進擊的地方

啟動地方創生力
:::

2019 / 5月

文‧蘇俐穎 圖‧林旻萱


發展重北輕南、城鄉失衡嚴重?平均1個婦女才生下1.218個小孩,出生率全球最低?眼看危機迫在眉睫,源於日本的地方創生,如何在台灣因地制宜,化危機成為轉機。

 

 


人流洶湧的松山機場,喧囂的人聲與頻繁的機場廣播不絕於耳,提著一卡簡便皮箱的林承毅再度回到這裡,對於近年頻繁赴日出差的他,出入機場早已像自家廚房一般地熟悉。問他去(2018)年共去了幾趟日本?「6趟。」雖然難掩疲憊,但他的臉上仍流露著笑。

作為林事務所執行長,主要擔任服務設計、社會設計顧問的他,業務在這幾年蒸蒸日上,去年他甚至多次前往九州宮崎、四國愛媛、東北山形等台灣旅客罕至的鄉下,以台灣人的角度為日方提供遊程、產品上的診斷服務,「現在日本每個地方都拚了命來搶台灣生意。」他說到。在源源不絕的工作背後,透露出的是日本從政府到百姓,齊力推動「地方創生」的決心與執行力。

搶救偏鄉大作戰

2014年8月,日本前總務大臣、東京大學客座教授增田寬也提出「地方消滅論」,登時引起日本舉國嘩然。主要由於少子化、高齡化的人口結構問題;加上超過3,000萬人口,名列世界第一大都會的東京,每年仍持續以10萬人口的速度激增,但許多小規模的市町村卻陷入滅村的危機;同時,因應2020年即將來到的東京奧運,希望藉此將外國遊客帶往偏鄉,刺激在地經濟……種種因素加乘,促使安倍政府將地方創生列為國家治理的重要政策。

稍晚日本5年,因著人口老化衝擊、城鄉發展失衡等情況與日本不無近似,受日本影響,蔡政府也因應提出地方創生的口號,更將2019年立為地方創生元年。

不過總的來說,作為已開發國家,相同處雖多,相異處卻也不少。好比台灣人口雖也集中在六都,同時有重北輕南的情形,但首都台北近年每年穩定遞減約1萬人口,因此並無首都人口減壓之需;加上台灣人口是日本人口的1/5,國土面積則是1/10,人口密度相對高,城鄉距離相對近,限界集落(高齡化人口佔半數以上)也不如日本的多,故日本經驗雖可作借鏡,但卻不宜全盤套用。

創生、社造大不同

在地方創生的大原則下,日本的重要旗手山崎亮、木下齊等人,也發展出不同的路線,有重視在地認同、社群連結的社造派,也有強調產業發展的商業派,各有優劣。

而在台灣,負責推動地方創生政策的國發會,則提出了「以人為本」、「產業DNA」、「科技導入」等重點策略,「簡單來講,要讓人口回流,首先要有工作機會;要有工作機會,就要有產業。」國發會主委陳美伶說。

首先盤點在地特色,扶植產業發展,同時因應數位時代,導入科技建設;顯而易見地,雖然坊間常聞,地方創生與過去推動的社區總體營造,是否根本換湯不換藥?暫且不論民間團體自主發展的情形如何,至少在官方政策上,以創造產業,用經濟效益啟動在地動能的策略,可說是清清楚楚。

「雖然『創生』這個詞,常被解釋成『創造新生命』、『創造生機』,不過在日文本意上,創生其實是innovation,指的是透過突破既有的邏輯與框架來進行創新。」林承毅這樣說。畢竟,推動創生的關鍵在於危機已經發生,人口流失的問題也好,城鄉發展失衡也罷,解決當前的問題是第一要務。

過去的台灣推動過的社區總體營造,主力則在於團結社群,創造共識共感,但終歸並不是在扶植在地產業、創造就業機會。簡單來說,社造並不強調產業發展、商業營利,多由社區發展協會的理事長帶頭主導,創生則以商業模式為核心,主力扶持企業化的在地產業,「兩條線不一樣,做的事情也不一樣。」林承毅說。

即便如此,「社造是第一步。」不約而同,林承毅與陳美伶都清楚提到,「社造是基盤,讓人凝聚了不會散;但下一階段要作創生,有工作機會,才能繼續留下。」林承毅進一步指出。

企圖心×創造力×團結力=戰鬥力

據統計,2018年台灣生育率已降至1.218人,在全球兩百國敬陪末座,人口問題來得又猛又急,但因為人口相較稠密,空間尺度不如日本疏闊,「雖然我們推動創生的時間只比日本晚了5年,但危機感真的不太一樣。」林承毅指出目前台灣的關鍵性問題。

