福爾摩沙地質之美

:::

2018 / 10月

文‧陳亮君


大地就像一本內容豐富的書,透過地質,在動輒數以百萬年計的時間尺度中,發現專屬於這塊土地的故事與軌跡。而台灣別具一格的地質美景與資源,如何與在地結合,達到世界地質公園中「地景保育」、「環境教育」、「地質旅遊」與「社區參與」的核心價值,是此次的報導重點。

 


大地就像一本內容豐富的書,透過地質,在動輒數以百萬年計的時間尺度中,發現專屬於這塊土地的故事與軌跡。而台灣別具一格的地質美景與資源,如何與在地結合,達到世界地質公園中「地景保育」、「環境教育」、「地質旅遊」與「社區參與」的核心價值,是此次的報導重點。

因此,本期《光華》從北至南,精選出北部海岸的野柳地質公園、鼻頭龍洞地質公園,雲林的草嶺地質公園,台東的利吉泥岩惡地地質公園,深入探訪其與社區、產業、旅遊及教育的關係,讓稀有地景的探索與人文結合,也讓閱讀充滿了驚喜與啟發。

*       *       *

什麼樣的動力與契機,讓4位政大碩士班的同學,以賣咖啡的收入,至今在中南美洲、非洲等地蓋了7所幼兒園,並實現了用才智創業,用獲利改造世界的夢想。又是什麼樣的研發過程,讓台灣山苦瓜從默默無名到各家大廠競相爭取授權。創意,源自於熱情,而熱情必回饋於大眾,才能長長久久。

來自越南的范瑞薔薇對台灣這塊土地的熱愛,並不亞於許多土生土長的在地人。她透過廣播與行腳節目,將台灣的美好,讓更多人看見。創意、熱情與堅持,是他們共同的標記,經過時間的淬鍊,終能發光發熱。

而另有些人則是透過信仰,找到心靈的寄託與歸宿,讓自己充滿能量後繼續前行。八天七夜的白沙屯媽祖徒步進香,每一雙充滿皺紋的手、每一個眼眸都有著故事,這是台灣庶民的寫照,也惟有深入鄉間才能看到。

*       *       *

台灣有豐沛的自然、歷史與人文風景,「樟之細路」是浪漫台三線計畫中最「浪漫」的一個章節,是一群人探著未知的路徑,只為了串起一段段故事的歷程;在台九線,來自世界各地的藝術家,藉由20件藝術創作,為南迴搭建起對外的藝術橋梁,吸引人們前往探索島嶼之南;而竹塹的「古」,讓人留連忘返,300年的歷史痕跡,透過城市空間的活化再利用,展現出歷久彌新的風采。

本期《光華》將帶您走過台灣最原始的地質、最古老的步道,以及挖掘出各領域不斷創新的職人精神,就如同山苦瓜的蛻變般,有著無可限量的未來。

相關文章

近期文章

EN 日本語

Formosa, the Beautiful Isle

Ivan Chen /tr. by Jonathan Barnard

Our land is like a book that lies waiting to be read. Through geology, which measures time in millions of years, what stories it tells! Beholding Taiwan’s beautiful landscapes and rich geological resources, how can we fulfill the goals of a global geopark: landscape conservation, environmental education, geo­tour­ism, and community participation? This is the focus of our cover story this month.

 


Our land is like a book that lies waiting to be read. Through geology, which measures time in millions of years, what stories it tells! Beholding Taiwan’s beautiful landscapes and rich geological resources, how can we fulfill the goals of a global geopark: landscape conservation, environmental education, geo­tour­ism, and community participation? This is the focus of our cover story this month.

From north to south, we visit Yeliu and the Northeast Coast in New Taipei City, Cao­ling in Yun­lin County, and the Liji Badlands in Tai­tung County. We examine how four geo­parks in these locations connect to their communities and to the realms of industry, travel and education. And we illuminate cultural links to these precious landscapes that are sure to surprise and inspire.

What motivations prompted four master’s program classmates at National Chengchi University to use money earned from selling coffee to establish daycare centers in Latin America and Africa, utilizing their business profits to make a better world? And what kind of assiduous research has attracted major manufacturers to license intellectual property rights in Taiwanese bitter melon varieties? Creativity is based on passion, and passion requires giving something back. Only then does it bring something more ­permanent. 

