樂在客鄉服務

東南亞志工群在台灣
:::

2020 / 5月

文‧李珊瑋 圖‧林旻萱


當被標註為移工,彷彿就在臉上寫著漂泊。人生地不熟的打工生涯,多數人的生活中,往往只能用單調的工作填充。一個偶然的機緣,讓「台灣外籍工作者發展協會」(Global Workers’Organization, Taiwan,以下簡稱GWO)開啟了他們的志工服務。自信燦爛的笑容重新回到臉龐,炙熱的眼神在汗水中發光。

從開齋節到捷運跨年輸運,東南亞移工自願接受訓練,稱職的扮演好志工角色。不但服務同鄉,更成為公務單位的左右手。在翻轉學院中,強烈的學習意願,讓客鄉不再孤寂。無限延伸的服務觸角,讓移工無縫融入台灣社會,異鄉也會有家的溫暖。


一面旗幟,撑起自信

牆上的時鐘規律地走著,沒有加快,也沒有延緩。但是隨著跨年倒數計時的逼近,預估超越300萬人次的輸運壓力,讓台北市捷運局所有的員工,還有加入服務的東南亞志工,都像沒有停歇的秒針,愈走愈快。

具有歷史地位的台北車站,一個台灣南來北往旅客的集散樞紐,2019年的最後一天,夜幕還沒有完全垂落,偌大的候車大廳裡,已經擠滿了各方遊客,席地而坐,交流聯誼,在耶誕節慶的裝飾下,散播著守候跨年的歡笑。GWO前理事長徐瑞希隨著人潮走下手扶梯,迫不及待地要到各站點,為外籍志工們打氣。

台北市捷運站各管制路線入口,早已搭起臨時的服務台。穿著黃色背心,戴著紅色鴨舌帽的工作人員,忙碌地穿梭在人群間。透過GWO徵選的外籍志工們,依照勤前說明會所分配的工作,早已固守崗位。除了穿上和捷運局人員相同的工作服,最顯眼的是黃色背心胸前,都配戴著一面大大的母國國旗。「當你面對那麼多東南亞朋友迎面而來,才能體會在台灣的70萬外籍移工,這個數字是多麼真實而震撼。」手中舉著路線標示牌的外籍志工們,滿臉笑容,充滿自信,拿著大聲公,不斷地用母語引導著參加101跨年煙火的同鄉。購票處也有志工不厭其煩的向同鄉解說如何操作,長長的人龍,在親切的招呼下,井然有序地進入不同路線的各個捷運站,殊途同歸地共同向101大樓方向集結。

這是GWO外籍志工第二年和捷運局合作跨年輸運服務,今年的規模比去年更龐大。「因為我們發現,雖然貼了很多標語,但是對首次搭乘捷運的外籍遊客來說,仍然會有許多困惑。如果能用他們的語言,當面說明,是最親切,也最清楚的。」負責跨年疏運規劃的張立偉工程師,因為看到開齋節時,外籍志工的傑出表現,而有引進他們加入跨年服務的發想。「有好幾位是去年就參加的熟面孔。」會後捷運紅線主任林繼業帶領同仁,引導志工到四個重點管制車站的服務據點,認識環境。這是2019年12月29日下午,一切就緒,只待東風。

安撫引導,使命必達

「我們有經過篩選,必須會說國語,以及簡單的英文,才能擔任這項工作。」陪同志工參加說明會的GWO副秘書長周思妤和阮氏芳花,為了這次志工徵選,早已忙碌了好一陣子。「對他們來說,這是十分珍貴的服務機會,大家都努力爭取。」除了去年的越南、印尼志工,今年更增加了菲律賓籍。

「其實真正的考驗,是離場時刻。」張立偉回想往年,面對數百萬同時湧現在捷運站的人潮,真的是神經緊繃,只要稍有嬉鬧推擠,都可能發生難以預估的嚴重狀況。「我們必須要不斷地安撫群眾,請耐心等候,管制是為了讓大家都能順利回家。」這時候,「潮天團」志工就要發揮功能,用輕鬆詼諧的態度,緩解緊張的氣氛。「外籍志工也發揮了很大的功能。」當他們用母語向同鄉們解釋,比再多的警示標語都來得有效。