日本因著歷經過1999年精簡行政區域所推動的平成大合併,市町村數量銳減近五成,目前限界集落數量更超過萬個,同時對於文化的延續與保存的高度重視,使得日本全民投入地方創生不遺餘力。

2014年,林承毅曾協助媒合宮崎與台灣的農業交流活動「台灣塾」,這是早期少數由日本官方推動,並與台灣發生密集交流的地方創生案例,林承毅說:「在日本,宮崎就像是花東的某個小鄉鎮,但就算是當地的茶農,也願意來台灣作推廣。」由此可見,日本人為了復振故鄉的企圖心。

「日本是只說日語的國家,宮崎交通不便,更被稱之為陸地上的孤島。因此,想增加外國旅客,首先就是要讓縣民走出去,拓展視野。」曾經參與台灣塾活動,株式會社Omijika執行長池田真央也這樣說。

另外,或許是因著推動時間較久,不同於台灣多數是社造、文創相關領域的人,才會主動關注創生議題,常見的是移住青年單兵作戰,因資本額有限,低門檻的咖啡館、獨立書店便成了創業首選。但畢竟地方衰弱、人口銳減,與各行各業都休戚與共,日本的地方創生已如同全民運動,即便是從事傳統產業、保險業,或者是擁有地產的地主與資本雄厚的在地企業家,都有意識地投入,當文武百業的能量匯流,就能成為翻轉地方的強大動能。

好比近年進軍台灣,人氣相當高的「九州鬆餅」,便是來自宮崎因地方創生而成功崛起的品牌。創辦人村岡浩司甚至買下因三一一大地震而廢校的小學,經過改裝,使之搖身一變成為時髦的餐廳與共同工作空間,「日本的鄉下雖然保守,但創造力卻相當強。」林承毅說。

看見台灣,不可思議的魅力

值得一提的是,雖然地方創生才起步,國發會卻已根據過往經驗作出許多突破性的革新。如今,民間單位想爭取經費作地方創生,不再像過去採取提計畫、拿經費、核銷結案的傳統流程。

「你說,台灣要到什麼時候才活絡起來,競爭力提高?所以,作創生應該是永續的。」陳美伶說。為了確保經營的永續性,國發會改由媒合民間企業投資,或者由國發基金投資的方式,「你成立公司,我投資成為股東,我們才是同一個呼吸。」陳美伶說。

另外,也為了彌補地方單位的動能不足,國發會鼓勵中央公務員下鄉,由國發會率先啟動,目前已有109位表示願意派往各地。

從各方面來看,都是「以人為本」的地方創生,除了召喚出在地居民對於地方的榮譽,尤其可貴的是,因著發展脈絡上與日本的淵源匪淺,令民間第一線投入的人們,在密集的交流過程中,發展出超越國族的友好情誼,並自發性地持續相互援引,醞釀出更廣大的效益。

這完全是出乎意料之外的。好比在台灣塾活動期間赴台兩次的池田康正、池田真央夫妻,深受台灣吸引的他們,最後竟選擇攜家帶眷遷到台灣,如今,他們持續以品牌行銷、活動企劃、刊物編輯等工作,活躍於台灣、宮崎之間。

甚至在去年1月,他們向華航、一同舉辦過台灣塾的好友們募資,舉辦「宮崎台灣文化祭」,短短2日的活動,竟吸引到2萬人次前往,對於僅有100萬人口的宮崎,堪稱是一樁盛事。

「在宮崎那樣的鄉下,有很多老人家是從來沒有出過國的,或許因為這個活動,很多人第一次出國選擇的國家,就會是台灣。」林承毅思考著。

雖然,由官方發起的台灣塾早已告終,人的鏈結卻不會說斷就斷。超越了語言、族群的隔閡,以厚實的人情作為基礎,為訴諸於恢復在地榮光的使命感所驅動,並本於捨我其誰的自發心,最後所成就的共榮共好,這大概是最高形式的地方創生了吧。而在這一場雙贏之局的背後,也讓長居此地的你我,重新看見台灣島國的熱情與魅力所在。

相關文章

近期文章

EN 日本語

Going Local

Taiwan Kicks Off Regional Revitalization Effort

Lynn Su /photos courtesy of Lin Min-hsuan /tr. by Scott Williams

Taiwan’s development has long favored north over south and urban areas over rural, leading to severe disparities. At the same time, our fertility rate of 1.218 births per woman is among the lowest in the world. A crisis is imminent. Can we adapt the Japan­ese concept of regional revitalization to Taiwan’s situation and turn this crisis around?

