為新住民姊妹發聲

首位新住民國策顧問── 胡清嫻
:::

2018 / 2月

文‧鄧慧純 圖‧莊坤儒


皮膚黝黑,剪著短短整齊的妹妹頭,個子不高,胡清嫻在人群中不易被找到,但是她的聲音宏亮,講起話來又急又快,很容易依聲尋人。在人群中發聲,是胡清嫻現在的工作,擔任屏東縣好好婦女權益發展協會(簡稱「好好協會」)的多元文化課程宣導講師,多年來為新住民權益的付出與努力,使她在小英總統上台後,被聘任為總統府國策顧問。

 


胡清嫻描述當初接到府方來電徵詢,是否願意擔任國策顧問一職,她反問:「那是做什麼的?我可以做什麼?」府方說明:可以不定期跟總統開會,把新住民的心聲跟總統表達。「那時候我想,可以幫助我的同胞,幫助新住民,那我可以做。這是個機會,把大家的心聲和收集的意見帶到總統面前。」胡清嫻說。

家人是後盾

台灣首位新住民國策顧問胡清嫻來自越南,來台灣已十一年多了。當初離家到胡志明市在台商工廠工作了6年,不知道未來還能如何的迷惘,讓她選擇到台灣試試看。

胡清嫻與先生許志成是由仲介介紹認識,兩人相見不到一天,就辦了結婚登記,隨後到台灣開始新生活。胡清嫻的婆家開明,許志成說:「我媽媽的觀念是說,從那麼遠的地方嫁過來,就要疼人家,像自己的女兒一樣。」婆婆手把手地教胡清嫻做飯煮菜,帶她去市場買菜,把媳婦要學的事一點一滴傳授。

胡清嫻也好學,學中文、學電腦、參加司法通譯課程培訓、考取中餐證照,從小學讀到高中,現在的她正準備開始大學的課程,這一切,家人都給予她最大的支持。

在「好好」成長

好好協會可說是胡清嫻投身公領域的起點,協會長年關注新住民的人權議題,2011年更率先招募新住民加入工作團隊,胡清嫻就是其中之一。其後更有賴民間如浩然基金會、台灣證券交易所等單位經費支助,多年來讓新住民朋友能與好好協會一起工作、學習、成長。好好協會主任蔡順柔說:「當初我經常讓她們聽打會議的逐字稿,或是做訪視記錄,那很辛苦,卻可以訓練聽力、用字。當然一定鬧過笑話,像把「萬丹」聽成「完蛋」,但紮實的訓練,姊妹們多撐過來了,成長很快。」

蔡順柔也讓胡清嫻學習撰寫計畫書,向各單位申請經費。學習拿起麥克風,在人群面前表達自己的主張與訴求。我們初見胡清嫻時,她正主持好好協會舉辦的「哇!新住民市集──社區參與式多元文化活動」,來自各國家的新住民搬出烤架、鍋鏟,以自己最拿手的料理絕活,展現母國特色。當天只見她與另一名來自印尼的夥伴謝莉莉繞著市集會場,一攤攤介紹、光顧。兩人一搭一唱,穩健的台風,氣氛十分歡愉,胡清嫻還不時把麥克風遞給攤位的姊妹,讓她們「自己」介紹家鄉美食。

如此駕輕就熟,但胡清嫻坦言她第一次上台的時候,對著滿場的教師聽眾,手腳發抖、聲音也抖,腦筋一片空白,好不容易才照著簡報講完,完成她的處女秀。而如今的駕輕就熟,是靠著蔡順柔外出演講時,都帶著胡清嫻等人同行,讓她們上台發表,如此一次一次訓練膽識、修正口條,蔡順柔笑說:「現在叫她上台講3個小時,她都還不肯下來,她的潛力就這樣培力出來的。」胡清嫻則自述:「我的上課風格比較幽默一點,我盡量讓大家醒醒的聽我講。」乍聽之下,有點奇怪的句法與用字,但這也成為胡清嫻的特色,和她可愛的個性相應,果然會讓大家「醒醒的」開懷大笑。