「其實這是一件很辛苦的工作,從下午5點多開始忙,直到人潮疏散,往往都是凌晨2點以後了。」徐瑞希的眼裡,充滿了愛憐,總是陪伴他們到工作結束。這些外籍志工在職場工作了一整天,下班後準時到服務據點報到,完全忘了疲累,也犧牲遊樂的機會。「去年好幾位外縣市的志工,任務結束後,就睡在台北車站大廳,直到早上才搭車回家。」不求回報,志在參與,每一位外籍志工都以完成使命為榮。

細膩的沙盤推演,多元的輸運配套,數百萬集中性的跨年人潮疏散,2020年再一次順利完成。連一向審查嚴苛的越南官方VTC電視台新聞頻道,今年也非常難得的報導台灣北捷跨年活動,以及播出外語志工服務的鏡頭,讓參與的越籍志工們,格外開心。「大家都說明年還要再來。」用實際行動護衛同鄉平安,用滿滿自信,樹立移工尊嚴。

「去年有雇主聯絡我們,問什麼時候結束,可以來接外傭回家。」徐瑞希感受到一種家人的關懷,不僅支持外傭從事公益活動,更體恤他們的交通問題。「也有參加訓練的志工,臨時加班無法參加,一直說好沮喪喔!」把參與服務視為榮譽,樂在付出的態度,外籍志工用敬業贏得敬重。

翻轉學習 開啟眼界

「會做GWO,實在是一個意外。」長期參與外籍工作者服務的徐瑞希,由開設翻轉學院,到中文班,到足球競賽,GWO交出了無數的成績單。「其實是他們想要學,我們只是提供平台。」被外籍學員暱稱媽咪的徐瑞希,是移工眼中信賴的天使。

「我覺得台灣是一個學習型的社會。」致力於化阻力為助力,善用各方資源的徐瑞希,在GWO開設許多實用性的課程,讓移工在這個進取的大環境裡,學到新知識,培植工作能力。「他們很高興來上課,覺得出外打工,不僅能賺錢,還賺到生活技能。」曾經有學員開心的告訴徐瑞希,雇主說她煮的牛肉麵好吃,還特別換了大鍋子。因為有了新技能,不僅能在台灣立足,更有學員返鄉後,用新技能創業,翻轉人生。

翻轉學院更像一個交誼天地,讓鎮日在雇主家工作的移工,有機會面對同樣好學的同鄉,一起充電成長。「有學員遠從外縣市來,早上五點不到出門,卻不以為苦。」一種自我成長的渴望,珍惜學習機會,形成強大動能,讓他們有力量堅持。GWO不只讓她們成長,更提供了喘息服務。因為時空的轉換,精神上有了調劑,糾結的情緒有了出口。當壓力釋放後,心靈得到洗滌淨化,再回到工作場域時,有一種重新開始的喜悅,表現當然就會更好。

用行動證明,施比受有福

走過坎坷無望的路,也面對許多負面批評,但是信奉上帝的徐瑞希總是一笑置之。「如果能用同理心去看待,其實很多誤解就不會發生。」徐瑞希主張用關懷去感化,而不是用法令去苛責。看著長期到安養機構去義剪的姐妹、自發性專注學習中文的移工、自願加入捐血團隊的熱血青年,徐瑞希深信善念是天生的。「其實他們要的不多,只要公平對待。」用關懷的角度去檢視,視野裡沒有敵人,只有朋友。

「開齋節時,外籍志工們很有組織的分工合作。」由台北市政府主辦,在大安森林公園裡,外籍志工們負責引導、維持秩序、照像、拍攝影片,雖然是開放的場地,人群卻井然有序。「當在電視裡看到自己時,那種榮譽感,不是金錢所能取代的。」徐瑞希贊嘆他們的表現,用實際行動,翻轉原有的刻板印象。「是他們自己的表現,贏得參加跨年輸運的機會。」

「剛開始,大家都好害羞,對自己沒自信。」志工雖然經過篩選,但是仍然不斷地問工作人員,「我可以嗎?」一種又期待,又怕受傷害的心情,表露無遺。「請去年參加服務的朋友,來和大家分享。」現在他們的臉上不再羞赧,而是活潑大方的站起來,用肯定的態度,給新加入的志工,無比的信心。