 

 


The Tai­pei Song­shan Airport is a crowded, busy place that reverberates with conversations and frequent PA announcements. Ta­ke­shi C.Y. Lin is passing through once again, a single suitcase in hand. His many business trips to Japan over the last several years have made the airport as familiar to him as his own home. How many times did he visit Japan last year? “Six.” There’s a smile on his face, but his exhaustion shows.

Lin is the CEO of Ha­ya­shi Office, where his work focuses on service-design and social-design consulting. His rapidly growing business last year took him to rural parts of Japan’s Mi­ya­zaki, ­Ehime, and Ya­ma­gata Pre­fectures. Taiwanese tourists rarely visit these areas, so he provided them with a Taiwanese perspective on their travel and product offerings. “Right now, every part of Japan is battling for tourism from Taiwan,” he explains. The seemingly never-ending call for his services points to the Japanese public and private sectors’ commitment to implementing the country’s “regional revitalization” program.

Rescuing rural areas

In August 2014 Hi­roya Ma­suda, a former minister for internal affairs and communications and visiting professor at the University of Tokyo, published Local Extinctions. The book caused an uproar in Japan by enumerating a number of factors that have led many smaller municipalities to the brink of extinction. These include the country’s declining birthrate and aging population, as well as Tokyo’s ongoing growth. (The city, already the world’s largest with a population of roughly 30 million, has continued to grow at a rate of about 100,000 people per year.) The Abe government is aware of the problem, and has made regional re­vital­iza­tion a national policy priority. As a case in point, the government plans to use the 2020 Tokyo Olympics to encourage foreign tourists to also visit Japan’s rural ­regions, as a means of revitalizing their local economies.

With Taiwan also facing the problems of an aging population and urban‡rural disparities in development, the Tsai Ing-wen government has turned its attention to rural development, and declared 2019 “year one” for regional revitalization.

Revitalization vs. redevelopment

Japanese standard-bearers for rural revitalization, such as Ryo Ya­ma­zaki and Hitoshi Ki­no­shita, have developed differing approaches, with the community development school of thought focusing on local identi­ties and community connections, and the commercial school of thought focusing on business development. Each approach has its own strengths and weaknesses.

In Taiwan, the National Development Council is responsible for implementing rural revitalization policy, and has proposed strategies based on a “human-centered approach,” “industries with local DNA,” and “intro­ducing technologies.” “Simply put, if you want people to move back into these areas, you need job opportun­ities for them,” explains NDC minister Chen Mei-ling. “And if you want jobs, you have to have businesses.”

To that end, the NDC is taking stock of local strengths, encouraging business development, and intro­ducing technological infrastructure to meet the needs of the digital age. But is regional revitalization any different than previous community development initi­atives? Setting private-sector development efforts to one side, regional revitalization is clearly different because the government is now explicitly focusing on the use of business creation and economic benefits to energize communities.

Older community development programs focused on unifying communities, forging consensus, and solid­arity, not on fostering local businesses or creating jobs. Simply put, the efforts didn’t emphasize business develop­ment or profit and were typically led by com­mun­ity develop­ment associations. The new revitalization efforts are instead built on a business model and aim to support the scaling-up of local enterprises. “The two paths are different, and do different things,” says Lin.

Even so, both Lin and Chen cite community develop­ment as a first step. As Lin puts it, “Com­mun­ity develop­ment is the foundation that holds people together. But you build on it by starting businesses to create the jobs that enable people to remain in the community.”

Ambition, creativity, cohesion

In 2018, Taiwan’s total fertility rate was among the lowest in the world at just 1.218. Our demographic problem is pressing, but it’s somewhat less visible than Japan’s because our island is more densely populated. “Our promotion of revitalization lags five years behind Japan’s, yet our sense of the crisis is different,” says Lin, pointing to the key problem Taiwan is facing.

In 2014, Lin helped set up “Taiwan Juku,” an agri­cultural exchange program between Mi­ya­zaki Prefecture and Taiwan. This was a rare early example of regional revitalization efforts advanced by Japanese officials, sited in Taiwan and built around intensive exchange. Lin says, “Mi­ya­zaki is comparable to a small township in Hua­lien or Tai­tung, but its local tea farmers were nonetheless willing to come to Taiwan to promote their products.” That willingness shows just how committed the Japanese are to reviving their rural ­communities.