多元文化講師

早些年,台灣社會對於多元文化的認識尚淺,為了修正社會大眾對新住民及移工的刻板印象,身為多元文化講師的胡清嫻及新住民姊妹們到學校、社區進行一場又一場多元文化的講座與課程,對象從小學、中學、大學、教師、社區長者都有。針對不同的對象,胡清嫻也因人制宜的改變溝通方式,如面對社區的長者,她會比較台越兩地文化相似、相異之處,如端午節包粽子的習俗,越南也有,但粽子形狀不一樣,南越還有吃煎餅的習俗,讓社區的老人家知道家中媳婦的母國文化。

胡清嫻說剛接觸這領域時,心情很沉重,因為常常在學校遇到對自己媽媽母國文化自卑的孩子,讓她聯想到自己的孩子是否也是如此。因此在多元文化的課程中,她會留意觀察班上的學生,如果有特別安靜的,她便私下去接觸,了解孩子的背景是否為新二代。在課堂上,她鼓勵新二代的孩子分享自己的東南亞經驗,建立孩子的自信心,也讓其他同學了解多一種文化的優勢。

工作場合許可的情況下,她會盡量把自己的兒子、女兒帶在身邊,讓他們接觸不同的族群,看見大家的不同,「可能因為工作接觸過,所以他們不會隱藏媽媽的身分,反而會大聲說我媽媽是越南人。」胡清嫻說。

每年幾百場的多元文化教育課程,胡清嫻除了自己上台講課,她也努力提攜後進的新住民姊妹,更在各個社區尋找願意站出來服務的姊妹,希望培育更多的種子教師。台灣社會的多元融合其實有賴這群人幫忙溝通,促進雙方的瞭解認識,「如果台灣人和新住民融合起來,不就會爆發一些不一樣的知識和人才嗎?」她的話甚有道理。

胡清嫻說自己很愛講話,又很愛管人,因此她總成為新住民姊妹的帶頭大姊。自己個性直來直往,有話直說,不畏勢力。她曾質問屏東縣長潘孟安,新住民母語人才資源培力後,下一階段呢?培力出來的種子教師需要有發揮的舞台,還有姊妹的工作權也應予以保障。

她從沒想過自己會投身公領域,成為國策顧問。當年那個從越南到台灣,憧憬著人生有更多可能性的女孩,如今她勇敢地站到人前,為新住民發聲。

涉入複雜的政治圈,胡清嫻坦言也有些累了,也想如一般姊妹過平凡的日子;可是想到如果不出來幫姊妹說話,姊妹的權益怎麼辦?

但她也不曾後悔到台灣來,她覺得這就是緣份,而且自己選的路,只有往前走。

相關文章

近期文章

EN 日本語

National Policy Advisor Ho Thanh Nhan

Cathy Teng /photos courtesy of Chuang Kung-ju /tr. by Robert Green

Ho Thanh Nhan, a petite woman who wears her hair neatly in a bob, is not easy to spot in a crowd. But what does stand out is her powerful voice, speaking rapidly and with a sense of urgency. Ho currently acts as a spokesperson for her community. As a cultural diversity lecturer for the Juridical Association for the Development of Women’s Rights in Pingtung, she has been working to promote the interests of “new immigrants.” After Tsai Ing-wen became president, Ho was appointed a national policy advisor to the Office of the President.

 


Ho recalls that when she was first asked to serve as a national policy advisor, she asked in return: “What would I be doing? What do I have to offer?”

They explained that she would have the opportunity to meet with the president from time to time and speak up for the immigrant community. “Then I realized that I would be able to assist my fellow countrymen and the immigrant community, so I decided to do it,” she says. “This was an opportunity to express people’s opinions and aspirations directly to the president.”

Welcomed with open arms

Taiwan’s first national policy advisor representing the immigrant community hails from Vietnam. She has lived in Taiwan for over 11 years. Originally she left home in Vietnam to take up work at a Taiwanese-owned factory in Saigon, where she stayed for six years. At a loss as to what to do next, she decided to give Taiwan a try.

Ho and her husband, Xu Zhi­cheng, were introduced by a marriage broker, and on the first day they decided to apply for a marriage license. Soon after, they started a new life in Taiwan. Her husband’s family was ­supportive. ­“My mother feels that if someone has come so far to be with her husband, we should treat her like our own daughter,” Xu says.