Tuong Vy, from Vietnam, holds a love for Taiwan no less encompassing than its natives. Through her radio, TV and online travel shows, she has enabled more people to see our island’s beauty. She too sets a shining example of creativity, passion and ­determination.

Then there are those who place their trust in faith, to gather the energy to keep pushing forward. On the Bai­sha­tun Mazu pilgrimage, each wrinkled hand and eye tells a story. Collectively, they offer a portrait of the Taiwanese people.

Taiwan has rich natural, historical and cultural landscapes. The Rak­nus Selu Trail is the most romantic feature of the “Taiwan Romantic Route 3” project. It is being put together by a group of people who are fascinated by local history. In the four southernmost townships of Tai­tung, 20 works by artists from around the world have built a bridge linking the area to the outside. Meanwhile, the ancient heart of Hsin­chu entices people to linger. Amid the traces of 300 years of history, imaginative uses of city spaces convey a style only strengthened with the passage of time.

This month we take readers on a journey through Taiwan’s primeval scenery and ancient roads, and uncover the spirit of constant innovation in people in various fields. Like the prospects for health-­boosting bitter melons, their futures are bright and boundless.

フォルモサの地質の美

文・陳亮君 翻訳・山口 雪菜

大地は一冊の内容豊富な本に喩えることができる。地質を通して百万年単位の時間の尺度で、この土地の物語が読み取れるからだ。台湾特有の地質の美と資源は、いかに地域と結びつき、世界のジオパークに求められる「大地保全」「環境教育」「ジオツーリズム」「地域参加」という価値を実現しているのだろう。これが今月のカバーストーリーのテーマである。

 


大地は一冊の内容豊富な本に喩えることができる。地質を通して百万年単位の時間の尺度で、この土地の物語が読み取れるからだ。台湾特有の地質の美と資源は、いかに地域と結びつき、世界のジオパークに求められる「大地保全」「環境教育」「ジオツーリズム」「地域参加」という価値を実現しているのだろう。これが今月のカバーストーリーのテーマである。

今月号では、台湾北部海岸の野柳ジオパーク、鼻頭龍洞ジオ—パーク、雲林県の草嶺ジオパーク、そして台東県の利吉泥岩悪地ジオパークを訪れ、それぞれの住民と産業、観光、教育を見つめ、貴重な大地の資源と文化との驚きに満ちた関わりを探っていく。

*               *               *

政治大学の修士課程に学ぶ4人の学生が、コーヒーの売上をもとに、中南米やアフリカに7つの幼稚園を建設してきた。彼らは才知をもって起業し、収益をもって世界を変えるという夢を実現したが、その動力ときっかけは何だったのだろう。台湾のニガウリが多くの企業が使用権を求める農産物になっているが、そこにはどのような研究開発があったのか。創意の源は情熱であり、それは多くの人に貢献するという情熱でなければ長続きしない。

ベトナム出身の范瑞薔薇さんは、ここで生まれ育った人々以上に台湾を愛している。彼女はラジオ放送と紀行番組を通して台湾の美を多くの人に紹介している。創意と情熱こそ、彼らに共通する力であり、長い時間をかけてついに光を放つこととなった。

信仰に心の拠り所を見出し、生きるエネルギーを得ている人々もいる。八昼夜にわたる白沙屯媽祖の巡行では、信者たちの手の皺や眼差しの一つひとつに物語が読み取れる。それは台湾の庶民の姿そのものであり、田舎を訪れてこそ目にすることができる。

*               *               *

台湾には豊かな自然と歴史と文化がある。「樟之細道」は、「ロマンチック台3線プラン」の一環をなすもので、多くの人が未知の物語をつなぐために古道を探し、開いたものだ。一方、台9線では世界各地から集まった芸術家が20点のアート作品を創作した。南廻地域と外部とを結ぶ芸術の橋を架け、人々を台湾の最南端へと誘っている。竹塹(新竹)の「古」も魅力にあふれている。300年の歴史の痕跡が、都市空間の活性化と再利用によってかつての輝きを取り戻している。

今月の『光華』は、台湾の原始の地質や最古の古道へと皆様をご案内し、またさまざまな分野で創意を発揮してイノベーションを展開する人々をご紹介する。そこには、ニガウリと同じように無限の可能性が広がっている。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!