「請各位來抽籤,看分派到那個站點服務。」每位志工,在大家的鼓掌聲中,滿臉笑容的興奮雀躍。「我好想去101站,真的抽到了耶!」今年的四個重點車站:台北車站、市政府站、台北101世貿站、象山站,全都有印、越、菲的志工支援。

「他們都很愛台灣。」參與2020跨年輸運服務的外籍志工們,雖然來自不同的國家,但是卻有一個共同的信念,要為台灣服務。雖然連續無償忙碌超過八個小時,疲憊的臉龐帶著喜悅,抹去汗水的雙眼依舊炯炯有神。當生命充滿正能量,就能在宇宙發光。徐瑞希再次深刻體悟人生哲理,「施比受有福。」                                   

相關文章

近期文章

EN 日本語

Serving their Home Away from Home

Southeast-Asian Volunteers in Taiwan

Lee Shan Wei /photos courtesy of Lin Min-hsuan /tr. by Geof Aberhart

Being labeled a “migrant worker” can be like being branded a drifter, and for many, working in an unfamiliar land entails a life filled with monotonous toil. Through a fortunate chance, however, the Global Workers’ Organization, Taiwan, has been able to begin offering volunteer service opportunities that boost self-confidence and bring a sense of achievement.

From helping out at Eid al-Fitr celebrations to working with the Taipei Metro on New Year’s Eve, Southeast-Asian migrant workers have become valuable trained volunteers, not only serving their own compatriots but providing important assistance to public service organizations. Reaching out a hand to serve also helps them seamlessly integrate into Taiwanese society and find a welcoming home in this foreign land.


A sign of confidence

The clock on the wall ticks regularly on, never fast, never slow. But as the countdown to the New Year continues, with the pressure of a predicted 3 million passenger journeys, the Taipei Metro staff and the Southeast-Asian volunteers joining them all feel as though the seconds are ticking by faster and faster.

At the historic Taipei Main Station, dusk has not yet fully fallen on the final day of 2019, and the station’s colos­sal lobby is crowded with tourists from all over.

At the entrances to four Metro stations, temporary help desks have been set up. Volunteers recruited through the Global Workers’ Organization, Taiwan (GWO) stand watch at their positions as assigned in the pre-work briefing. They wear the same uniforms as the Metro staff, but with large, eye-catching flags of their respective home countries pinned to the fronts of their bright yellow vests. Carrying megaphones and holding up direction signs, they smile as they confidently call out in their native tongues to guide their compatriots on their way to witness the New Year’s fireworks firing off from Taipei 101.

This is the second year that GWO volunteers have worked with the Taipei Metro to help out on New Year’s Eve, and this year the operation is even bigger than the previous. Engineer Zhang Liwei, responsible for planning the New Year’s passenger management operation, was impressed by the volunteers’ outstanding performance during Eid al-Fitr celebrations and had the idea of bringing them in to help with New Year’s. After the briefing, the director of the Metro’s Tamsui‡Xinyi Line, Lin Jiye, led colleagues in taking the volunteers around the service locations in the four stations that would be subject to major crowd control measures that night, to help them get familiar with them. This was the after­noon of December 29. Now that everything was in place, all that remained was to wait....

Guidance, comfort, and a mission

“We have a selection process, and people can only get the job if they can speak Mandarin and some basic English,” says GWO deputy secretary Hesti Chou, who along with fellow deputy secretary Fanny Nguyen joined the volunteers at the briefing.

“The real test, though, comes at the moment every­one starts leaving,” says Zhang Liwei. The previous year, he recalls, having to deal with a sudden surge of more than 2 million people was absolutely nerve-­wracking, for even a little playful pushing could have led to terrible consequences. “We had to constantly be working to keep everyone calm and asking everyone to wait patiently, explaining that the controls were in place to ensure that everyone could get home safely.” At that time, a group of volunteer performers helped keep the atmosphere light. “The foreign volunteers also play a big role,” says Zhang. Their ability to explain things to their compatriots in their own languages is much more effective than any number of signs.

“Honestly, it’s a tough job. It starts getting busy around 5 p.m., and it’s not until after 2 a.m. that the crowd finally disperses.” Former GWO director Karen Hsu’s eyes, full of love and compassion, follow them through to the end of the working day. “Last year we had several volunteers from out of town who slept in the lobby at Taipei Main Station after the job was done and then headed home in the morning.” Asking for nothing in return, every one of these foreign volunteers is just proud to see the mission through.