Ho’s mother-in-law took her under her wing, taking her shopping and teaching her how to cook local dishes.

Ho is studious by nature, and she studied Chinese and computers, took a course on police and court translation and obtained certification for Chinese cooking. She completed the elementary and high school curricula in Taiwan and is now preparing to start college. Through all of it, her family has been extremely supportive.

Finding her voice

The Juridical Association for the Development of Women’s Rights in Pingtung (­JADWRP) launched Ho’s career in public service. For many years the association has been concerned with issues of immigrants’ human rights. In 2011 they began recruiting immigrants to join their team, and Ho was one of those recruits. With funding from the non-governmental Hao Ran Foundation, the Taiwan Stock Exchange, and other sources, the ­JADWRP has given immigrants the opportunity to work, study and grow together. “At the outset I used to have them listen to recordings of various meetings and type them out verbatim,” says ­JADWRP director Tsai Shun-jou. “It wasn’t easy for them, but it gave them the opportunity to practice their Chinese comprehension and word usage.”

Naturally the participants sometimes made comical errors with the words they were learning, like mistaking the local “Wàn­dān” Township for wán­dàn (“done for”), which sounds the same except for the different tones. But the training allowed the immigrant women to make rapid progress.  

Tsai also had Ho write program proposals and practice taking up a microphone and expressing her opinions in front of an audience. The day we first met Ho, she was hosting the ­JADWRP-organized “Wa! New Immigrant Fair”—a community-based multicultural event that gave immigrants the opportunity to showcase delicacies from their home countries. On that day she could be seen with ­Hsieh Lye Lye, an immigrant from Indonesia, weaving through the fair, introducing different stalls and visiting participants. The two kept up a lively banter and held their own as hosts in the happy atmosphere. Ho often turned the microphone over to the immigrant women so that they could introduce the cuisine of their homelands.     

Ho is now an experienced public speaker, but she admits that the first time she took to the podium and addressed an audience of teachers, she was trembling, her voice quavered, and her mind went blank. Her debut was a nightmare, and even with the help of her notes, she barely made it through the lecture. But she progressed with each performance and improved her delivery. “Nowadays even after she’s been speaking for three hours, we can’t get her off the stage,” Tsai says with a chuckle.

“My lecture style is a little on the humorous side,” Ho says. “I try to hold the audience’s attention.”

On first impression, listeners find her syntax and word usage a little quirky, but this has become Ho’s hallmark. It suits her endearing personality and keeps her audiences laughing.

Teaching cultural diversity

In order to change public stereotypes about immigrants and foreign workers, Ho and other cultural diversity lecturers give talks and courses in schools and various communities. Hu tailors her teaching style to suit different audiences. When she visits elderly audiences, for example, she will highlight cultural similarities and differences between Taiwan and Vietnam. Vietnam shares many of the same traditions, such as the Dragon Boat Festival and the making of wrapped rice dumplings, though they are made slightly differently. Fried pancakes are also popular in southern Vietnam just as they are in Taiwan. This helps seniors better understand the native culture of their daughters-in-law.

When Ho first began this work she was saddened to see that the children of immigrant mothers often felt embarrassed and looked down on their mothers’ cultures. She wondered if her own child would feel the same. So in her multicultural training programs, she invites the children of immigrant mothers to share their experiences of Southeast Asia with the class to help them build confidence and help other classmates understand the benefits of cultural diversity. 

Whenever possible Ho brings her own son and daughter to work with her to let them meet people of various ethnic backgrounds and see that people are all different. “Perhaps after meeting different people through my work, they will not try to hide their ­mother’s background, but instead say proudly that their mother is Vietnamese,” Ho says. 

Aside from lecturing in the hundreds of cultural diversity courses offered each year, Ho also guides students who need her help, hoping to cultivate new teachers from among the immigrant women. Taiwan’s efforts at creating a multicultural society rely on the immigrant community to promote mutual understanding. “If the people of Taiwan and the new immigrants mix together, won’t that lead to new under­stand­ing and cultivate new talent?” she asks with sound logic.

