations, and their approaches have been extended for use in recruiting students for workshops, recruiting volunteers for overseas service, and general corporate recruiting.

Risk is part and parcel of innovation, so the risk-­taking that is characteristic of youth is necessary for advancement toward new educational realms.

Strengthening community awareness

Living at a time when all aspects of life are increasingly embedded within networks, education ought to prompt more sensitive awareness and curiosity about the things around us.

Although City Wanderer’s name itself pays homage to Cloud Gate Dance Theatre’s Wanderers Program, the organization has narrowed the transnational scope of Cloud Gate’s program to the city where one currently resides. That emphasis on finding experiential “travel” nearby is summed up neatly in the sentence: “The whole city is my classroom.” For the City Wanderer Competition, a city is divided into districts. Firstly, this saves time and money spent on transportation, facilitating broader participation. Secondly, the missions can thus be tailored to the resources of specific districts, ­highlighting local character. City Wanderer’s licensing director Eileen ­Chien emphasizes that in addition to missions in each of the four main categories, a further “special mission” is often given a particularly local spin. For instance, participants in Kao­hsiung have been required to uncover historical anecdotes about Kao­hsiung Harbor. Otherwise, competitors might be asked to visit local sites of special cultural or historic significance. Such missions have given many students who moved to cities to pursue their studies a much deeper sense of connection to their adopted locales.

The Good Step for Place Studio in ­Tianmu is committed to expanding the use of local resources. To many, ­Tianmu, with its Western-style luxury residences, has an exotic flavor. By compiling historical documents and interviewing residents and shop proprietors, often with the assistance of local organizations, Good Step has gradually taken an inventory of the com­mun­ity’s historical and environmental resources. Apart from the Cao­shan aqueducts and the San­jiaopu power plant, ­Tianmu’s cultural resources, such as the ­Tianmu White House and the former residence of general Luo You­lun, were also situated here because of ­Tianmu’s location between the mountains of Yang­ming­shan and downtown Tai­pei. The community features ten parks and six other natural areas. These provide needed islands for wildlife between the wild mountains and the city center. Via ­Tzeng Yu-ren’s innovations, these easily accessible resources have provided fodder for fun local tours and environmental education courses aimed at varying age groups, with topics such as “­Tianmu schools,” “a magnifying glass on local aesthetics” and “a window onto ­Tianmu stories.”

In working on children’s education, Tzeng is trying to incite change in the parents, who can then influence the outside community, awakening concern about local cultural resources and ecologies and cultivating citizens’ engagement.

Youth power models

City Wanderer and the Good Step for Place Studio amply demonstrate the boundless potential of youth. They take what is uniquely characteristic of the young—a sense of righteousness, eager enthusiasm, out-of-the-box creativity, and the courage to try anything—and direct these traits toward well-intentioned action, thereby expanding our educational imaginations and making up for the education system’s shortcomings.

Of course, cultural change generated by the young often challenges traditional values and conceptions. The incident of students walking out of a speech by Li Jia­tong at National Que­moy University is but one example of this friction. Anny ­Chang has her own take on the issue: “When I speak, I don’t mind if audience members eat, look at their cellphones, or sleep.” She adds: “If they sleep, it may well be because they are truly very tired, or because the content of my speech is truly boring. What right do I have to demand that others direct their attention to me?” This tolerance for others and spirit of respect for diversity is lacking in traditional education, and it is something that the younger generation treasures.

Nevertheless, ­Chang emphasizes: “Before the speech, I will tell you what I intend to speak about. You can then make your own assessment and be responsible for yourself.” Yet when the educational system decides so much for students, how are they supposed to be “responsible for themselves”?

Regardless of their size, City Wanderer and the Good Step for Place Studio both serve as models. Taking different approaches, they respond to crucial issues that traditional education ignores, thus helping to resolve generational conflicts. Working in the field of education, which of necessity has a long-term orientation, these groups are having an impact far beyond the students and volunteers with whom they come in direct contact. All of society is reaping the benefits.