With all the details planned out and a variety of stewarding and traffic management measures co­ordin­ated, the more than 2 million people packed into the area around Taipei 101 and City Hall to see in the New Year make their way home, and the mission is successful once again in 2020. Even Vietnamese state television channel VTC News gave rare approving reportage on this year’s efforts on the Taipei Metro, including scenes of the foreign volunteers, making the Vietnamese in the team particularly happy.

“Last year, an employer contacted us and asked when it would be over, so that they could come pick up their domestic helper.” From this, Hsu felt a sense of familial care, not just from said employer supporting their domestic helper going out and doing philanthropic work, but also from their being willing to take care of their transportation. Seeing service as an honor and doing it with a happy attitude, these foreign volunteers win respect with their dedication.

Turning lives around

“Getting involved with GWO has been a surprising experience,” says Hsu, a long-time participant in volun­teer services to foreign nationals, who has worked through GWO on everything from starting the Global Workers’ Upskill Center program to Chinese classes to soccer tournaments. “These migrant workers want to learn; they just need to be given a platform.”

“Taiwan, I think, is a society of learning.” Karen Hsu is devoted to winning people over to her cause and to making good use of all available resources, offering a range of practical courses at GWO that enable migrant workers to gain new knowledge and cultivate new skills in Taiwan’s driven environ­ment. Some students, after going back to their homelands, use their new skills to start their own businesses and turn their lives around.

The Global Workers’ Upskill Center is also a place for making social connections, somewhere that these workers who spend all day working in their employers’ homes can have a chance to meet up with people from the same backgrounds, learn together, and recharge their batteries. GWO is more than just somewhere that helps them grow; it is also a place to catch a breath. It offers a new environment that can be a balm for the soul and give an outlet for their tangled emotions. After the pressure has been vented, their minds are cleansed and they can return to work with renewed joy, able to perform better.

More blessed to give than to receive

Hsu has walked a long and rough road and faced numerous criticisms along the way, but ever a faithful believer in God, she has worn a smile throughout. “If we can look at things with empathy, there are many misunderstandings that simply won’t arise,” she says, advocating for kindness and compassion over using the law to apportion blame. “They don’t really want that much, just to be treated fairly.” If one takes a caring perspective, there are no enemies, only friends.

“For Eid al-Fitr, foreign volunteers are organized to cooperatively share the work.” At celebrations hosted by the Taipei City Government in Daan Park, foreign volunteers are responsible for guiding, maintaining order, taking photos, and shooting video. The venue may be an open one, but the crowd remains orderly. “They won the chance to be part of the New Year’s Metro work on the back of their performance last Eid al-Fitr,” says Hsu.

Although volunteers had been through a selection process, they still kept asking staff if they thought they were up to it, revealing a feeling of anticipation tinged with fear of getting hurt. “Those of you who took part last year, please come share your experiences with everyone.” Now their faces no longer show embarrassment, but rather enthusiasm, as they stand up with a positive attitude and give the new volunteers a shot of confidence.

“Please come and draw lots to see which site you’ll be assigned to.” As each volunteer steps forward to the applause of the crowd, they smile excitedly. “I was hoping I’d get 101 and I did!” This year’s four key stations—Taipei Main Station, Taipei City Hall Station, Taipei 101/World Trade Center Station, and Xiangshan Station—all had support from volunteers from Indonesia, Vietnam and the Philippines.

“They all really do love Taiwan.” Foreign volun­teers joining in the 2020 New Year’s Eve Metro steward­ing operation may come from different countries, but they all share a common belief in the value of serving Taiwan. When life is full of positive energy, it can light up the world. Seeing the efforts of these volunteers, Karen Hsu once again realizes the truth of Jesus’ words, “It is more blessed to give than to receive.”                                               

喜びに満ちた異郷での奉仕活動 ボランティアとして活躍する 東南アジアからの外国人労働者

ボランティアとして活躍する 東南アジアからの外国人労働者

文・李珊瑋 写真・林旻萱 翻訳・山口 雪菜

外国人労働者と聞くと「漂泊」をイメージする人が多いだろう。異国で働く多くの人にとって、日常は単調な仕事の繰り返しでしかない。だが、そうした中に、偶然の縁から「台湾外国人就労者発展協会(Global Workers' Organization, Taiwan、以下GWO)」でボランティアを務めるようになり、自信を取り戻した人々がいる。