Ho says that she has always loved to talk and to get involved in other people’s lives, so she naturally fell into the role of looking after other immigrant women. Straightforward by nature, she is unafraid to speak up when something needs to be said.

She never imagined a public service career or becoming a national policy advisor. When she first came to Taiwan, she was a young woman longing to see what life held in store. Today she stands fearlessly as a representative for the immigrant community. 

Ho admits that she has found life in the complicated world of politics somewhat exhausting, and she sometimes misses the simplicity of her old life. But who would speak up for the interests of her fellow countrywomen if she didn’t do it?

Ho has no regrets about choosing to live in Taiwan. She feels that it was both destiny and a self-chosen path. And she’s not looking back.

新住民を代表して声を上げる

文・鄧慧純 写真・莊坤儒 翻訳・山口 雪菜

日に焼けた肌、短くそろえた髪、背は高くない胡清嫻さんを人ごみの中で探すのは難しい。だが、彼女の声は大きくてよく通り、早口なので、声を頼りに探すことができる。実は多くの人の前で話しをすることが現在の彼女の仕事である。彼女は、屏東県好好婦女権益発展協会(「好好協会」と略称)の多元文化カリキュラムの講師であり、長年にわたって新住民(ここでは主に東南アジアから嫁いできた人々)の権益のために貢献してきたことから、蔡英文総統が彼女に総統府国策顧問就任を依頼したのである。


胡清嫻さんは、初めて総統府から電話がかかってきた時のことを思い出す。国策顧問をお願いできないかと問われ、彼女は「何をするんですか。私に何ができるんでしょう」と聞き返した。相手は、不定期に総統と面会し、新住民の気持ちを伝えてほしい、と言う。「同胞や新住民の仲間たちを助けられるなら、やってみたい。この機会に皆の心の声を集めて総統に会いに行こうと思いました」と語る。

家族が後ろ盾に

台湾初の新住民の国策顧問となった胡清嫻さんはベトナム出身、台湾に来て11年になる。当時彼女は家を出てホーチミンの工場で働くこと6年、将来が見えず、台湾に行くことを考えた。

彼女とご主人の許志成さんは結婚仲介業者に紹介され、二人は会ったその日に婚姻届けを出し、間もなく台湾での生活が始まった。姑は道理をわきまえた人で、「遠くから嫁に来てくれたのだから、大切に、娘のように接しなければ」と許志成に話したという。姑は彼女の手を取って料理を教え、一緒に食材の買い物に出かけ、嫁として必要なことを一つひとつ教えていった。

胡清嫻さんも学ぶことが好きで、中文やパソコンを学ぶほか、司法通訳の研修も受け、中華料理の資格も取った。今は大学のカリキュラムの準備をしている。これらはすべて、家族のサポートがあってこそできたことだ。

「好好協会」での成長

好好協会で、胡清嫻さんは初めて公共の分野に携わることとなった。協会では長年にわたって新住民の人権に関心を注いできた。2011年に新住民のメンバーを募集した時、胡さんはその中の一人だった。その後、浩然基金会や台湾証券取引所などから資金支援を受け、新住民が好好協会で働き、学び、成長できるようにしてきた。協会の蔡順柔主任はこう話す。「当初、私は彼女たちに会議や訪問時の詳細な記録を任せました。大変ですが、これが中国語を聞き取ったり、漢字を書いたりする練習になります。笑い話のような聞き間違えもありましたが、みんな頑張ってくれて、大きく成長しました」

蔡順柔主任は胡清嫻さんに、政府機関などに予算を申請するための計画書の執筆を依頼し、またマイクを手に多くの人の前で自分の考えを発表する機会をあたえた。私たち記者が最初に胡清嫻さんを訪ねた時、彼女は好好協会が主宰する「新住民マーケット――コミュニティ参画型多元文化イベント」の司会をしているところだった。各国から移住してきた新住民が、鍋やフライパンを用意して、それぞれのお国の料理を披露するイベントで、彼女はインドネシア出身の新住民仲間である謝莉莉さんと会場を回りながら、それぞれの料理を紹介していた。二人の司会者は呼吸も合い、落ち着いていて楽しい雰囲気を造り出していた。胡さんは、料理を作っている新住民にマイクを差し出し、自分で紹介してもらったりする。