教室外で行なう公民の授業

青年の力が社会を変える

文・蘇俐穎 写真・林旻萱 翻訳・山口 雪菜

あなたは教育に関心をお持ちだろうか。台湾の教育の現状から、どのような未来をイメージするだろう。2011年4月から、教育部が主宰し、世界的な一流大学となることを目指す「邁向頂尖大学計画」が実施されてきたが、2018年1月からは「高等教育深耕計画」がスタートした。これは、学術面での世界ランキングを強調するのではなく、公共問題への参画やイノベーション、実践といったソフトな能力を重視するプランである。政府が中心となり、学界や民間団体が応える形で進む革新の波は、教育方針や理念において従来とは異なる風を吹かせ、新たな観念や思考を持つ若者を育てつつある。


2015年8月に設立された社団法人「国際城市浪人育成協会」(城市浪人)は16~26歳の青年を対象に「流浪チャレンジ・コンクール」を行なっている。これは、城市浪人で事務局長を務める張希慈が台湾大学で受けたリーダーシップ・カリキュラムのグループワークから発想し、毎年行なっている大型コンクールで、内外の教育界からも高い評価を得ている。

一方、2017年6月に設立された「善歩地方教育工作室」(善歩ワークショップ)は、台湾師範大学環境教育大学院の修士課程に学ぶ曾毓仁と台湾大学建築・都市地方大学院の学生・劉奕妤がマイクロ起業の形でスタートした。台北市の天母エリアを基地に、地元の歴史文化や環境資源から、地域ガイドや環境教育カリキュラムなどを打ち出している。対象は小学生から始めて、大人向けまであり、天母の住民の間で好評を博している。

彼らは期せずして、従来の教育現場を離れて暮らしの中に学習の場を求め、これまでの教育が見落としてきた自己認識や人格形成、社会参画などの面を補おうとしている。

革新的な教育を

進学のための詰め込み教育は時代に合わなくなり、政府の政策が変わるとともに、第一線の教育現場でも少なからぬ教員が変革に取り組んでいる。ただ、体制内の教員は学校の制度や既定のカリキュラムに従わなければならないのに比べ、体制外では臨機応変に創意を発揮できる。「学校の先生には既定のカリキュラムがあり、校外活動でも大勢の生徒に配慮しなければなりません。一方、私たちは野外の資源を用い、生徒は五感を通じて環境や街や人との関わりを感じ取ることができます。少人数制で、ボランティアに手伝ってもらうこともできます」と曾毓仁は言う。

「城市浪人」は体制外の利点を活かし、多くの教育者には思いもつかない新たな方法「城市浪人流浪チャレンジ・コンクール」を打ち出した。3人1組のチームで、1カ月前後の時間をかけて多数の任務を完了するというゲームである。任務完了時には文章や写真、映像などでその成果を記録する。その任務には「自己認識」「つながり再生」「冒険」「社会参画」の4つの内容があり、若者が自己探索し、異なる属性のグループを結びつけられるよう導く。2013年に初めて開催してからすでに6000人以上が参加しており、この体験型の企画は、産業界や海外の組織からも高く評価され、ボランティアの募集や企業の人材募集などにも活かされている。

2017年には生命保険会社の国泰人寿とともにイベント「101の職場体験」を行なった。これは体験型の適正試験のようなものと言える。250人の参加者が、保険会社やマスコミ、政府機関、大企業、中小企業、NPOなど45のさまざまな業種の職場で3週間をかけて任務に挑戦するという形で行われ、終了後に互いに感想をシェアした。これにより企業と若者の双方が適材適所の雇用を実現することができる。

「城市浪人」は体制外であることの優位性を最大限に発揮し、他の教育機構や海外組織と積極的に交流して新たな知識やアイディアを得ている。「チャレンジ・コンクールは長年の経験を経て、今では組織化してきましたが、新たな刺激を生むために毎年異なる要素も加えています」と言う。イノベーションはリスクを伴うが、恐れずに初心を貫くことで新たな世界が広がる。

生活は、さまざまなものがつながったネットワークの中にあり、教育はそうした物事への知覚と好奇心を育むべきである。

「城市浪人」という名称には、雲門舞集の作品「流浪者計画」への敬意が込められているが、その範囲と規模は国境を越えるものではなく、自分たちが暮らす都市とした。これは「遊学」体験のハードルを下げるもので、「都市全体が自分の教室」という考えである。チャレンジ・コンクールは都市ごとに行われるが、これは交通や時間のコストを削減することで、参加者の意欲を削がないためである。また、地域ごとの条件を考慮して任務の内容も決めている。管理ディレクターを務める簡以潔は、エリアごとに四大任務の他に特色ある任務が課されると言う。例えば高雄エリアの場合、必ず高雄港の歴史物語を発掘し、あるいは地元で文化的、歴史的に価値のある古跡を訪ねなければならない。少なからぬ学生は大学に通うために高雄に住んでおり、この任務によって地域との深いつながりを持てるのである。