ラマダン明けのお祭りや、大晦日カウントダウン時の台北MRT駅での誘導などで、東南アジアから来た移住労働者が志願して研修を受け、ボランティアとして活躍している。同郷の人々にサービスを提供する彼らは、台湾の公的部門にとって頼りになる存在でもある。彼らはGWOのアップスキル‧センターで意欲的に学ぶことで、異郷での孤独を解消するとともに、自らの世界を広げて台湾社会にとけ込み、異国にありながら母国にいるような温もりを感じて暮らしている。


台湾の交通において台北駅は歴史的にも重要な位置を占める。2019年の大晦日、台北101でカウントダウンの花火が打ち上げられるのを前に、夕方から同駅ホールは多くの旅客でごった返し、大勢の人が床に座って楽しそうに談笑していた。GWOの徐瑞希‧前理事長は各ポイントに立つボランティアに労いの声をかけるためにエスカレーターを降りていく。

大変な混雑が予想されるため、台北市内の重点となるMRT駅の各入口には管制が敷かれ、サービスステーションが置かれていた。黄色いベストに赤いキャップのスタッフが人ごみの中を忙しく行き交う。GWOが選考し訓練を受けた外国人ボランティアも、事前の説明に従って各々の配置についている。MRT職員と同じ制服を着て、黄色いベストの胸には大きな母国の国旗をつけている。「東南アジア出身の人々が大勢集まってくるのを目にすれば、台湾では70万人の外国人労働者が働いていることに気付くでしょう。これは現実の数字なのです」と言う。手に路線図のパネルを掲げた外国人ボランティアは自信に満ちた笑みを浮かべ、拡声器を手に、台北101で行なわれる大晦日の花火を見に行く同郷の人々に母国語で案内をしているのである。券売機の近くにもボランティアがいて、チケットの買い方を説明している。彼らの誘導のおかげで、それぞれ秩序正しく地下鉄に乗り、台北101へと向かっていく。

GWOの外国人ボランティアが台北市MRT局と協力して大晦日の旅客サービスをするのは2年目で、前年より大規模なものとなった。「各所に案内板は出しているんですが、初めてMRTに乗る外国人にとっては、やはり分かりにくいものです。同じ言葉を話す同国人が直接説明してくれれば、大いに助かるはずです」と大晦日の旅客輸送計画を担当するエンジニアの張立偉は言う。彼はラマダン明けのイベント時に外国人ボランティアが大いに活躍してくれたのを見て、カウントダウンイベントの誘導にも加わってもらおうと考えた。MRTレッドラインの主任を務める林継業は同僚とともにボランティアを率い、四つの重点管制駅を案内した。そして2019年12月29日の午後、すべての準備は整った。

混雑緩和と誘導の使命を果たす

「ボランティア選考では、まず中国語と簡単な英語が話せることが条件でした」ボランティアに同行して説明会に出席したGWO副事務局長の周思妤と阮氏芳花は、早くから準備に取り組んできた。昨年はベトナムとインドネシアのボランティア、今年はフィリピン人も募集した。

「最大の試練は、花火終了後の帰宅ラッシュです」と張立偉は言う。例年、数百万人がMRT駅へと殺到するため、非常に神経を使う。ふざけて押し合う人でもいれば、取り返しのつかない事故につながることもあるのだ。「絶えず人々に声をかけて落ち着いてもらい、忍耐強く待ってもらわなければなりません。管制は安全に帰宅してもらうためなのですから」と言う。この時「潮天団」のボランティアが大きな力を発揮する。ユーモラスな言葉で人々の緊張を解きほぐすのである。外国人ボランティアも大活躍する。同郷の人々に母語で語りかけてもらうことは、どんな標語よりも効果があるからだ。

「これは大変な仕事です。午後5時から忙しくなり、人の波がようやく退くのは午前2時過ぎですから」と話す徐瑞希は、いつも彼らの仕事が終了するまで付き添う。外国人ボランティアは、それぞれの職場で一日働いてきた後、自分たちの時間を犠牲にして、疲れも知らずに持ち場についている。「昨年は台北市以外から来てくれたボランティアも多く、任務終了後は台北駅のホールで寝て、朝一番の電車で帰っていきました」彼らは何の見返りも求めず、使命達成を誇りとして働いてくれている。