今では堂々たる司会ぶりだが、初めて壇上で話しをした時、聴衆は大勢の教師だった。手も声も震え、頭が真っ白になりながら、投影した画面を見ながら何とか報告を終えたという。それが今では堂々と司会も務められるのは、実は、講演に行く蔡順柔主任にいつも同行させられ、しばしば壇上で発表させられたからだという。こうして度胸をつけていき、また話し方なども直されてきた。蔡主任は「今では檀上で3時間の講演をしてもらっても、話は終わりません。彼女の潜在能力は鍛えられて発揮されたのです」と言う。胡清嫻さんも「私の講義はユーモラスだと思います。皆に起きて聞いてほしいので」と言う。彼女の話は、少し用語がへんな感じもするが、それが彼女らしさでもある。その愛らしい性格から、聴衆は「起きて」大笑いしながら話を聞いてくれる。

多元文化の講師

以前、台湾社会は文化の多様性に対する認識が浅かった。そこで、新住民や移住労働者に対するステレオタイプのイメージを変えるために、多元文化講師である胡清嫻さんや他の新住民の女性たちは、学校や地域で多元文化講座を開いてきた。小学校、中学、高校から大学まで、教師や地域の年配者まで、対象は幅広い。その時々の対象に合わせ、胡さんは講座でのコミュニケーションの方法を変える。地域の年配者が対象の時は、台湾とベトナムの文化の似ている点や違う点を話す。例えば、端午節にチマキを作る風習はベトナムにもあるが、チマキの形が違い、またベトナムではお焼きを作って食べる習慣もある。こうした話を通して、お年寄りたちは、自分の家の嫁の母国文化を理解してくれる。

この仕事を始めたばかりの時、彼女の気持ちは重かったと言う。学校で、母親の出身国の文化に劣等感を抱いている子供を数多く見たからだ。自分の子供もそうなのではないか、と思った。そこで、学校での多元文化の授業では、子供たちを観察するようになった。特におとなしい子供がいると、その子と個人的に接触し、母親が新移民かどうかを確認する。授業では、新移民の子供に、東南アジアへ行った時の経験を話してもらう。自信を持たせ、また他の生徒には異なる文化の優れた点を知ってもらうためだ。

また、状況が許す限り、彼女は自分の娘と息子を仕事に連れていき、子供たちに異なるエスニックに触れさせる。「私の仕事を通して接触があるからか、うちの子供たちは母親の出身地を隠すことはなく、むしろ大きな声で、お母さんはベトナム人です、と言いますよ」と言う。

胡清嫻さんは年に数百回もの多元文化の講義を行なう他、後進の育成にも力を注ぎ、各地でこの仕事に興味を持ってくれる新移民女性を探し、講師として育成している。台湾社会の多様な融合は、実はこうした人々が双方のコミュニケーションを促進してきたことで実現したのである。「台湾人と新住民が理解しあって融合すれば、新しい知識や人材が出てくるんじゃないですか」と胡さんが言うとおりである。

胡さんは、自分はおしゃべりで、おせっかいだから、新住民のリーダーになったのだと言う。思ったことは何でも口に出し、権力を恐れない。ある時は、屏東県の潘孟安・県知事に向って、「新住民の母語教育人材を育成したら、次の段階はどうするんですか。育てた教師たちには力を発揮する舞台が必要ですし、彼女たちの働く権利も保障しなければなりません」と発言した。

自分が公共の分野で働くことになり、さらには国策顧問になるとは思ってもいなかった。かつてベトナムから台湾へ嫁ぎ、人生の可能性を夢見ていた乙女が、今では勇敢に人の前に立ち、新住民のための声を上げている。

複雑な政治の世界に関わることとなり、胡清嫻さんは、正直なところ少し疲れる、普通の新住民女性のように平凡な暮らしがしたい、とこぼす。それでも、自分が彼女たちの代わりに声を上げなければ、彼女たちの権益はどうなるのか、とも思うのである。

台湾に来たことは少しも後悔していない。これは一つの縁であり、また自分で選んだ道なのだから、ただ前へ進むのみ、と締めくくった。

 

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!