コミュニティに根を下ろす

一方、天母エリアに根を張る善歩ワークショップでは、地元のリソースを最大限に活用している。天母の一般的なイメージと言えば、外国人が多く暮らす高級住宅地だが、昔の文献を調べたり、地域の住民や商店を訪ねたり、あるいは「草山文史工作室」や「天母緑玉聯盟」などの地元組織を訪ねることで、草山水道や三角埔発電所、天母白屋、羅友倫将軍旧宅などの文化遺産に触れることができる。また、天母は陽明山と台北の市街地をつなぐ位置にあるため、10以上の公園と6つの緑地があり、野生動物も豊富だ。曾毓仁はこうした貴重な資源を活かし、年齢層に合わせて「天母地方小学堂」「地方美感拡大鏡」「天母故事観景窓」などのカリキュラムを組んでいる。

「天母地方小学堂」では、地元の文化歴史、自然環境、建築などをゲームに取り入れ、子供たちの目を開かせる。子供たちは日常の知覚を取り戻し、最終的には学習を行動へと移していく。例えば、かつて取り壊しに直面した天母白屋と羅友倫将軍旧宅について、経済や文化歴史などの面から賛成意見と反対意見を考える。また緑地が生物種や地域社会、生態にもたらす影響を考え、最後はフリーマーケットに店を出し、自分たちが学んだ地域の物語を来訪者に語るのである。

天母に暮らして6年になる曾毓仁はこう話す。天母住民の教育レベルは高く、経済的にも豊かだが、多くの住宅が閉鎖的な造りであるため、人と土地とのつながりが弱く、地域との接触や社会参画の機会も少ない。そこで、子供たちの教育から着手して親や地域住民へも影響力を及ぼし、地元の文化遺産や自然環境への関心を高め、公民意識を高めたいと考えたのである。

若いパワーの手本

「城市浪人」と「善歩ワークショップ」は、いずれも若者の無限の力を感じさせる活動である。若い世代だけが持つ、外部への善意や、やってみたいという熱意、型にはまらない創意などが実際の行動へと転化され、教育のイメージを打破し、従来の教育の不足を補うことができる。

近年はSNSが発達し、ひまわり学生運動などの影響もあって、政府も民間も若い世代の重要性を意識し始めた。若者を最も理解できるのは若者自身である。「私たちのチームの年齢は、対象となる若者の年齢とほとんど差がないのでコミュニケーションの面で有利です。また、彼らが困っていることもわかるので、正しい方法で対処できます」と張希慈は言う。また、若者はジャンルを越えた発想をするので、しばしば異なる視点からの意見が出されて盲点が見つかる。そのため、若い世代がコンサルタントとして採用されるケースも増えてきた。国泰人寿との活動の他に、公的部門でも、教育部青年発展署では2017年から6人の若い諮問委員を招聘している。

若い世代から生まれる新たな文化は、従来の保守的な価値観と衝突することも多い。李家同氏が金門大学で祝辞を述べた時の事件を例に取り、張希慈は異なる見方を語る。「私が講演する時は、聴衆が何か食べていたり、スマホをいじっていたり、寝ていたりしても気にしません。寝ている人は、もしかすると本当に疲れているのかも知れないし、私の話がつまらないからかも知れません。他人に私の話に集中することなど要求する権利はありませんから」と言う。こうした他者を包容し、多様性を尊重する精神こそ、従来の教育に欠けている部分かも知れない。

ただ、張希慈は「講演を始める前に、これから何を話すかを説明し、自分で判断して自分で責任を負ってほしいと話します」と言う。しかし、既存の教育体制において多くの物事はあらかじめ決められ、選択されている中で、学生はどのように「自分」で責任を負えばいいのだろう。

こうした疑問があるからこそ、「城市浪人」も「善歩ワークショップ」も、自らが手本となり、従来と異なる角度から教育をとらえて、既存の教育では手が届かない重要な課題に取り組み、新旧世代の衝突を解消しているのである。

簡以潔も、ボランティアから初めて今ではチャレンジ・コンクールの中心的メンバーとなった。価値観の思考と幾度かの転職を経て、今は「有意義で人の役に立つ仕事は、お金を稼ぐことより大切だと信じています」と語る。これらはまだ初歩的な収穫に過ぎない。百年の計である教育の現場で、彼らの影響力は学生やボランティアだけでなく、社会全体に及んでいる。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!