大晦日のカウントダウンと花火に集まった数百万の人々を無事に帰宅させるには、綿密な計画と多様な交通手段の組み合わせが必要となるが、2019年の大晦日も順調に任務を完了することができた。かねてから審査の厳しいベトナムの政府系テレビ局VTCも、今年は台北MRTの大晦日の活動を報じ、外国人ボランティアの姿も映像で紹介したことで、参加したベトナム人ボランティアには大きな励みになった。同郷の人々が無事に帰宅できたことを確認し、彼らは自信に満ちた表情を見せる。

ボランティアに参加した外国人労働者を雇用している家庭からは、仕事が終わったら迎えに行きたいという連絡もあった。雇用主は彼らを家族同然に扱い、ボランティア活動をすることを支持し、帰りの足まで心配していたのである。

アップスキル‧センターで新たな世界へ

「GWOに携わるようになったのは偶然からでした」と長年にわたって外国人労働者サービスに参画してきた徐瑞希は言う。アップスキル‧センターや中国語教室の開設、サッカー大会開催など、GWOは数々の実績を上げてきた。徐瑞希は外国人労働者の母親のような存在だ。

「彼らが学びたがっているので、私たちはその場を提供するだけです」と言う。

「台湾は学習型の社会だと思います」と、さまざまなリソースを活用してきた徐瑞希は、GWOで実用的なカリキュラムを提供し、外国人労働者たちの知識や能力を高めてきた。彼らは学習の場があることを非常に喜んでいる。海外で働いてお金を稼げるだけでなく、技能も学べるからだ。ここで学んだ技能を活かして、帰国後に起業した人もいる。

アップスキル‧センターは学習だけでなく交流の場でもあり、一日中雇用主の家庭で働く人々に、同郷の人と一緒に成長する機会を提供している。「ここで学ぶために、遠いところから朝5時に出てくる人もいます」と言う。自ら成長したいという思いから、彼らは学習の機会を大切にしている。GWOは彼女たちを成長させるだけでなく、息抜きの場にもなっている。場所が変わることで気分を変えることができ、気持ちのはけ口にもなる。ストレスが解消できれば心は晴れ晴れし、職場に戻った時に、喜びをもって新たなスタートを切れるのである。

「受けるより与える方が幸い」

こうした活動には批判にもあったが、キリストを信仰する徐瑞希は一笑に付してきた。「相手の立場になって考えれば、多くの誤解は生じません」と話す彼女は、法令で縛るのではなく関心を寄せることで社会を変えていこうとしている。外国人労働者が求めているのは公平な扱いだけだ。思いやりの心さえあれば、皆が友人となり、敵など存在しない。

ラマダン明けのイベントでは、外国人労働者は非常に合理的に作業分担をしていた。このイベントは台北市政府主催で大安森林公園で行われたが、外国人労働者は参加者の動線や秩序を維持し、写真や映像を撮り、整然と進行させた。彼らが実際の行動で能力を示したことを徐瑞希は称賛する。この実績から大晦日のカウントダウンの仕事も任されるようになったのである。

だが最初の頃、彼らは皆「私に出来るでしょうか」と自信なさそうに言っていた。そこで、前の年にボランティアに参加してくれた人々を招いて経験を語ってもらうことにした。昨年の経験を語る先輩たちの堂々とした活発な姿を見て、新しく加わったボランティアの人々も自信を持ち始めたのである。

「では担当地点を決めるくじ引きを始めます」と言うと、彼らは互いに拍手し、楽しそうに笑顔を見せる。「私は101駅を希望していたんですが、その希望がかないました」と嬉しそうに言う人もいる。今回の重点となった4駅は、台北駅、市政府駅、台北101世貿駅、象山駅で、そのすべてでインドネシア人、ベトナム人、フィリピン人のボランティアが活躍したのである。

「彼らは本当に台湾を愛してくれています」と徐瑞希は言う。2020年のカウントダウン誘導に参加してくれた外国人ボランティアは、台湾人ではないが台湾のために役立ちたいという思いを持っていた。無報酬で8時間も働き続けた彼らの顔は喜びにあふれ、目は輝いていた。人生がポジティブなエネルギーに満ちると人は輝き始める。徐瑞希はここで「受けるより与える方が幸いである」という人生哲学を再び実感したのである。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!