“People in Japan generally only speak Japanese. Plus, Mi­ya­zaki is difficult to get to—it has been called a ‘landlocked desert island.’ If you’re going to increase the number of foreign tourists visiting, you first have to get locals out into the world to broaden their perspect­ive,” says Mao ­Ikeda, president of advertising agency Omi­jika, who helped plan Taiwan Juku.

Perhaps because Japan has now been promoting regional revitalization for some time, it has grown into something of a national movement. In stark contrast to Taiwan, where most of the people paying attention to revitalization are already working in community develop­ment or the cultural and creative industries, in Japan, every­one from manufacturers and insurers to landlords and wealthy local businesspeople is getting involved. And having all these different industries pulling together puts real muscle into turning rural areas around.

Taiwan’s magnetic attraction

The revitalization movement has people at its core. It has not only stirred their pride in their regions, but also forged transnational friendships among the people working on the front lines of its intensive exchanges. The latter have helped build feedback between places, resulting in still greater benefits.

The strength of these connections has come as a complete surprise. Husband and wife Ya­su­masa Endo and Mao ­Ikeda came to Taiwan twice as part of the Taiwan Juku exchange program, and were so drawn to our island that they chose to move here. They have con­tinued to pursue their careers in brand marketing, event planning and writing from their new home, and remain active in Taiwan‡Miyazaki exchanges.

Taiwan Juku may have run its course, but the links it forged between people have proved durable. Built on a foundation of human feeling, they transcend language and ethnicity. Driven by a sense of mission to bring prosperity back to rural regions and a sense that no one was going to do it for them, program participants have achieved a mutual prosperity and wellbeing that exempli­fies regional revitalization in its highest form and enables long-term residents to experience Taiwan’s passion and charm anew.

進撃する地方——

台湾の地方創生がスタート

文・蘇俐穎 写真・林旻萱 翻訳・山口 雪菜

開発が北部に集中し、都市と地方の格差が拡大している。一人の女性が生涯に産む子供の数が1.218人、台湾の合計特殊出生率は世界で最も低い。こうした危機が迫る中、日本で始まった「地方創生」に学び、危機を転機へと変えることができるだろうか。


台北の松山空港、簡単なスーツケース一つの林承毅は、2018年の一年で日本に6回も出張している。少し疲れた様子だが笑顔を見せる。

彼はサービスデザイン、ソーシャルデザインのコンサルティングを専門とする林事務所のCEO。業績は右肩上がりだ。昨年は九州の宮崎、四国の愛媛、東北の山形など、台湾人観光客がまだあまり訪れていない地域で、台湾人の角度から日本側に旅行や土産物のアドバイスを行なった。「日本の地方は今、どこも懸命に台湾とのビジネスを拡大しようとしています」と言う。こうした需要の背景には、日本の政府から一般市民まで「地方創生」に取り組む決意がうかがえる。

地方を救う

2014年8月、日本の元総務大臣で東京大学客員教授の増田寛也氏が「地方消滅」の危機を訴えて国中を震撼させた。少子高齢化に加え、3000万人超が首都圏に集中し、毎年10万人のスピードで首都圏の人口が増え続けている一方、小さな市町村は消滅の危機に直面している。そこで2020年の東京オリンピックを機に、外国人観光客を地方に呼び込み、地方経済を刺激したいと考えている。こうしたさまざまな要因から、安倍政権は地方創生を国の重要な政策としている。

日本に遅れること5年、高齢化と地域格差が日本のそれに匹敵する台湾では、蔡英文政権が日本に倣い、地方創生を打ち出して2019年を地方創生元年とした。

だが、台湾と日本とでは相違点も少なくない。台湾でも人口は6都に集中し、北部の開発が重視されてきたが、台北市の人口は安定的に毎年1万人減少している。また、台湾の人口は日本の5分の1、面積は日本の10分の1で、人口密度が高く、限界集落も日本ほど多くはない。

地方創生とまちづくりの相違

地方創生の大原則の下、日本の重要な旗手である山崎亮氏や木下斉氏らはそれぞれ異なる路線を打ち出した。地域のアイデンティティや社会のつながりを重視する方法と、産業発展を重視する方法であり、それぞれ優劣がある。

台湾で地方創生政策を推進する国家発展委員会は、「人を中心に据える」「産業DNA」「テクノロジー導入」という重点を打ち出した。「一言で言うと、地方へ人口を戻すには雇用が必要であり、雇用があれば産業があるということです」と国家発展委員会の陳美伶主任委員は言う。

まず地域の特色を整理し、産業発展を支援し、同時にデジタル時代に対応したテクノロジーを導入する。だが、地方創生とまちづくりはどう違うのかという疑問が出てくる。政策上、地方創生は産業を生み出し、経済効果をもって地方を活性化させていくというものだ。

「『創生』は日本ではイノベーションの意味で、既存の枠組みを打破して新しいものを打ち立てることです」と林承毅は言う。

かつて台湾で推進されたまちづくりでは、地域が団結してアイデンティティを持つことが重視され、産業発展や雇用創出にはつながらなかった。地域のコミュニティ発展協会が中心となったまちづくりとは違い、地方創生は地場産業を企業化してビジネスモデルを生み出すというもので、両者は大きく異なると林承毅は言う。

そうは言っても、やはりまちづくりが第一歩になると林承毅も陳美伶も指摘する。「まちづくりを基盤とし、そこから雇用を生み出してこそ継続できるのです」と林承毅は説明する。

大志×創造力×団結力=戦闘力

2018年、台湾の合計特殊出生率は1.218人で、世界200ヶ国でも最少となり、人口問題の解決は焦眉の課題である。日本より人口密度が高く、国土も狭い台湾で地方創生がスタートしたのは日本より5年遅いが、危機感が異なると林承毅は台湾の課題を指摘する。

2014年、林承毅は宮崎県と台湾の農業交流を行なう「台湾塾」のマッチングに協力した。これは日本の公的部門が推進し、台湾との間で集中的に交流が行なわれた数少ないケースである。「日本における宮崎県は、台湾の花蓮‧台東の小さな町のような位置づけですが、そこの茶農家も台湾での市場拡大に積極的です」と言う通り、日本人は故郷の振興に非常に積極的なことがわかる。

「日本では日本語しか通じず、宮崎県は交通も不便なので陸の孤島とも言われます。そのため、外国人観光客を増やすには、まず県民が海外へ出ていって視野を広げる必要があるのです」と話すのは台湾塾に参加した、株式会社Omijikaの池田真央CEOだ。

台湾では、まちづくりや文化クリエイティブ産業が推進されてきたため、地方に移住した若者の多くは孤軍奮闘し、あまり資金がかからないカフェや書店を始める傾向がある。これに対して日本では、地方創生は国民的運動となり、伝統産業から保険業まで、また地元の地主や資金力のある企業家までが取り組んでいるため、さまざまな産業発展の可能性が潜んでいる。

台湾の不思議な魅力に触れる

地方創生は始まったばかりだが、国家発展委員会は、過去の経験からさまざまな変革を推進しており、民間機関が地方創生のための資金を必要とする際にも、かつてのような繁雑な手続きは必要なくなった。

陳美伶は、地方創生は持続しなければならないと考え、経を永続させるために、国家発展委員会は民間企業の投資マッチングや国家発展基金による投資の形を採用している。「地方で会社を始めるとき、我々が投資して株主になることで、同じ立場に立つことができます」と言う。

また、自治体の力を補うために、国家発展委員会では中央の公務員を地方に派遣していく考えだ。国家発展基金会が率先することとなり、現在すでに109人が地方派遣に意欲を示している。

「人を中心に据える」地方創生は、地域に対する地元住民の誇りを呼び覚ますものである。さらに貴いのは、地方創生と日本との縁が深いことから、第一線で活動する両国の人々が盛んに交流し、国境を越えた友好関係が築かれていることだ。彼らは自発的に互いを支援し、より大きな成果を上げようとしている。

これはまったく予想外の収穫だった。例えば、台湾塾の活動期間中に二度台湾を訪れた池田康正‧池田真央夫妻は、台湾が好きになり、一家そろって台湾に移り住むことにした。いまも彼らはブランド‧マーケティングやイベント企画、刊行物編集などの仕事を続けており、台湾と宮崎の間を行き来している。

昨年1月には、中華航空や台湾塾の仲間から資金を募り、「宮崎台湾文化祭」を開催した。わずか2日のイベントに2万人が訪れ、人口わずか100万人の宮崎にとって一大イベントとなった。

「宮崎のような地方では、お年寄りの多くは海外旅行に行ったこともありません。今回のイベントを通して、多くの人が初めての海外旅行先に台湾を選ぶでしょう」と林承毅は言う。

政府が発起した台湾塾はすでに終了したが、人のつながりが途絶えることはない。言語や民族の壁を乗り越えた熱い友情が基礎となり、彼らは地方の栄光を取り戻すという使命感に突き動かされている。彼らが最後に成し遂げる共栄こそ、地方創生の最も理想的な形と言えるだろう。このウィンウィンの局面において、この大地に暮らす私たちは島国台湾の情熱と魅力をあらためて発見することになるだろう。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!